【最新情報】
友だち追加

Xabo(シャボ)飛んだ~今回の教訓から低所得者が行うHYIPの対策は?

今回は、Xabo(シャボ)飛んだことを教訓に、HYIP(高配当投資)を取り組むための対策を解説します。

BTCdreamは、日頃から低所得者(管理者も含む)でも莫大な資産を構築できるのがHYIP(高配当投資)だと断言しています。

低所得者でも莫大な資産を構築できるHYIP


では何故「低所得者でも莫大な資産を構築できるのか?」ですよね。


それは、HYIP(高配当投資)の日利息の高さを利用した構築方法だからです。


ですが、Xabo(シャボ)飛んだことからも「危険・詐欺だ!」とお考えになる方も多いでしょう。


では、他に低所得者が資産を構築する方法はあるのでしょうか?


資産運用と言えば、土地・建物を私有する人達に与えられた特別な権限であり、我々低所得者には縁が無いですよね。


また、株式やFXと言った証券を利用した資産構築は、資産に余裕があるお金持ちが運用してこそ利益が上がり、低所得者は増えるどころかすべてを失う可能性の方が高いのです。



では、我々低所得者は何をすればよいのか?


パチンコ・公営ギャンブル、はたまた宝くじで一攫千金?



ジャンボ宝くじの当選確率って知ってますか?


2,000万分の1なんですよ。


1人あたり10枚買うとして、200万分の1.


200万人って想像つきますか?

東京都23区:約900万人

横浜市:約370万人

大阪市:約260万人

名古屋市:約220万人

200万人を超える都市は、日本で4都市だけしかないんです。



こんな確率でしか当たらない宝くじ、死ぬまで夢見ますか?


そりゃ「買わなきゃ当たらない」ってのもごもっとも。


では、HYIP(高配当投資)だって「やってみなきゃ分からない」ってことも言えませんか?


HYIP(高配当投資)は、500円~3,000円程から始めることができます。

低所得者(投資資金が薄い)と資産家の違い

ちょうどBTCdreamBTCdreamの紹介者がこんな関係にあります。


で、当然彼と一緒に投資を行っているのですが、増え方が段違いに違うんですね。


何故、段違いに違うのか?


例えば:SportArb(スポートアーブ)を見てみましょう。


ビギナー 収益の60%を30日間(入金額25〜499ドル)

スターター 収益の65%を45日間(入金額500〜999ドル)

ベーシック 収益の70%を60日間(入金額1000〜2499ドル)

アドバンスト 収益の75%を75日間(入金額2500〜4999ドル)

エキスパート 収益の80%を90日間(入金額5000〜24999ドル)

パートナー 収益の90%を120日間(入金額25000〜100000ドル)

とありますが、BTCdreamは当然ビギナースタートですね。

ちょっと違いますが、分かりやすく解説すると:


収益が10,000円あったとして、60%=6,000円X30日=180,000円となりますね。


資産家の友達は、エキスパートスタート。


収益が10,000円あったとして、80%=8,000円X90日=720,000円となります。


しかし、ビギナーのBTCdreamはエキスパートの90日-30日ですので、あと60日あるわけです。


ですので、180,000円を3回行う事になります、180,000円X3=540,000円となり、720,000円-540,000円=180,000円の差が生まれます。


※この計算は、10,000円が180,000円になると言う事ではありません。


このように、初期投資できる金額で圧倒的に元本を回収率が高まるのです。

Xabo(シャボ)が飛んだ時に低所得者が損をした理由


先程のシミュレーションと被りますが、Xabo(シャボ)を運用していた低所得者(投資資金が薄い)と資産家は以下のように分かれました。

低所得者は:


初期投資1,000円~100,000円を投資


順調に元本回収がなされてきたので複利運用を行う。


例えば:


100,000円で日利息4,000円ほど稼げていたので、3日に1回10,000円を追加投資していた。


約1ヶ月が過ぎ、投資金額は200,000円となっていた。


これで「毎日8,000円を稼げる」と思った矢先のサイト閉鎖(破綻)・飛んだ~

資産家は:

初期投資1,000,000円を投資。


毎日40,000円の利息を受け取り、複利運用はしない。


25日目で元本回収、低所得者と同じ30日の時点で200,000円が手元に残っているので、サイト閉鎖(破綻)にも動じない。


このように、この案件はいけると運用を始める際に、充分な資金を投入できるのが資産家の強み。

低所得者が行うHYIP(高配当投資)運用の対策は?


HYIP(高配当投資)案件は今も・これからも無数に生まれてきます。


ですので、今できる最高の投資を行う事が重要です。


しかし、間違えてはいけないのが1案件集中です。

例えば:


step1:5万円の資金を準備するなら、1万円ずつ5案件で運用。


ここで5案件すべてが2%だったとすると、毎日1,000円を受け取ることができます。


srep2:10日待てば新しい案件に登録できますね。


これを5回繰り返せば、1日2,000円となり10日で20,000円。


step3:次からは、1案件2万円で運用が可能となります。


2万円で10案件運用できるようになれば、1日4,000円となり不当所得が見えてきませんか?


5万円で10案件なら、10,000円を毎日受け取ることになるのです。


また、何度もお伝えしておりますが、1%~2%の案件はよく判断して運用を開始すれば、1ヶ月や2か月でサイト閉鎖(破綻)なんてことはほとんどありません。


如何ですか?


低所得者でも、夢が見えてきませんか?


BTCdreamは、つい2年ほど前にアメリカ人の友人から貰った2,000ドルのみで日本へ帰国、ネット難民をしながらやっとの思いでここまで来ました。


ですので、HYIP(高配当投資)運用には十分学習もしましたし、資産家の紹介者と言う強い見方もいます。


これからも皆様に有益な情報をお送りできると確信しています。

BTCdream現在運用中の7個の優良案件


X-Binary(エックスバイナリー)

RichmondBerks(リッチモンドバークス)

RightRise(ライトライズ)

SportArb(スポートアーブ)

palmills(パーミルズ))

apex(エイペックス)

Razzleton(ラズレトン)