【最新情報】
友だち追加

Zaifで移動平均線を表示する方法【2,980円が無料!】は10月31日まで



先日「仮想通貨の短期売買で資産を増やす【2,980円が無料!】トレード術」と言う記事を投稿しましたところ、多くの方に無料書籍を手にして頂きました、おめでとうございます。

無料書籍を注文された方(以下の動画を見て)から「ZaifやCoincheck・BitFlyerで移動平均線を表示できますか?」と言うお問い合わせを多く頂きましたので、今回はZaif取引所のチャートに移動平均線を表示させる方法を解説します。

無料書籍解説動画⇒こちらから

※【2,980円の書籍の無料キャンペーン!】は10月31日までです、期間中に貰っておきましょう

Zaifで移動平均線を表示する方法

まだ、Zaif取引所を解説されてない方⇒こちらから

Zaifにログインします。

取引」→「詳細チャート」とクリックして頂くと、次のページが表示されます。

画像では、既に「短期移動平均線」「長期移動平均線」が表示されていますね、このように表示させると「トレード術:無料書籍」が届いてすぐに使えます。

Zaifで移動平均線を表示する手順

上画像の赤い枠で囲んだところをクリックしてください。

※カーソル(マウス)を当てると「インディケータ」と表示されます。

すると、ポップアップで「インディケータ」がズラーっと表示されますので、スクロールし「Moving Average」を探しクリックしてください。

ここでは「短期移動平均線」「長期移動平均線」が必要ですので「Moving Average」を2度クリックします、すると次の画像のようにチャートの左上に表示されます。


緑の枠で囲んだ所を見て頂くと、3つのアイコンがあります。

左:表示/非表示

中:設定

右:削除

となっています、ここでは「設定」を行いますので、中:「設定」のアイコンをクリックしてください。

デフォルトでは「Inputs」→「Length」が「9」になっています「短期移動平均線」はこのまま「9」にしておき「長期移動平均線」を変更します。

9」の所を「30」に変更し「OK」をクリックします。

※数値は「30」でなくても結構です、あなたが分かりやすい数字を見つけてください。

これで、最初の画像のように「短期移動平均線」「長期移動平均線」が表示されました。

移動平均線見やすくする方法


先程の画像「Inputs」の横に「スタイル」とありますのでクリックします。

緑の丸の所をクリックすると、カラー選択画面が表示されますので、お好みのカラーを選択し「OK」をクリックします。

これで、2つの移動平均線の区別がしやすくなりましたね。

「ライン」のスタイルも変更可能


お好みのラインを選択し「OK」をクリックします。

これで、移動平均線を表示させることができました。

最後に

「トレード術:無料書籍」の中でも解説されているように、移動平均線を表示させるだけでこのまま持ち続けるべきか?手放すべきか判断しやすくなります。

画像からもお分かりの通り「長期移動平均線」が上昇中「短期移動平均線」が下落となっても、再度上昇に戻る傾向が分かります。

ところが「長期移動平均線」と「短期移動平均線」が重なる場面(緑の丸の所)では、上昇と下落の逆転が起こっていることがお分かり頂けますね。

BTCdreamでは、長期保有をおススメしていますが、このように短期売買を取り入れるとさらに資産を増やすことが可能となります。

「トレード術:無料書籍」の中には、22のテクニックが書かれていますが【2,980円の書籍の無料キャンペーン!】は10月31日までです、期間中に貰っておきましょう。

サンプルマニュアル(PDF)⇒こちらから

まだ、Zaif取引所を開設されてない方⇒こちらから


BitFlyerで移動平均線を表示する方法解説⇒こちらから

BitFlyer公式口座開設ページ⇒こちらから