【最新情報】
友だち追加

REGAIN【ICO】マイニング事業参加でビリオネア|権利的収入を得る



昨今は「仮想通貨への参加でビリオネア」と言う言葉をよく聞くようになりました。

今回のREGAIN【ICO】は、CryptoClickの紹介であることからも「安全であり且つビリオネアを目指せる案件だと思います」ので、必ず最後までお読み進めてください。


※事前登録⇒こちらから

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

ホワイトペーパーには

REGAINとは?

ビットコイン市場を安定化(マイニング市場を健全化する)させることを目的としたプロジェクト。

ビットコイン市場が安定化(プロジェクトREGAINは、マイニングマシン市場のシェアを80%にします)することで 、ビットコインの信頼が増し利用者が増えます。

マイニングとは?

マイニングに関しては、詳しく解説すると長くなりますので、簡単に解説しておきます。

マイニングは採掘・採鉱といった意味で使われる言葉ですが、仮想通貨(ここではビットコイン)の場合、新しい取引を発見することを採掘することに見立て作られた言葉で、いち早く新しい取引を発見した人がビットコインを報酬(現在12.5BTC)として貰うことができます。

この作業を行う人(マイナー)が行う作業は、新しい取引を発見する・仮想通貨(ビットコイン)の送金の承認を行う事です。

ハードフォークとは?

ビットコインの使いずらさを改善するのが、ハードフォーク。

ところが、以前ハードフォークが行われたとき、ビットコインの暴落が起きましたね。

そもそもビットコインのハードフォークは利用者が快適に利用できるようにするアップデートのようなものです。

ですが、1マイニングプールがUASFを進められると、今使っているマイニングマシーンが無駄になってしまう為に対立したと言われています。

※ユーザー主導のUASF(User-Activated Soft Fork)に対し、ブロックサイズ上限1MBを徹底して、可変的にブロックサイズを決定していくBitcoin Unlimitedへ分裂するUAHF( User-Activated Hard Fork)案でした。

この時、そのマイニングプールが暴落前に高値で売り抜け、暴落後に安値で買い戻し、莫大な利益を得たとされています。


このようなことが起こると、ビットコイン市場は安定化せず、利用者が安心して参加出来なくなります。

マイナーの現状

ビットコインのマイニング報酬、12.5BTCを現在のレート(1BTC=約$16,000)で約$200,000の報酬になり、マイニング報酬(ビットコイン)は、おおよそ10分に一度発生しています。

24*6=144回/日

144*$200,000($1=110円の場合:)=316,800,000円

例え1%のマイニングであっても3,168,000円/日の利益が上がります。

※ビットコインのマイニング報酬は、ある一定期間で半減するようプログラムされており、その分価格が高騰していく仕組みとなっています。

最初は、マイニング報酬を目当てに個人のマイナーがこぞってマイニングを行ってきました。

現在では、マイニングプールと呼ばれるマイニングを行う企業(またはグループ)が 、マイニングの複雑な暗号の計算を解くため、資金力に物を言わせ何万台ものマイニングマシンを増設してマイニング事業に参加しており、個人でマイニングを行う事はほぼ不可能となっています。

プロジェクトREGAIN

ここまでで、

1.マイニングが重要だと言う事

↓ ↓ ↓ ↓

2.意識的に市場操作できるハードフォーク

↓ ↓ ↓ ↓

3.個人でマイニングは不可能

と言う流れは理解できると思います。

今回の、プロジェクトREGAINは、プール(マイニング企業)が健全に運営されるよう自社のマイニングマシンを80%のシェアにし、1部の企業の独占を拒むために始まりました。

ところが、BTCdreamは「既存のプールだって今まで培ってきた技術や経験がある、マイニングマシンを80%のシェアするなんて簡単にできるわけないだろう?」と考え「このプロジェクトは難しいだろう」と判断していました。

ですが、驚いたことに、以下のような結果が報じれれていました。

どこのマイニングマシーンを導入しているのか?



※ 2017年9月上旬時点

マイニングマシーンのシェア状況

既に上位大手マイニング企業でも導入されており、確固たる実績があるのです。

それに加え、最新版(2018年9月には 、 ハッシュレートを大幅にアップさせた「ASIC-HARDMiner4.1」が完成予定で)リリースされると言う事になります。

このマイニングマシーンを導入の際にとられる方式を「ICOに参加される方に月報酬として得てもらおう」と言うのが、プロジェクトREGAINです。

では、いったいどのくらいの報酬を得ることができるのか?

報酬を計算してみます

1REGトークン(第1段=$4,000)あたりの配当は 14.8%/月となっています。

※REGトークンは0.0000001REGから購入可能です。


となると、現在価格ですと440,000円*14.8%=65,120/月ですね。

これって美味しすぎませんか?

あれッ!怪しすぎる?

ですよね、

※配当を得られる権利は、マイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に与えられます。

月利14.8%って怪しいですよね?(まさしくHYIP案件)

では、こんな会社ご存知ですか?

ビットクラブとは?

ビットクラブ(2014年9月に設立されたビットクラブネットワークが運営する、新しいタイプの投資グループです)。

ビットクラブで仮に、500ドル(約5万円)をプール1を購入して、リース期間(1,000日間)、現在の平均値230円前後のビットコインが送金されるとします。

1年間の配当金は、1日平均約230円×365日=83,950円となり、これ実際に受け取っていますので心配は無くならないか?(破綻・倒産など)だけですが、次の画像をご覧ください。

出典:https://blockchain.info/ja/pools

画像でお分かりかと思いますが、上位10位までに入るマイニング企業は、あなたの想像以上に大きな会社です。

上記で計算した配当が実際にされ続けています、これは仮想通貨(ビットコイン)のマイニング事業の利益制からくるもので、他の事業ではあり得ません。

≪合わせてお読みになると理解が深まります≫

REGAIN【ICO】マイニング事業とスケジュール⇒こちらから

REGトークンセール

第1段クラウドセールは、2017年12月15日~2018年2月1日までで、5,000REGのみのセールとなり、REGトークンの取引は ICO終了後可能になります 。

※予想通り圧倒的人気で1月31日終了予定がなんと1月5日には終了してしまいました、第4段クラウドセールの優先購入権もありますので第2段以降も早期販売終了となる可能性は高いですね。


クラウドセールは第4段まで計画されており、2018年11月15日まで行われます。

しかし、当然早期参入が最も報酬率が良く・最安値で参加できますので、興味がある方は第1段で参入をお考え頂くのが賢明かと思われます。

また、通常のICOと違いトークンセールが終了するまで稼働を待つのではなく、第2弾が始まる2018年4月1日より前に既に稼働します。

・2018年3月15日~マイニングマシーン稼働

・2018年4月15日~報酬発生

月利14.82%(年177.84%)を予定しています。

※配当率はビットコインの下落で変更されています、詳しくはホワイトペーパー最新版をご覧ください⇒こちらから


と言う事は、第2段以降は既に利益を受ける方が出てきているので信憑性も増し、参入のハードルがかなり低くなります。

※第3段までは、最新マシーン「ASIC-HARDMiner5.1.」が利用できないため、発行トークンの優先交換権が与えられます。

最後に

REGAIN【ICO】マイニング事業をおススメするのは、実際にREGAINマイニングマシンが世界各国のマイニングプールで利用されていることが信頼できる点と言う事。

もう1つは、長期にわたって配当を出し続けている、ビットクラブの存在です。

どちらも収益性が良く「私たちに案件を紹介しなくても十分企業として成り立っている事業だ」と言う事です。

ただ、私達が増設した分の維持管理費や費用は差し引かれていますので、充分企業メリットはあります。

ビットクラブもそうですが、プロジェクトREGAINも購入だけでほったらかしでも稼げますので、権利収入・不労所得と言えるでしょう。


REGAIN公式登録ページ⇒こちらから


是非、一緒にビリオネアを目指しましょう。