【最新情報】
友だち追加

Binanceのレンディングで稼ぐ:Flexible&Fixedの違い


Binanceのサービスが充実し、取引を行うだけでなく仮想通貨を預けておくだけで資産が増える仕組みが施されています。


そんな中、8月あたりから始まったレンディングサービスが大人気で、毎週募集されているにも限らず、BUSD以外の仮想通貨は募集開始数分で完了してしまう事態に陥ってます。


私自身も、2ヶ月で1度しか参加できておらず、中々資産を増やす事ができていません。


そんな事態を察してか?


Flexible(普通預金のようなもの)と言うレンディングサービスも始まりました。 

★ 目次 ★
1.レンディング:FlexibleとFixed
・1.-2.レンディングサービス:Fixed
・1.-3.レンディングサービス:Flexible
2.Flexibleに参加する手順
3.Flexible参加を確認する方法
4.最後に


関連記事はこちら

Binance Lendingを運用:年率~15%BNB・BTC・ADAなど


1.レンディング:FlexibleとFixed

Binanceレンディングサービスは、Flexibleと言う従来のサービスに加え、新たにFixedと言うサービスが始まりました。 

1.-2.レンディングサービス:Fixed

レンディングサービス:Fixedを例えるなら定期預金とでも言いますか?


決まった期間(BinanceのLendingでは14日間が多い)仮想通貨を預け配当を貰うタイプで、この期間はロックが掛かり引き出しはできません。


もちろん、Flexibleと比べ利率は高くなりますが、その分人気が高く中々応募できないのが難点です。


ロック期間がたった14日だと言う事も人気の要因ですね。 

1.-3.レンディングサービス:Flexible

レンディングサービス:Flexibleは、Fixedを定期預金とするなら普通貯金と言えます。


中々参加できないFixedに比べ、参加のハードルは低くいつでも引き出しできる(1日だけのロック)ので、Fixedに参加できるまで利用するにはもってこいのサービスです。 

2.Flexibleに参加する手順

Binance Lending,Fixedレンディング,Flexibleレンディング


ログイン後画像のようにお進みください。


Binance Lending,Fixedレンディング,Flexibleレンディング


Flexible Depositが表示されています、現在はBNB・BTC・BUSDの3通貨が利用できます。


ここでは、BNBで参加してみます。


BNBをクリック。


Binance Lending,Fixedレンディング,Flexibleレンディング

Flexibleレンディング概要

Flexibleは、参加した日から翌日まで引き換えることはできません。

・翌日にはロックは解除されており、引き換え可能です。

・翌々日、獲得した利息は毎日分配され、預けた通貨で引き換え可能なトークンが割り当て、利息額は小数点以下8桁以下は切り捨てられます。


預けるBNB数を入力→利用規約に「✔」を入れ「Confirm purchase」 

3.Flexible参加を確認する方法

Lendingページの「Assets」をクリック。


Binance Lending,Fixedレンディング,Flexibleレンディング


預けた通貨数・合計報酬額・本日の報酬額が確認できます。


赤い枠の所は、継続報酬の合計です。


1日ロックされるだけなので、Fixedレンディングが始まるまで利用し、始まったらFixedレンディングに応募することを繰り返すことで効率よく資産を増やすことが可能です。 

4.最後に

Binanceのサービスは、レンディングだけでなくステーキングなどもありますが、仕様が頻繁に変わりますので注意が必要です。


とは言え、私たち利用者の最適なサービスを展開しているのは確かです。


仮想通貨をお持ちの方なら、是非Binanceのサービスを利用し、資産を少しづつでも増やす算段を行って頂ければと思います。