【最新情報】
友だち追加

Rippleを購入できる日本の取引所一覧とおススメランキング



BTCdreamでは、仮想通貨の長期保有をおススメしていますが、中でも注目しているのがイーサリアムとリップルです。

昨今サービスを開始した取引所は、リップルを購入できるようになってきました。

リップルはCoinCheckで購入されていた方が多かったのですが、需要が増してきた証ではないでしょうか?

今回は、リップルを購入できる取引所をランキングしてみました。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

日本の取引所が取り扱う仮想通貨一覧

日本の取引所が取り扱う仮想通貨は以下の通りです。



※画像のように、リップルを売買できる取引所は6取引所あります。

日本の取引所が取り扱うトークンは以下の通りです。

※私がリップルを購入した時は、CoinCheck・Mr.Ripple(閉鎖)・東京Ripple交換所(閉鎖)しかありませんでした。

この中で、操作性・将来性を考えランキングします。

1位GMOコイン

GMOコイン公式登録ページ⇒こちらから

手数料が無料で初めての方には圧倒的にお進めの取引所で、インターネット業界では最大手のGMOグループが行っていますので安心感も抜群です。
また、操作においても一番扱いやすいと言っても良いほど簡単ですので、1位にランクさせて頂きました。アルトコイン訴求

2位QUOINEX

QUOINEX公式登録ページ⇒こちらから

QUOINEXは正直これからの取引所です、今までZaifしか行っていないICO終了後の仮想通貨を上場することを目指していることで、6月の法規制後はかなり注目すべき取引所となります。
独自トークンのQASHも魅力で、仮想通貨取引に必須と考えられます。ビットコイン

3位DMMBitcoin

※2018年6月30日まで、口座開設でもれなく1,000円プレゼント実施中!
DMMBitcoin公式登録ページ⇒こちらから

使いやすさはありますが、GMOコインの口座を開設していれば十分とも言えます、しかしネム(XEM)・イーサリアムクラシック(ETC)を扱っているので、3位にランキングさせて頂きました。
また、QUOINEXと同じく「ICO終了後の仮想通貨を上場する」とも言っていますので、開設必須ではあると思います。


4位BitTrade

BitTrade公式登録ページ⇒こちらから

リップル・イーサリアム・ライトコインと言った必要最小限の仮想通貨を取り扱っており、5位のBitBankと同じプラットホームを使用しているようです(独自性が薄い?)。
BitTradeは、トレードを行う方にも人気でシンプルで見やすい画面と売買が簡単に行えるのが嬉しいですね。ビットトレード

5位BitBank

BitBank公式登録ページ⇒こちらから

BitBankは、BitTradeと同じプラットホームを利用しています、Rippleの取引で世界一を記録したこともありますが、CoinCheckからの流入があったからこそと思われます。

最後に

今回はリップルが購入できる日本の取引所を、独自の見解でランキングしました。

BTCdreamは、仮想通貨を長期保有する理由の1つがリップルの成長です。

世界の銀行や大手企業・政府までもリップルネットワークを利用したサービスに着手しています。

海外の取引所は別ですが、日本の取引所はそれほど多く口座を開設しなくても良いと思います。

将来的にICOが上場される可能性が高いQUOINEX・DMMBitcoin・Zaif(リップルを扱っていないのでここでは紹介していません)とGMOコインを開設しておけば十分だと考えます。

仮想通貨はまだ始まっていない(まだまだ入り口です)是非口座を開設し、あなた好みの仮想通貨を保有してみてください。