【最新情報】
友だち追加

アルトコインをおススメする理由が分かる≪資産を増やす入門書≫LINE投稿の内容



先日、先行してLINEグループ≪資産を増やす入門書≫に以下の内容で、これからの仮想通貨の展望として紹介させて頂きました。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

≪資産を増やす入門書≫LINE投稿の内容

ビットコインの分裂で揺れ動いた、先月末から仮想通貨の相場も戻りつつあり「資産を増やす入門書」が推奨しているビットコインを始めとするアルトコイン(イーサリアム・リップル・ネム)も楽しみが増してきました。

特に、COMSAに関してはたくさんの問い合わせを頂いていますので、再度告知させて頂きました。


まずは登録しておきましょう、COMSA公式ページから会員登録こちらから

1.ビットコイン


海外のアナリストの中に「今月中に4,000ドル」という予想もあり、あと500ドル程は上昇する可能性もあります。

2.イーサリアム


イーサリアム→もしこれが起これば2,000ドルに達することができる⇒こちらから

3.リップル


Rippleのテクノロジー担当CEO、Brad Garlinghouse氏 10月から日本の銀行の40%の口座で!⇒こちらから

4.ネム


先日からお伝え種いている「COMSA仮想通貨:未公開プレセール(ICO)高騰必至!」⇒こちらから

ネムを取り扱う(Zaif取引所)テックビューロが、COMSAを未公開仮想通貨でプレセールする上場企業です。

COMSAの交換はネムが一番お得になります、この機会にZaif取引所を開設しておきましょう⇒こちらから

※ネムで交換するとボーナスが加算されると言われています。

こちらからでも登録・ホワイトペーパー取得できます。

・COMSA公式ページから会員登録⇒こちらから

・COMSAホワイトペーパーダウンロード⇒こちらから

※COMSAの情報は、今後も随時お送りしますが、現時点で唯一ともいえるICOですので、この機会に参加登録しておきましょう。

※COMSAは、今回のICOだけではなく今年中に2つのプロジェクトを計画しています、このプロジェクトにも参加できますので、期待が膨らみますね。

ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム追記情報

仮想通貨全体情報


・ビットコインの価格は10万ドルを超える?⇒こちらから

・全国銀行協会会長、仮想通貨「決済サービスの選択肢となる」⇒こちらから

・新送金システム連合、ゆうちょ銀と三井住友銀も参加⇒こちらから 

アルトコインの状況「資産を増やす入門書が推奨」


資産を増やす入門書」が推奨しているビットコインを始めとするアルトコイン(イーサリアム・リップル・ネム)

・イーサリアム


暗号通貨『イーサリアム』を用いたクラウドファンディングサイト『REAL BOOST』の受援者募集を開始致します。

イーサリアムを使ったサービス⇒こちらから

2017年8月7日、オーストラリアの議員は、豪ドル(AUD)をトークン化(Ethereum)する手段を検討していると報告された。

豪ドル(AUD)をe-AUDに電子化⇒こちらから

・リップル


10月から日本の銀行の40%の口座で運用が開始されますが、既に「リップルを利用する銀行・団体」が発表されています。

リップルを利用する銀行・団体まとめ⇒こちらから

※リップル社の代表であったクリスラーセン氏は「1XRP=1ドルならこの事業は失敗だ」と述べています、と言う事は当然Ripple社としては1ドル以上の相場になることを想定して事業展開していると言う事ですね。

・ネム


NEM財団が年内に取引所を開設予定です!⇒こちらから

フェアバリューを算出してみたところ約5.8米ドル⇒こちらから

※3つのアルトコインとも、まだ運用されていない時点で、現在価格を維持していると言う事に注目して頂きたいですね。

※また、イーサリアム→2,000ドル・リップル→1.0ドル・NEM→5.8米ドルとそれぞれ行きつく目標があり、これらを踏まえたうえで長期保有をおススメしています、仮想通貨を信じ一緒に不労所得・莫大な資産を構築しましょう。