【最新情報】
友だち追加

RichmondBerks日利息1.5%を複利で1年間運用するシミュレーション


BTCdreamでは、これまでに、HYIP(高配当投資)日利息1%・2%・3%・4%でそれぞれ運用した場合「実際にどのくらい稼げるのか?」検証してみました。

日利息3%~4%を複利で1年間運用した場合のシミュレーション

HYIP(高配当投資)日利息1%~2%を複利で1年間運用するシミュレーション

今回は、BTCdreamがメインで運用を行っているRichmondBerks(リッチモンドバークス)SportArb(スポートアーブ)が、ともに日利息1.5%となっていますので、検証してみました。

RichmondBerks(リッチモンドバークス)HYIP(高配当投資)


何度も申し上げていますが「HYIP(高配当投資)は驚くほどの日利息を稼げる案件」ですね。


BTCdreamを利用されている方は、日利息3%~の配当となると「危険・詐欺的な案件が多くサイト閉鎖(破綻)のリスクは極めて高くなる」と言う事はお分かり頂いていると思います。


HYIP(高配当投資)では、いかに長期運用が見込まれる優良案件を探すかが重要です。


そんな中、RichmondBerks(リッチモンドバークス)は、3月6日(東京)・3月8日(大阪)で公式説明会が開催されるなど、大々的な「Conference」が世界各国で開催されていて、目が離せない存在となっています。

RichmondBerks世界で4番目となる日本説明会を3月6日開催-Conference in Tokyo!

RichmondBerks世界で4番目となる日本(大阪)説明会を3月8日開催

BTCdreamでは、RichmondBerks(リッチモンドバークス)に如何にかかわるかが、今後の活動の大きな焦点として捉えています。

BTCdreamが運用する7案件で最も重要な日利息1.5%


ここでは、BTCdream一押しのRichmondBerks(リッチモンドバークス)日利息1.5%で「どのくらい稼げるのか?」解説します。


実際にapex(エイペックス)は、6年半も運営されているとされています。


となると、6年半前からapex(エイペックス)に関わっていれば、莫大な資産を構築できたことは想像がつきますね。


同じように、RichmondBerks(リッチモンドバークス)がこの先長期にわたって運営されていく可能性が高いと信じ、運用を行った場合を検証してみます。

日利息1.5%で莫大な資産を構築?


日利息1.5%で莫大な資産を構築する」って可能なのでしょうか?


早速、日利息1.5%で運用した場合:


前回と同じく、初期投資金を10,000円でシミュレーションしてみます。


RichmondBerks(リッチモンドバークス)の場合、平日は1.5%・土日は0.7%と変則です。


ですので、1週間単位での検証となります。


まず、月曜日から金曜日は、1.5%(150円)X5日=750円

土曜日と日曜日は、0.7%(70円)X2日=140円

750円+140円=890円となりますね、以下表にまとめてみました。



第1週から第13週まで、約3か月の推移(週単位で複利運用した場合)はこのようになります。


ここまでは、約3倍になっていることがお分かり頂けますね。


次に、第14週から第26週までをシミュレーションしてみます。



第14週から第26週まで、約3か月の推移(週単位で複利運用した場合)はこのようになります。


第1週(10,000円)~第13週(30,286円)・第14週(30,286円)~第26週(91,738円)は、共に約3倍になっていることがお分かり頂けますね。


ですので、第27週~第39週では、91,738円X3=約275,124円


第40週~第52週(1年後)では、275,124円X3=約825,642円となります。


如何でしょうか?


これもし、100,000円で運用していたら、8,256,420円と言う事になり、不労所得を稼いだってことになりませんか?


如何ですか?

たった1万円で始めた日利息1.5%の運用が、1年後約825,642円となりました。
これこそ「莫大な資産構築法」と言えませんか?
これが複利のパワーなんです。


BTCdreamでは「安全に稼ぐ為にはどうすれば良いか?」を検証しながら運用しています。


ですが、いくら「RichmondBerks(リッチモンドバークス)は優良だ」と言っても、サイト閉鎖(破綻)されないとは言えません。


と言う事で、分散投資が必要となるのです。


分散投資について解説しております。


分散してリスクを抑えよう⇒分散投資でHYIP(高配当投資)のリスクをできる限り抑える必要性


如何ですか、これでも充分膨大な資産を構築できると思いませんか?

まとめ


BTCdreamでは、安全と判断するHYIP(高配当投資)は、日利息1%~2%までと決めているわけではありません。


優良と判断する材料は、日利息だけではなくサイト更新状況や投資内容の良し悪し・支払い状況やカスタマーの対応など様々な判断を行っています。


BTCdreamでは、実際に運用している案件のみおススメしています。


ですが「今まで安全に運用してきたから」と言って「明日は大丈夫」と言う保証などありません。


投資は自己責任です。


いくつかの案件に分散投資することで、リスクを抑えることは重要です。


分散投資は、日利息1%~2%程の案件・日利息3%~4%程の案件を吟味して運用することで、資金の増え方も加速します。


必ずしも、日利息だけで判断しないことが重要ですね。


HYIP(高配当投資)は、500円~3,000円程からでも始めることは可能です。


ぜひ実践して、本当に稼げるのか体験してください。


将来の安定した生活の為に、HYIP(高配当投資)でいざと言う時の準備をしましょう。


あなたが年齢は分かりませんが、若ければ若いほどHYIP(高配当投資)を早く実践すれば、自由生活・不労所得を受け取る可能性は高くなります。


あなたに幸運が訪れることをお祈りします。

現在BTCdreamでは、以下の案件を運用しています。


この中で一押しするのが、以下の2案件(BTCdreamと紹介者が導き出した、今までとは違った長期運用可能と判断できる案件)

RichmondBerks(リッチモンドバークス)

SportArb(スポートアーブ)


X-Binary(エックスバイナリー)は、勝手に貯まるシステムが一押しできるが「長期運用できれば」と言う条件が付く。

X-Binary(エックスバイナリー)


RightRise(ライトライズ)も長期運用可能とみているが、日本での人気が気がかり。

RightRise(ライトライズ)


以下の3件も優良案件だが、長期運営を期待しての運用となっています。

palmills(パーミルズ))

apex(エイペックス)

Razzleton(ラズレトン)