【最新情報】
友だち追加

TokenBooster登録・KYC設定・最新エアドロップにまとめて申請


TokenBoosterはEtherFlyerと同じくまとめてエアドロップに申請できるサイトです。

最初にSNSのアカウントを設定しておきますので、1つ1つユーザーネームなどを申請する必要なく効率よくエアドロップに参加できます。

★ 目次 ★
1.TokenBoosterに登録する方法
2.SNSアカウントを設定します
3.TokenBoosterの2FA設定方法
4.TokenBoosterのKYC登録方法
4.-1.「Parsonal data」
4.-2.「Documents:ID」の登録
5.Prpject(エアドロップ)申請方法
5.-1.「BITMART」
5.-2.「TokenBooster」
5.-3.エアドロップ申請方法
6.最後に

関連記事はこちら

随時更新!最新版!仮想通貨を無料で貰えるエアドロップをまとめて紹介

1.TokenBoosterに登録する方法

TokenBooster公式登録ページ⇒こちらから



・名前

・メールアドレス

・パスワード

・パスワード(確認用)

利用規約」と「私はロボットではありません」に「✔」を入れ「Register」をクリックして下さい。



A verification email has been sent to you!」とログイン画面が表示されますが、まずメールアドレスを確認し認証を行ってからログインして下さい。



Click here to verify your account」をクリックして下さい。

これで認証されました、次にログインして設定をします。

※Facebook・Google+のアカウントでも登録できますが、特にFacebookはアカウント凍結の可能性もありますのでおススメしません。

2.SNSアカウントを設定します

ログイン後、まずSNSのアカウント等の設定を行います。



赤い丸「登録名」→「Profile」をクリック→「Social」が表示されます。



緑の枠の所「Connect」をクリックして設定していきます。

・Google



What is your rights?」と言うところをお読み頂くとお分かり頂けると思いますので、気になる方は翻訳してお読みください。



赤い丸の所に「✔」を入れ「Accept」をクリック。

・Facebook



あなたのFacebook名でログイン」をクリック。

・Twitter



連携アプリを認証」をクリック。

・Telegram



Telegramにログイン「NEXT」→「START」をクリック。



Confirm」をクリック。



ACCEPT」をクリック、これでSNSの設定は完了です。

続きまして、2FAKYCの設定を行います。

※KYCの設定を行わないとエアドロップの申請を行う事が出来ません。

3.TokenBoosterの2FA設定方法



Activate」をクリックして下さい。



QRコード」をスキャンし設定→「6桁のコード」を赤い枠の所に入力→「Verify」をクリック→最初の画像のように「

Activated
」と表示が変われば完了です。

※青く覆ったところにリカバリーコードが表示されていますので、パソコン以外(オフライン)の所に大切に保管して下さい。

4.TokenBoosterのKYC登録方法

次にKYCの登録を行います。

4.-1.「Parsonal data」



・First name:(例:ICHIROU)

・Last nama:(例:SUZUKI)

・Gender:Male or Famale

・Mobile:携帯電話番号

・Country:(例:Japan)

・Nationality:(例:Japan)

・Birthday:(Day Monrth Year)

・Address:区市町村以下番地まで

・Building number:ビル名及び部屋番号

・City:区市町村名

・Postcode:郵便番号

全て入力できましたら「Next」をクリックして下さい。

4.-2.「Documents:ID」の登録



・ID(写真付き)の表画像(パスポートは本人画像があるページ)


・ID(住所変更等記載)の裏画像(パスポートは表紙画像)


・ID番号


・IDとメモ(TOKENBOOSTER お名前 2019.○○.○○と記載)を持った自撮り画像

以上をアップしましたら「Send」をクリックして下さい。

※この画面が長くなるとうまく送信できないことがあります、リロードしてもう一度「Send」をクリックして下さい。

5.Prpjects(エアドロップ)申請方法

Prpjects」をクリックすると「BITMART」「TokenBooster」とあります。

5.-1.「BITMART」

Bitmart取引所で売買を行い取引量に応じて貰えるエアドロップの申請です。



TokenBoosterからのリンクでBitmartに登録する必要があるようで、私は既に登録していますので利用できません。

ご利用をお考えの方は、緑の枠で囲んだリンクをクリック頂くと詳しく使い方が解説されていますのでお読みになってからご利用ください。

5.-2.「TokenBooster」

TokenBoosterのエアドロップとも言えます。

Facebook



投稿をシェアするのですが、ルールがそれぞれにあります。

ここでは、

・友達が200人以上

・紹介リンクを記載

・#tokenboosterとハッシュタグを記載

・Crew Member #○○○○も丸の部分(Profileページの名前の下に記載されています)。

以上の条件を投稿内に入力してくださいとなっていました。

すべて入力し投稿したPostのURLを「Share the link of your Facebook post」の所に貼り付け「Send」をクリックします。

先程「Apply」だったのが「Verifying」に変わっています。

Telegram



JOIN」→「JOIN GROUP」をクリックするだけです。

先程「Join」だったのが「Verifying」に変わっています、後は承認されるか待つだけですね。

中には「Survey」アンケートもありますが、それほど難しい内容ではありません、少しでも多くの仮想通貨を集める為にもお時間が許されるなら積極的に参加してみて下さい(今の所アンケートは解説するほど難しいものはありません)。

5.-3.エアドロップ申請方法

BITMART」「TokenBooster」の下にいよいよエアドロップが沢山表示されています。

既に終わったエアドロップもありますが、随時追加されますので、焦らず申請を行っていきましょう。

エアドロップに限らず「BITMART」と「TokenBooster」も中ほどにパーセンテージが表示されています、全て上限があり消化された分が表示されていますので、100%になってしまう前に申請するようにしてください。

今回は、AIDCOINの申請を行ってみます。



タスクの消化率が85%・80%・50%となっていますので早目に申請しておいた方がよさそうですね。

上2つのTelegramは「Join」をクリック。



Join」→「JOIN GROUP」をクリックするだけです。

Twitterは公式サイトを表示し「フォローする」をクリックしるだけです。

6.最後に

仮想通貨が低迷し、ICOで購入しても上場後に暴落する現象が全般に起こり、資金を投入するリスクが高くなっています。

そんな中無料で仮想通貨が貰えるエアドロップはリスクが無く、多くの方が申請を行うようになりました。

エアドロップ詐欺」と言う方がいますがエアドロップで詐欺はできません(無料で配布するので詐欺をするところがありません)。

出来るとしたらエアドロップではなくウイルスを添付させたウォレットを作ったり、秘密鍵を搾取する手法などですが、それらはエアドロップを名乗っているだけです。

ただ、申請する時間などを無駄にする可能性は十分ありますが、詐欺を働く人にメリットはありません。

今回紹介したTokenBoosterは、今まで絵品性に要した時間を最大限に減少させることができ、多くのエアドロップで配布されない・上場されないと言った事態も大幅に完全されています。

ですので、昨年末から紹介しているEtherFlyerExchange(エアドロップに参加できる取引所)と共に登録して申請しておくと、配付率・上場率ともはるかの向上します。

関連記事はこちら

EtherFlyerWallet作り方・エアドロップ・TCASH購入など使い方


エアドロップに参加したいけど時間を無駄にしたくないと言う方は、TokenBoosterEtherFlyerExchangeにだけは登録し、2つのサイトが紹介するエアドロップだけでも申請しておいてください、今後このようなサービスは増えると思われます。