Profile-奈落の底(ネット難民)から復活した経歴

はじめましてBTCdream管理人の中野と申します。



生年月日:1964年1月11日

性別:男の子

職業:契約社員

趣味:旅行・ギャンブル(パチンコ・競馬など)

居住地:東京



BTCdreamがこのサイトを立ち上げた大きな理由の1つは。


管理者の友人(卜部様)の存在があります。


彼は、数億を自由自在に扱う事の出来る資産家です。


彼の元には、HYIP(高配当投資)以外にも不動産やIPO(新規株)・金融関係などの様々な案件が届いています。


これらの多くは、我々一般人には絶対情報が入らない高配当の案件ばかりです。


当然投資金額も「最低でも数百万・ほとんどが数千万円」と言う一般レベルでは参加できない(機密情報のため公開さえできません:信用を落とすと今後が一切情報を貰えない為)案件となっています。


管理者の紹介者は、正直どの案件に投資しても稼げるでしょうし、実際に投資し稼いでいます。


そんな彼がBTCdreamに、HYIP(高配当投資)を紹介してくれました。

彼が私にHYIP(高配当投資)を教えた理由


私は、2年半ほど前にフィリピンから手持ち5万円で帰国しようとしていました。


ですが、当然のごとく航空チケットを買うのが精一杯、日本での生活を始めることさえできません。


それ以前に大きな問題が・・・。


フィリピンで8年ほど商売を行ってきたのですが、順調だった商売も現地人に全てを壊され、帰国4年ほど前からビザの支払いも滞り、最後に残されたネットカフェを経営しながら生活するのがやっとの状態だったにもかかわらず、出国前に完済しなければなりません。



ネットカフェの経営は、それほど利益が上がるものではなく、余剰金を貯めることは困難。


そんな折、友達になったアメリカ人が2,000ドルを選別として渡してくれ、日本大使館はフィリピン入国管理局へビザの支払いを約束をしてくれたことで、後払いで帰国をすることが現実となりました。


日本への帰国が決まった私は、どのように生活していけばよいのか不安でイッパイ。


毎日日本の情報を集めていた時(経営していたネットカフェで)です。


大学時代の友人が、会社経営(ホームページ)をしている事を発見したのです。


藁にもすがる思いで、友人にコンタクトをとると「日本経済も空前の灯で、雇用をする余裕はないが、3か月だけなら面倒を見ても良い」と嬉しい言葉を頂き、涙したことをついこの間のように思い浮かべます。


日本に帰国した私は、ネット難民となって彼の仕事を手伝い(約束通り3か月間)、その後契約社員で新しい会社に就職することとなり、現在に至ります。


ネット難民だった私は、インターネットだけは使い放題でしたので、様々なネットで稼ぐ方法を調べていました。


そんな折、大学時代の知り合いの名前を偶然見つけることとなったのです。


大学時代は、交流があったわけではないのですが、今回このサイトを立ち上げるきっかけとなった「HYIP(高配当投資)サイト(案件)」で稼いでいるとのことでした。


なりふり構わず、コンタクトをとると。


私のことを覚えていてくれて「どこかで会いましょう」とメールを返してくれたのです。


いざあってみると、彼はネットビジネスで巨万の富を得ていました。


ほとんど仕事もせずに、ほぼ自動で収益を上げる、まさしく不労所得を得ていた彼に、HYIP(高配当投資)サイト(案件)を実践している理由を聞くと。


パチンコや公営ギャンブルでは味わえない緊張感が良い」と言い。


現在では、2,300万円程運用しているとのことです。


ですが、私には全く初めてのことで「何をどのようにすれば良いのか?」全く分かりません。


それに、そんな資金さえあるはずもなく「凄いなぁ!」と感心するばかりでした。


すると、彼が「HYIP(高配当投資)サイト(案件)をやってみますか?」と言ってくれたのです。



そして「何とか5万円でも10万円でも準備できますか?」と聞かれ、私は正直に「全財産は16万しかありません」と答えました。


すると「分かりました、16万円全額を投資するのは、このような案件をするにはあまりにも危険です、最初は3万円をだまされたと思って使ってください」と言われ、彼の言うとおりに「3つのHYIP(高配当投資)サイト(案件)」に登録し、運用開始することとなったのです。


そして、サイト閉鎖(破綻)で20万ほどを無くしたり、順調に配当を積み上げたりして多くを学習させて頂きました。


このサイトは、そんな友人の許可を得てオープンすることとなったのです。


ですので、あなたに有益な情報を発信することができます。


私と同じ初心者でも簡単に実践できるよう詳しく解説しますので、興味にある方は是非ご活用ください。


また、私と同じように、お金で苦労している方を少しでも助けることができれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする