【最新情報】
友だち追加

OpenWifiに登録&KYC|OPPトークンエアドロップで貰う方法


OpenWifiは、ICOBenchで4.6の高評価のICOです。





ICOは11月30日まで。

★ 目次 ★
1.OpenWifiに登録する方法
2.OpenWifiエアドロップの申請方法
2.-1.OpenWifi公式Facebookにいいね!
2.-2.OpenWifi公式Twitterをフォロー
3.OpenWifiエアドロップの反映を確認
4.最後に

関連記事はこちら

Beaxy取引所に登録&KYC|$23~30分BXYエアドロップで貰う方法

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

1.OpenWifiに登録する方法

OpenWifi公式登録ページ⇒こちらから





・メールアドレス

・名前(例:ICHIROU)

・名前(例:SUZUKI)

・パスワード

・パスワード確認用

・FacebookかTwitterのプロフィールURL

・ERC20のイーサリアムアドレス



利用規約に同意」と「私はロボットではありません」に「✔」をいれ「REGISTER」をクリックして下さい。





メールボックスに、認証のコードが送信されます。





Email Confirmation Code」に入力し「CONFIRM EMAIL」をクリックして下さい。

2.OpenWifiエアドロップの申請方法

前画像の「Like our Page」をクリックして下さい。

2.-1.OpenWifi公式Facebookにいいね!

OPP Open WiFi - 「いいね!」2.7万件 - We are an open WiFi supplier building a global community WiFi service.



いいね!」&「フォローする」をクリックして下さい。

2.-2.OpenWifi公式Twitterをフォロー

twitter.com/OPPopenWiFi





フォローする」をクリックして下さい。

3.OpenWifiプロフィールを完成

プロフィールを完成させるのは、エアドロップの申請に必要なSNSのユーザーネームを登録する為です。



ログイン(Dashbord)画面右上に「UPDATE PROFILE」とありますのでクリックして下さい。





名前は既に登録していますので、Address:以降を解説します。



・Address: 町名&番地

・Town / City: 区市町村

・County / State:都道府県

・Postal / ZIP Code: 郵便番号

・Country: 国名



登録時に2つのSNSのどちらかのProfile URLとETH Address:を入力していますので、もう1つのProfile URLを入力します。



全て入力しましたら「UPDATE」をクリックして下さい。



※私は、プロフィールを完成した後に「Dashbord」を確認しましたらOPPトークンが反映していましたので、プロフィールの完成が必須だと思っていましたが、25OPPトークンを貰う為にプロフィールの完成は必要無いかもしれません。

4.OpenWifiエアドロップの反映を確認

OPPトークンの反映は、ログイン(Dashbord):で確認いただけます。





少し下にスクロールして頂くと「FacebookのLINKが確認できた」と表示があります。





Facebookが確認できたことで25OPPトークンが配布されている模様です。

5.最後に

OpenWiFi(OPP)は、世界中に25億人に近いスマートフォンユーザーがおりますが、その76%はアクセスが利用できない場所にいるのが現状であることを改善するプロジェクトです。



私は、8年間発展途上国(フィリピン)で生活した経験があり、このような状況によく直面しました。



当時私は普通の携帯電話を使っていましたが、貧しい筈のフィリピンン人の多くがスマホを手にしているのを見かけました。



ですが、その多くの方々がチャージ(貧しい国は殆ど前払い)されていないスマホで、利用できない状況であることが分かりました。



OpenWiFi(OPP)のようなプロジェクトが進めば、世界中にある発展途上の国を救う事になるのかもしれませんね。



ちなみに、フィリピンを含む発展途上国では現金を置いておくことは難しく(家族でも盗みます)いざという時に質屋で換金できるものに置き換えておくと言う事が多く見られます。



貴金属や電化製品なども多いのですが、スマホもその1つなのかもしれませんね。