【最新情報】
友だち追加

WoToken登録方法|月利7〜20%+WOR運用実績と富裕層が行う高配当投資


WoTokenで月利7〜20%:WOR運用するのは「危険だ・詐欺だ!」と言う方が多くいます。


もちろん配当を考えると、こんな運用が通用するわけがないと言うのは正論でしょう。


ですが、実際は人類史上一般の私たちが掴むことができない高配当投資は数多く存在し、富裕層が富裕層を継続できるのもこんな高配当投資が存在するからなのです。


全く新しい事業が始まったり、都市開発が行われるとき、もしあなたに高配当案件の情報が入ったらどうしますか?


貯金1,000円があったとして、新規事業に最低1,000万円の投資ができるのでしょうか?、数百億・数千億もの資産を持つからこそ飛び込んで来る情報なのsです。


★ 目次 ★
1.ソフトバンクに投資できましたか?
2.WoToken登録方法
3.Apollo運用手順を解説
4.WoTokenの配当実績
5.最後に


関連記事はこちら

プラストークンに登録・設定方法|月利10%を稼ぐスマホ専用ウォレットアプリ


1.ソフトバンクに投資できましたか?

ソフトバンク株価チャート


画像でもお分かりのように、2002年11月1日には309円の価格で購入できたソフトバンク株ですが、実際2006年に1:3の分割が行われている為、103円で購入できたことになります。


分割:ソフトバンク公式ページより⇒こちらから

ですが、皆さんがご存知のソフトバンクは、

2006年(平成18年)4月27日 – ボーダフォン株式会社(現・ソフトバンク株式会社)の顧客基盤や設備、人材、ノウハウ等を活用し大規模での事業開始を図るため、新規参入の方針を転換してボーダフォン日本法人を1兆7,500億円で買収した。これによりソフトバンクは携帯電話事業者への仲間入りを果たし、翌28日にはBBモバイルに割り当てられていた新規事業者向けの帯域である1.7GHz帯について、総務省への返納を発表した。

wikipediaより⇒こちらから


と「2006年を堺に一般に浸透していった」と言っても過言ではありません。


となると、再安値と思われる2000年に、果たしてソフトバンクの株を購入できたのでしょうか?


答えは「No!」です。


物事は、結果を見て言うのは簡単で、よくスポーツなどでも起こったプレーに対する解説は行われますが、事前に予想することは困難です。


稼ぐ(資産を増やす)ことに関しても、結果が出てからではすでに遅いと言う事になります。


では、どうすれば資産を増やすことができるのでしょうか?


答えは?


①:安全に資産を増やす銀行の定期貯金

銀行金利はマイナス金利時代と言う事もあり少額定期貯金をしてもほとんど資産を増やすことはできません。


そんな中でも、実店舗を要しないネット銀行が出現したおかげで、多少なりとも金利が貰えるようになりました。


現在オリックス銀行では、100万以上を定期で預けると0.30%の金利が貰えます。



ですが、100万円で3,000円程にしかなりません、となると資産が乏しい一般の方にはほとんどメリットが無いと言えます。


②:リスクを覚悟で仮想通貨投資

例えば、仮想通貨のウォレットや取引所が人気となっている昨今、月10%程の利息(配当)が貰えるサービスはたくさんあります。


年間0.3%以上を挙げるとなると、月10%(年率120%)333案件に100万円を投資したった1件がうまく運用できただけで、0.3%以上となります。


ところが、現実は投資する前にある程度危険な案件は察知できるので、リスクは軽減できます。


ただ、運用期間が短い可能性があるだけなので、まずは元本を回収し、その後はできる限り運用を続けるようにするだけで、大きな資産を作ることができるのです。


実際、プラストークンでは既に10倍以上・紹介をしていない方でも元本を回収し気楽な運用を続けています。


当サイトから100万円以上でプラストークンを運用された方の中には元本を回収し、毎日3,000円分のPlusTokenを受け取っている方もいます。


しかしこの3,000円もPlusToken自体の価格高騰(2018年10月$14→2019年4月$73になっています)がある為、実際は更に配当額が高騰することになります。


仮想通貨はボラリティーが高く、危険だとお考えの方も多いと思いますが、2017年前期以前から仮想通貨に携わっている方は殆どが今後仮想通貨が高騰することを課k信しており、現在の価格に悲観的ではありません。


となると、仮想通貨のウォレットや取引所で運用し仮想通貨を集めておくことが億リ人になる最大の近道と言う事になります。


2.WoToken登録方法

WoTokenの登録方法は以下のページで詳しく解説しています。


WoToken登録・設定方法解説
http://hyip.sokuhou.top/?p=9450


WoTokenをもっと詳しく知りたい方はホワイトペーパー⇒こちらから


3.Apollo運用手順を解説

初めに、WoTokenで運用を始めると最高19WOR(最高と言っていますがほとんど19WOR貰えると思います)を貰う事が出来ます。


Apollo運用手順を解説

WoTokenにログイン



入金は、資産→入金する仮想通貨のウォレットを作成(まだ開通していない)→通貨名(ここではETH)をタップ



ここではETHと入力しました→「確定



チャージ」&「引出し」と表示されれば作成完了です。


チャージ」をタップ。



アドレス&QRコードが表示されますので、送金して下さい。


着金すると「Apollo」のETHに送金額が反映します「振込」をタップ。



振込ETH数($1,000を超えるように設定)支払いパスワードを入力し「確定」をタップします。



Apolloの運用を始めるとWORトークンが貰えるルーレットにチャレンジ(2回)→「開始」をタップします。



資産」を確認すると、ルーレットで貰ったWORが反映していることを確認できます。



4.WoTokenの配当実績

私は、最初に貰った19WORも含めてですが、たった2日で$41が貯まりました。



プラストークンが仮想通貨の低迷にもかかわらず高騰したのと同じようにWORトークンも20倍ほどには高騰すると予想しますし、そういわれています。


プラストークンの運用開始で貰えたPlusトークンは以下の通り



画像の通り2.78Plusでした。


現在$70程を推移していますので、約21,000円程でした(まだまだ高騰すると予想されますので、さらに高騰するでしょう。)


同じような高騰が起こるとしたら、たった2日間で約$800を稼いだことになり、すでに運用資金の殆どを回収したことになります。


もちろん、価格高騰が思うように進んだらの話ですが、私は間違いなく高騰すると考えています。


プラストークンの時は、元本を早く回収したいと言う気持ちから、まだまだ高騰するはずのPlusトークンを出金してしまったので、WORトークンはある程度高騰するまで保管してみます。


5.最後に

実際私は、2016年フィリピンから2014年7月にたった$1,600を手に帰国したばかりだと言う事もあり、仮想通貨を始めるに当たり数回に分けて6万円程を購入したことから始まりました。


ですが、今では億リ人にあと一歩のところまで来ています。


道中は高配当案件(HYIP)を運用したり、ICOに参加したりと仮想通貨の時代に合った運用を続けています。


現在行われている仮想通貨のウォレットや取引所も、配当から考えると危険だと考えるのは妥当でしょう。


ですが、アービトラージや実業で稼ぎ配当を出すと言う事は仮想通貨だけではなく、これまでの人類の歴史からも行われてきた配当でもあります。


リスクがある以上、高配当でなければ出資も行われないからです。


ですがこのような高配当の事業は、私たち一般人には情報さえ届きません。


仮想通貨は、ネット環境も使えることもあり、一般の私達にもこのような情報が入るのです。