【最新情報】
友だち追加

HEROのICOが人気の理由|ソフトバンクが出資のWeb質屋「PawnHero」


HEROは、フィリピンを起点に東南アジアで活動をしているWeb質屋「PawnHero(ポーンヒーロー)」がICOでトークン化するプロジェクトです。

※詳しい内容はホワイトペーパーをお読みください⇒こちらから

HEROのICOに参加する⇒こちらから

HERO【ICO】登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

「孫正義さん」が出資?


前回の記事でも申しましたが「ソフトバンク」・「アリババ」が出資していると言う事は、期待を持てるICOと判断しています。

Hero+Whitepaper_081417

先見の目を持つ「孫正義さん」が出資する事業は、賛同するに値します。



質屋がICO?


日本で質屋と言うと、中々なじみにくく感じる方も多いと思いますが、銀行口座を持てない・融資を受けられないフィリピンでは重要な役目を果たしています。

BTCdreamは、8年間フィリピンで生活していましたが、知りうる中で最高の融資は6日で110%(10,000円借りたら6日後に11,000円返済)と言う恐ろしい現実でした。

※6日で利息分だけ返済でもOK!、実質1ヶ月50%の利息を払う事になり、日本で恐ろしい金利と言われる「十一」をはるかに上回りますね。

では何故このようなことが行われるのか?


フィリピンでは、就職して働きたい人は溢れています、しかし家庭の事情でハイスクールさえ卒業していない方もおり、まともな仕事に就くことができません

また、ハイスクールを卒業しても、よほどのことが無い限り安定した職業にはつず、大学・専門学校(手に職を付ける:資格取得)が必須なのです。

お分かりかと思いますが、家庭にお金がないため最安値の仕事をしながら学費を貯め大学・専門学校に通う事になります。

ですが、1家庭にかかる負担が多く、僅かな収入を家族の為に使わなくてはならない状況になり中々貯める事さえも難しいのが現状です。

ですので、大学・専門学校には40代・50代の方が長い間貯めた資金で学んでいることも目立ちました。

最安値の仕事に高利で融資?


市場やショッピングモールなど人が集まる場所で地面に座りオーナーから預かった商品を売ります。

日本のように信用が無いため、オーナーも大量の商品を貸し出してくれませんし、資金が無いため少量しか借りれません。

そして、時間給や日給ではなく売れた分だけ収入になるのです。

1日かけて0の時もあるようですし、平均しても100~200ペソ(400~800円)程しか稼げないと思います。

それでも働けるならと頑張っている人がかなりの人数存在しています。

そんな方達が、高利の融資を受けオーナーから商品を預かるのです。

当然、うまくいかないと逃げますので、貸出する方も最初からリスクを考え高利での貸し出しになります。

質屋の存在は無くてはならない?


これも実体験なのですが、銀行で信用を取れない一般国民は、お金が必要になると質屋に行きますが、フィリピンの従来の質屋では、月利6~10%と日本では考えられない金利がかかります。

また、まともな実店舗を持つ質屋でさえもこの金利ですので、先程の高利貸しは容易に想像できると思います。

ですので、一般国民は何時になっても裕福になれないでいるのです。

日本人同様頑張る方がいないのではなく、頑張った挙句お金を吸い上げられているのが現状です。

「PawnHero」は店舗の無いWebサービス


PawnHero」の金利は店舗を無くした(完全Webサービスで提供することでコストを削減)こともあり月利2.99%での融資が可能です。

また、家電や携帯電話など様々な商品の質入れを可能になりました。

月利2.99%なんて日本人には到底受け入れられないサービスですが、諸事情を考えればかなり嬉しいサービスです。

PawnHero」としても、店舗・人件費を削減できるので、充分な利益を得ることができますし、既に2014年~この事業は始まっています

フィリピンだけではない?


このような状況は決してフィリピンだけではありません。

最初はフィリピンで事業展開を行いますが、既にベトナムでは金融ライセンス取得済み、インドネシア・タイでも申請中となっています。

PawnHero」は、1~2年でこれらの国で事業を開始することを目指にしています、フィリピンだけでも十分な利益を上げていること・トークンかによるコストの削減でさらなる期待ができますね。

※プレセールは10ETHから投資でしたが、Day2以降の本ICOは少額からでも参加できます。

※トークンセールでは1トークン=0.005ETHの価格で、最大250,000ETHまで発行されます。

※購入可能な通貨⇒ETH、ETC、BTC、XRP、LTC、Waves

HEROのICOに参加する⇒こちらから

HERO【ICO】登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから