【最新情報】
友だち追加

海外取引所がサービス停止2018年~ICOで稼ぐ方法|REGAIN



このカテゴリーでは、海外取引所のサービスが停止でもおススメ出来るICOの理由を紹介していきます。

★ 目次 ★
1.日本居住者向けサービスが停止
2.REGAINのICO|優先購入権
3.第1段REGトークン購入者の配当
4.REGAINのICOをおススメする理由
5.仮想通貨の高騰を確信するなら
6.最後に

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

1.海外取引所の日本人サービス停止

2018年6月、新規公開仮想通貨(ICO)に規制が入り日本人の参加が危ぶまれていましたが、ICOに参加すること自体は可能のままとなっています。

ところが、6月に入りHitBTCを皮切りにHuobi・KuCoin日本居住者向けサービスが停止となっています。

おそらく、金融庁の規制にそぐわない事なので、この流れは続きほとんどの海外取引所がサービス停止となるでしょう。

となると、ICOに参加しても上場される取引所が海外なら売却できなくなり、仮想通貨を持っているだけになってしまいます。

海外取引所のサービス停止に伴い、私たち日本人が参加できるICOは限られているのが現状です。

現在のところ有効なICOは、金融庁が許可を出すICO日本の取引所がプロジュースするIEOに集約されるでしょう。

その理由は、

海外の企業が行うICOは、トークンセールが終了しても日本の取引所に上場されることは考えられません。

ですので、参加しても海外取引所がサービス停止されている現在では、通常のICOに参加しても上場→取引と進むことは困難です。

そんな中、参加すべきICOの理由を解説して行きますので、是非参考にしてください。

今回は、こんな苦境でも参加する意義があるREGAINのICOについて解説します。

2.REGAINのICO|優先購入権

まず、REGAINのICOに登録し第3段のICOに参加します。

REGAIN公式登録ページ⇒こちらから

REGAINのICO第3段は、7月1日より始まり第4段の優先購入権を獲得できます。

REGAINのICOは、第1段のICOが41間の内14日で終了したのを皮切りに、第2段・RSCトークンと全て期限何に売り切れる人気のICOとなっています。

第1段~第3段のICOで購入できるREGトークンは、マイニングマシン「ASIC-HARDMiner4.1」になります。

ですが、第4段のマイニングマシン「ASIC-HARDMiner5.1」は、マイニング効率・電気代節約など効率が良くなりますので、配当も最高配当の1REG当たり0.04BTC/月となっています。

もちろん、誰でも最高配当の第4段のICOに参加したいと思いますよね。

ですが、REGAINは第1段~第3段のICOに参加された方に優先購入権を与えています。

1REG=$4,000

・10月01日~10月15日(第1段REGトークン購入者優先購入期間)

・10月15日~10月22日(第2段REGトークン購入者優先購入期間)

・10月22日~11月01日(第3段REGトークン購入者優先購入期間)

・11月01日~11月15日(一般購入者購入期間)

となっています。

3.第1段REGトークン購入者の配当

REGAINのICOは、REGトークンを保有することでマイニングマシンをリースする報酬が得られることです。

実際に、第1段でREGトークンを購入された方は、1REGトークン当たりの報酬

・初月(4月):0.017BTC(マイニングが半月の為)

・2か月目(5月):0.034BTC

・3か月目(6月):0.034BTC

合計0.085BTCを実際に貰っています。

仮に、第4段のREGトークンの優先購入期間までに7月~10月分がプラスされますので、0.085BTC+0.034X4=0.221BTCが配当されることになります。

BTCdreamが購入した時のレート(1REG=0.27BTCほど)でしたので、0.221BTC/0.27BTC=0.818となり、たった10ヶ月で81.8%を回収したことになります。

如何ですか?

もちろん、REGAINの事業が今後も続くことを確信することが必要ですが。

4.REGAINのICOをおススメする理由

第1段~第3段で1REGトークンを購入された方が第4段で1REGトークンを追加したとすると、0.034+0.04=0.074BTCが毎月配当される事になります。

0.074X100万円=74,000円/月となります。

仮に、第1段~第3段で2REGトークンと第4段で2REGトークンを購入した場合。

0.034X2+0.04X2=0.148BTCの配当が貰えることになります。

現在のBTC価格=700,000円の場合、0.148BTC=103,600円となります。

5.仮想通貨の高騰を確信するなら

BTCdreamもそうですが、世界各国の著名人が2018年中にBTC価格が200万~250万程になると予想されています。

これが本当に200万円になったとしたら、0.148BTCX200万円=296,000円となります。

これだけの報酬が毎月貰えるなら、上場されても誰も売却しないと思いませんか?

そうなんです、ICOが終わった後上場を待つことなくそのまま保有しておくだけで報酬を貰い続けることができるのです。

となれば、海外取引所のサービスが停止したとしても気にすることなく保有しておくことができます。

6.最後に

2018年中盤からのICO参加は、今までのようにはいかなくなるのはお分かり頂けたと思います。

規制で海外取引所のサービスが停止となる「金融庁の許可が必要」なら、私たち日本人が参加できるICOは今まで以上に安全になります。

ですが、LINEYoutubeを使い詐欺的なICOを販売する輩はいまだもって無くならないのが現状です。

今回のREGAINのように保有しているだけでも配当が付くICOでないと、参加しても現金化することさえできなくなる可能性が高くなります。

海外取引所でのサービスが停止する以上売却できないですね。

REGAIN公式登録ページ⇒こちらから