【最新情報】
友だち追加

仮想通貨大暴落!8月1日ハードウォーク?「UASF」実施に向けするべき対処方法



まず、今回皆さんが不安に思われているUASFとは(ユーザーアクティベートソフトフォーク)と言います。

今回は、仮想通貨(ビットコイン含む)の大暴落で、多くの方から「仮想通貨はどうなるのでしょうか?」と言う問い合わせを頂いています。

8月1日に実施される、UASFに対する不安が日に日に増している状況ですね。

BTCdreamの見解は、慌てず保有しておくことをおススメしますが、保管方法に注意が必要です。

仮想通貨(ビットコイン)はどうなる?

現在の仮想通貨が置かれている状況が、漫画チックに分かりやすく紹介されていますので、まずは⇒こちらをご覧ください

如何でしたか?

BTCdreamも何度か申してきた通り「仮想通貨はまだ何も始まっていない」と言う事がお分かり頂けたでしょうか?

中でもビットコインは多少実用されているとはいえ、まだまだ完全ではないですね。

となれば、UASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)が実施され、暴落・分裂が起きたとしても「そんなに慌てることは無い」と思われたのではないでしょうか?

UASFは実施されない?

また、市場が必要以上に反応しているだけで「UASFは実施されない」と言われている方(加納 裕三(株式会社BitFlyer 代表取締役))もいます。

仮想通貨はまだ何も始まっていない」と言うのに、ポジティブなニュースが入ると価格が高騰、ネガティブなニュースが出ると下落。

今回市場の動向は、UASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)が実行される不安から、市場参加者が「この先の見通しがつかなくなっている」ことが良く分かります。

そんな中「UASFは起こらない可能性の方が高い」とされる理由を挙げてみます。

先程の漫画で出てきた「SegWit2x」が87%以上の支持を得ており、80%以上あれば8月1日の「UASFは起こらない」と言われています。

Coin Danceのサイトで確認できます⇒こちらから

ですが、問題は分裂が決定した場合の、ビットコインの取り扱われ方に対処しておく必要性はあります。

UASFが実行されても慌てない保管方法

・ハードウォレットに保管する

・現金に交換しておく

・アルトコインに変換しておく

・何もしない

の4つの選択肢がありますね。

以前、イーサリアムが分裂しETH・ETCに分かれたことはお分かりですね。

たとえ、ビットコインが分裂したとしても「ビットコインを所有する人には同量のビットコイン・アンリミテッド(BTU)が支給される」とされており、ビットコインの価格が下がっても「BTUを貰えるならいいか?」と言う考えもあります。

ですが、イーサリアムが分裂した時に、BitFlyerが「ETCの取り扱いはしない」と言う事になり「分裂したETCを受け取ることができなかった」と言う事も聞いています。

ですので、出来る限りのことはやっておきたいですね。

・ハードウォレットに保管する

ハードウォレットに保管する場合、仮想通貨を大量に保管されている方がほとんど利用していると言う「TREZOR(トレザー)」に保管することをおススメします。

ちなみに、Amazonで19,800円で販売されていました⇒こちらから

TREZORは非常に小さなデバイスであり、近年では世界でも100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。
PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと暗証番号とが揃わない限り送金することが不可能であるため、TREZORを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。

  

その他の対処法を行う

・現金に交換しておく

・アルトコインに変換しておく

・何もしない

3つの選択は微妙ですね。

現金に交換・アルトコインに変換しておくにしても、ビットコイン同様下落は覚悟しなければならないでしょう。

また、ビットコインとの相対関係によるところが強いので、交換時のレートによっては、かなりのマイナスになる可能性がありますね。

例:LiteCoinが4.900円の時ビットコインが250,000円ですと、0.0196 LTC/BTCとなり、1BTCで約50LTCに変換できます。

UASFの実行後、LiteCoinが3.900円の時ビットコインが170,000円ですと、0.0229 LTC/BTCとなり、1BTCで約43LTCにしかなりません。

現金にしても同じことは言えますね。

「何もしない」を選択した場合。

内容は違うとは言え、イーサリアムが分裂した時はそれほど価格変化は起こりませんでした。

仮想通貨の立ち位置が「仮想通貨はまだ何も始まっていない」と考えるなら、どの方法をとっても、時間の問題だけで最終的には高騰を目指すことになるでしょう。

ですので「何もしない」の選択は、先を見ている方にとっては「十分考えられる選択」と言えますね。

まとめ

まず、あなたが仮想通貨がこの先どのように使われ・価値が上がっていくものなのか想像することが先決です。

ただし、高額資金を仮想通貨に変換している方は、一時的であれかなりの損失をこうむる可能性があります。

今後のセキュリティーを強化することも含め、この機会に「ハードウォレットに保管する」事を始めてみるのが正解だと思われます。

少額資金を返還している方は価格が戻ることを期待し「現金に交換しておく・アルトコインに変換しておく・何もしない」の選択をするだけで充分ではと思います。


BTCdreamも、手持ちのビットコインはほとんど運用している為「何もしない」と一部を「アルトコインに変換」しておくことにします。

なんにしても、8月1日にならないと、実際に起きることは分かりません。

その時に慌てなくても良い準備だけ進めておけばよいでしょう。