【最新情報】
友だち追加

e-Chat【最新ICO】登録方法とスケジュール|気になるQ&A



昨今のICOで気を付けなければならない点は「ICO(Initial Coin Offering)終了後実際にプロジェクトが進行していくのか?」と言ってきました。

BTCdreamは、IndaHashHEROMOOVERなど既に実ビジネスがあり「それらのビジネスに悪い影響を与えるならICOを行わないだろう」と考え紹介しております。

今回紹介するe-ChatもすでにAppStoreGooglePlayからダウンロードできるアプリができており、実際に利用できることを確認し、紹介しております。

これは、アプリでICOに参加できる数少ないプロジェクトの1つです。

GooglePlay⇒こちらから

AppStore⇒こちらから

e-ChatのICOに登録する⇒こちらから

e-Chatのスケジュール

PRE-ICO


PRE-ICO(ボーナス30%):$0.7=1ECHTは、既に終了しています。

フェーズ#2


現在、ICOラウンド1のフェーズ#2(ボーナス25%):$0.75=1ECHT

開始日:2017年11月16日~2017年12月15日(ロンドン時間12:00、GMT-0)

フェーズ#3


次回、ICOラウンド2のフェーズ#3(ボーナス25%):$0.80=1ECHT

開始日:2017年12月16日~2017年12月30日(ロンドン時間12:00、GMT-0)

※e-Chatトークン配信キャップ(フェーズ2-3): 295,000,000 ECHT

利用可能な通貨:ETH、BTC、LTC、ZEC、BTS



ICOに参加する為の資金に制限はありません。

e-Chatは、コンテンツを収益化するためのユニークな機能を備えた分散型メッセンジャーです。

今日では、すべてのメッセンジャーにとっての主要なグローバルな課題は集中管理と規制です。現時点では、メッセンジャーを抱える企業の大多数がデータを完全に
管理するような方法でソーシャルコミュニケーションが行われています。

e-Chatの登録方法


e-ChatのICOに登録する⇒こちらから

赤い枠で囲んだ「ここから投資する」をクリックします(英語表示の場合:INVEST NOW)。

・メールアドレス

・パスワード

・パスワード(確認用)

を入力し、赤い丸で囲んだ「I read and agree with Public offer agreement」にチェックを入れ「登録」をクリックしましょう。

画像のように「Dashbord」が表示されれば完了です。

中央にある赤い枠の中に利用可能なコインが示されています、あなたが送金するコインをクリックし、緑の枠で囲んだところに送金金額を入力すると、黄色の枠の所に購入できるECHTの枚数が表示されます。

サインインの画像が表示された場合

赤い丸で囲んだ「サインアップ」をクリックして、登録ページを表示させてください。

気になるQ&A

Q:投資の最低額はいくらですか?

A:ホワイトペーパーには最低投資額はないとされていますが、ボーナスの事もありますし、ホームページでは$10となっていますので、最低$10は送金しましょう。

Q:ボーナスを受け取るためにどれくらい投資すればよいですか?

A:先程の「Dashbord」の画像でも確認できますが、$10から投資ボーナスを受け取ります。

Q:ICO完了後にe-Chatコイン(ECHT)は取引所に上場されますか?

A:私たちは、主要な暗号交換機関との間でe-Chatコイン(ECHT)をプラットフォームに追加することについて契約を締結しています。

Q:ECHTトークンはどこで取引されますか?

A:ECHTトークンは、ICO終了後1週間以内に取引所に上場されます、一部の取引所では上場前に公式発表を行うことができませんが、Bittrex・Poloniex・Bitfinexが候補となっています。

※e-Chatコイン(ECHT)はEthereum(ERC20)ブロックチェーン上でリリースされ、2017年のICO(Initial Coin Offering)フェーズ#4まで行われます。

e-ChatのICOは、2017年にメッセンジャー市場に35億人のユーザーがいるという事実に基づいて行われ、インスタントメッセンジャーは一般的な問題である貨幣化によってかなり苦しんでいることがわかります。 e-Chatは新しい統合モデルを作成し、すべてのメッセンジャー機能を無料で使用することができます。

また、お金を稼いで購入することもでき、プロジェクトを効率的に収益化するためのインフラを構築します。 コミュニケーション、ストリーミング、ブログ、金融取引、データ転送、テレフォニー、モバイルゲームの統合、アプリケーションなどの分野が含まれます。

e-ChatのICOに登録する⇒こちらから

e-Chatのホワイトぺーパー⇒こちらから