【最新情報】
友だち追加

SportArb(スポートアーブ)NEW-HYIPを見極め運用開始|1月29日発

SportArb(スポートアーブ)は何をしているの?

   

SportArb(スポートアーブ)への登録は公式ページから

SportArb
   
   
ブックメーカー」って聞いたことありますか?
   
   
そう、何でもかんでも賭け事の対象にする会社です。
   
   
よくF1フェラーリの優勝倍率とか、トランプ大統領が選挙で勝つ倍率、日本の高校野球でさえ賭け事の対象にしてしまいます。
   
   
所で「ブックメーカー」と言う会社たくさんあること知ってますか?
   
   
ブックメーカー」と呼ばれているのは会社名ではなく、このような賭け事に倍率を付ける会社のことをいうのです。
   
   
そして、今回のSportArb(スポートアーブ)は「ブックメーカーアービトラージ」を行っている会社です。
   
   
ブックメーカーアービトラージ」ってなんだ?って思いますよね。
   
   
簡単に説明すると、先程解説したした賭け事に倍率を付ける会社「ブックメーカー」の倍率の差額を利用して莫大な資金を稼いでいる会社のことを言います。
   
   
当然、各「ブックメーカー」ごとに微妙に倍率が異なり、その倍率差を生かして稼ぐ方法ですね。
   
   
例えば、
   
   

   
   
画像を見ると、523.81-476.19=47.62ドルの差額が生じますね。
   
   
これは「1,000ドルを投資することで1,047.62ドルの返済が保証される」と言う事になります。
   
   
※単一の賭けについての賭博のオッズの差のために発生します。
   
   
その手法を生かした稼ぎ方を「ブックメーカーアービトラージ」と言います。
   
   
この会社SportArb(スポートアーブ)に投資しませんか?と言うのが今回の案件内容です。

   

SportArb(スポートアーブ)の配当は?

   

SportArb(スポートアーブ)の運営側は、その日の利益から40%の利益を取ります。
   
   
残りの利益を、私たち投資家に配当されることとなります。
   
   
投資金額によって受け取れる利率が変わります。
   


   

という形になります。
   
   
※ちなみに、管理者のアップラインは約$5,000(5ビットコイン)で投資しています。
   
   
あなたは、如何ですか?
   
   
こんな金額を投資できますか?
   
   
管理者にはちょっとできません。
   
   
ですが、このくらいの金額を投資できるようになることが、このHYIP(高配当投資):SportArb(スポートアーブ)へ投資する理由ですよね。
   
   
※元々お金に余裕がある方が、このHYIP(高配当投資)にたくさん参加しているようです。
   
   
お金持ちにとっては、魅力のある投資なのでしょうね。
   
   
ハイリスクハイリターンをローリスクハイリターンにできるのは、お金を持っている方が有利のようです。
   
   
知ったらすぐに高額を投資し、元本回収が早くなりますからね。
   
   
例1:上画像で、参加プランを確認して頂くとお分かりですよね。
   
   
高額投資程、早く回収が効きます。
   
   
例2:以下の画像は、cryptoniumと言うテンプレートを利用して作られた、典型的な危険サイトです。
   
   

   
   
管理者は、このサイトにも登録していますが、当ブログで紹介はしていません。
   
   
2017年1月15日に0.05ビットコインを投資し、0.0644ビットコインを回収しています。
   
   

   
   
しかし、アフィリエイト報酬が0.01695ありますので、実質0.04745の回収です。
   
   
それに「Pending Withdrawal」を見て頂くと、0.0021となっていますね。
   
   
これは「確認中」と言う事ですが、引き出しがストップしているようです。
   
   
マイナスではありませんが、これからと言う時でしたので残念です。
   
   
こんな時も、日利息7%(50.01BTC)ですと日本円で約500万円以上(現在ビットコイン相場が115,000円)なり、チョット限られた方しか投資不可能と思いますので、日利息6%(5.01BTC)日本円で約50万円以上で解説しますね。
   
   
※管理者のアップや多くの方がこのくらいで運用しています。
   
   
管理者が開始した2017年1月15日~支払いストップするまで24日の運用です。
   
   
もし、6%で運用していたら、日利息は0.3ビットコインとなりますね。
   
   
0.3*24日=7.2(ビットコイン)となり、すでに2.2ビットコインが利益確定していることとなります。
   
   
ですので「このHYIP(高配当投資)で、このくらいの投資ができるまで頑張りましょう。」と言う事です。
   
   
話を戻しますと、運営者は「日利息1〜4%ほどになります」と言うことでした。
   
   
ですので、ビギナーで始めた管理者は日利息1%程となるでしょう。
   
   
元本は、満期時に返還されます。

SportArb(スポートアーブ)に参加した理由

   

2017年1月29日にオープンしたSportArb(スポートアーブ)に参加した理由
   
   
上ランク別収益画像を見て頂ければお分かりかと思いますが、
   
   
・ビギナーで、収益の60%を30日間(入金額$25〜499)
   

・エキスパートで、収益の80%を90日間(入金額$5,000〜24,999)
   

となっています。
   
   
ビギナーは2%・エキスパートは5%と言ったように固定されていない。
   
   
これは、運営側が「その日の収益によって調整する」と言う事です、本当に運営されている事業と考えられますね。
   


   

BTCdreamが運営を開始したのが2月4日で、今日が2月10日なので、赤い枠で囲んだ「2月5日~2月9日」までの支払い利率が確認できます。
   
   
実際に、事業展開しているのでしたら、当然このように変動するはずですね。
   
   
そうでないと、利益率が悪かった日はマイナスとなってしまいます。
   
   
SportArb(スポートアーブ)は「利益が上がらなかったときに配当を下げることができる」と言う事は、れっきとした運営と考えられます。
   
   
SportArb(スポートアーブ)が行っている「ブックメーカーアービトラージ」というビジネスモデルは、オークション流し(場所によって変わる相場を利用した稼ぎ方)に似ていて、十分利益を出せると考えられる。
   
   
※お金があればあるほど利益を出しやすい。
   
   
・「日利息10%や時間0.005ビットコインなど」と言ったような、あたかも「儲かる」と言った、いかにも「破綻」するであろうと考えられる案件で無いこと。
   
   
・2017年1月29日にオープンなので、日本で最初の内に登録できる事。
   
   
など、オープンしたばかりではありますが、長期運営される可能性は高いと感じました。
   
   
もしこれが6か月も運営が続くようなら、日本で大人気(話題沸騰しそう)になりそうな案件です。
   
   
しかし、油断は禁物です、何があるか分からないHYIP(高配当投資)です。
   
   
ですが、早く登録すればするほど日利息を受け取る日数が長くなりますね。
   
   
あなたの判断に任せますが、SportArb(スポートアーブ)は日本に入って10日目ですが既に40名ほど参加しています。
   
   
SportArb(スポートアーブ)への参加は、こちらから。

SportArb

<読み終わった人が気になる記事>
Richmond Berks(リッチモンドバークス)HYIP運用する理由-必須案件
RichmondBerks(リッチモンドバークス)登録と入金方法の手順を詳しく解説