【最新情報】
友だち追加

TradeBTC(トレードBTC)順調に元本回収|低所得者が不労所得を得る優良案件

何かおとなしく忘れてしまいそうなTradeBTC(トレードBTC)

TradeBTC(トレードBTC)SportArb(スポートアーブ)共々順調に推移しています。

そんな中、ひっそりと配当が続いてきたTradeBTC(トレードBTC)が元本回収に成功しました。

5月12日が満期ですので、後は利益だけ受け取れることになります。

TradeBTC(トレードBTC)は、SportArb(スポートアーブ)が買収した優良案件です。

TradeBTC(トレードBTC)に登録するなら⇒こちらから

SportArb(スポートアーブ)に登録するなら⇒こちらから

TradeBTC(トレードBTC)の運用プランは?

日利が2.5%で、Minimumは10ドル(約1,000円分)

と3つあります。

元本は償却型なので戻りません。

そもそもSportArb(スポートアーブ)が買収したTradeBTC(トレードBTC)ですから、当然と言えば当然なのでしょうが。

何度も記事にさせて頂いていますが「ハイプ屋が参入している」と言う懸念がありますので頭に入れておいてくださいね。

最近のHYIP(高配当投資)事情

昨今のHYIP(高配当投資)事情から、TradeBTC(トレードBTC)・SportArb(スポートアーブ)の運用は続けていきますが、いつ「飛んだ~」となっても良いように運用していきます。

なんか、この頃はハイプ屋さえも新しいHYIP(高配当投資)を紹介しなくなってきました。

運営側とうまくコンタクトが取れないのか?紹介できるような高案件(爆発するような案件)が無いのか?定かではありませんが、BTCdream含め投資家さんには危険が差し迫らないと言う事は良いことだと思います。

しかし、投資先が無いと言う事は寂しいですね。

BTCdreamはこれまでのHYIP(高配当投資)と違うタイプの案件に力を入れていきます⇒BitMonsterのようなハイプ屋が参入しない案件を厳選運用|長期運用できる理由


上記事をお読みになった方はお分かりだと思いますが、HYIP(高配当投資)で重要なことはいかに長期継続するかです。

BTCdreamでは最大10案件程度運用してきました。

現在は、

これまでのタイプ:5件

新しいタイプ:2件

寄付型タイプ:2件

を運用しています。

これからは、新しいタイプの案件が中心となり運用を続けていきますが、順調に推移している5案件がどこまで伸びるのかに注目です。

BTCdreamは、これまでも中々長期安定型の案件に多くの資金を運用することができていません(早期「飛んだ~」となる案件に多くの投資をしてきました)。

TradeBTC(トレードBTC)でも、せめてMIDIでの運用ができていれば6月11日まで配当を受け取ることができます。

これまでは、満期を迎え再投資をしたら「飛んだ~

順調に配当されているので再投資をしたら「飛んだ~

高配当に目が眩みいつもより多めで投資をしたら「飛んだ~

と言うような悪循環を繰り返してきました。

※ハイプ屋の情報を鵜呑みにしてしまったと言う事が大きな要因です。

ですが、これまでのタイプ:5件の内3件はすでに元本回収ができております。

しかし、これまで通りの案件は、どんどん運営期間が短くなっていくと考えられます。

と言うのは、Bitinpexが24日・Orscorp Industriesが15日と言ったように超短期で「飛んだ~」となっています。

本来資金を集める為の運用であったが、下画像のようにBitinpexgは20日で「16人・約8,000ドルしか集まらないのならやめてしまえ」と言う事でしょう。

このように、投資家自体が集まらなくなってきているのが現状です。

そりゃそうですよね「実態もない」と言える「お金だけ集めようとする案件」にいつまでも人が集まるなんて考えられません。

それでも、これまでなら多少は投資家が集まっていましたので、早期参入なら元本回収ができていました。

しかし現状では、BTCdreamとしても、よほど良い案件でないと紹介出来なくなってきています。

ですので、今回の5案件にはできるだけ頑張って頂き、新しいタイプの長期運営が期待できる案件にシフトチェンジしていきます。