【最新情報】
友だち追加

COMSAトークン受取|CMSを取引ならZaif・保管ならウォレット



11月6日にトークンセールが終了することもあり、COMSAトークン受取の情報が、会員登録された方のダッシュボードに連絡が入りました。

COMSAのICOに登録⇒こちらから

CMSトークン受取については、以前から連絡させて頂いているよう「Zaif取引所で受取」か「各自のウォレットで受取」となります。

ウォレットのアドレス登録方法は?

CMSを取引するならZaifで受け取る・保管するならウォレットで受け取るのが良いでしょう。

CMSを取引


Zaifの口座をお持ちでない方は、早めに口座開設をしておきましょう。

Zaifの口座開設⇒こちらから

※仮想通貨の取引は法律が厳しくなり、口座開設まで本人確認を含め、約2週間程度かかる場合があります、お早目の登録をおススメします。

CMSを保管

Nano Wallet


・Nano Wallet(XEM : mosaic)作成方法⇒こちらから

Nano Walletにログインして頂き「アカウント」に移動します。

赤い枠で囲んだところに「アドレス」が表示されていますので、CMSトークン受取登録しましょう。

MyEtherWallet


・MyEtherWallet(ETH : ERC20)作成方法⇒こちらから

MyEtherWalletにログインして頂き「お財布情報を見る」に移動します。

赤い枠で囲んだところに「アドレス」が表示されていますので、CMSトークン受取登録しましょう。

アカウントアドレス自分のアドレスは、どちらも同じです。

CMSトークンの配布と取引について

CMSトークンの配布


11月中旬~11月末迄に登録されたZaif取引所各自のWalletに配布されるとされています。

CMSトークンのお取引


11月末頃より、Zaif取引所にて取引(上場公開されます)が開始されるとのことです。

最後に

BTCdreamでは、8月の初めころからおススメしてきました。

当サイトを訪問される方の多くは、ICOの情報をお探しの方が多いようです。

ですが、ICOは海外の物がほとんどで「ホワイトペーパーが英語でしか準備されていなかったり」「サイトの使い勝手が分からなかったり」となかなか思うように参加できませんでした。

COMSAは日本のIT企業で、当然日本人には参加のハードルが低くなっています。

ですが、参加のハードルが低くなっているだけでなく、海外からの注目も高く現在の円相場(1ドル=113.675117円)で計算すると、大台の100億円を突破しています。

これは、今までに行われたICOの中で7番目に多くの資金を調達していることになります。

また、COMSAはCOMSA上で行われるICOが今後も注目されると考えられますので、トークンを購入された方は、今後も「お楽しみが増える」と言う事になります。

まだ、COMSAのトークンをお持ちでない方は、11月6日までにご購入されることをおススメします。

COMSAのICOに登録⇒こちらから