【最新情報】
友だち追加

NOAHコインニッポンペイと提携|購入された方は歓喜?それって危険?


今回の記事は、BTCdream覚書(健忘禄)として残しておくためのものです。

NOAHコイン・ニッポンペイに関して、BTCdreamが独自に調査した結果ですが、この記事の内容であなたのNOAHコイン購入の妨げになるわけにはいきません。

NOAHコインの購入をお考えの方は、絶対にお読みにならないでください、あなたの為になる内容ではありません。

ニッポンペイと提携NOAHコインで支払いが?

ニッポンペイと提携」・前回の記事「海外取引所に上場」となれば、期待もされるでしょう。

その期待に応えるべく泉忠司氏が動いているようです。

日比経済協力60周年イベント

6月10日に行われた「フィリピン】日比経済協力60周年イベントに、国内外から豪華ゲストが参加」と言う記事が、NOAHコイン購入者さんたちの中で話題沸騰しているようですね。

この、イベントの記事で「Nippon Payがノアコインとの提携」となっていることが、大きく期待を膨らませているようです。

ところが、グノシー・Infoseek・Nifty・exciteの記事を見てみると、全く同じ内容(コピーペーストされた)の記事が出ているではありませんか?

これは、各社が「独自で取材した記事ではない」と言う事にほかなりません。

グノシー⇒https://gunosy.com/articles/R1p5i

Infoseek⇒https://news.infoseek.co.jp/article/globalnewsasia_4397/

Nifty⇒https://news.nifty.com/article/world/worldall/12137-4397/

excite⇒http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170613/Global_news_asia_4397.html

おーっと!」なんと元記事なるものがありました。配信日時:2017年6月13日 12時52分 [ ID:4397]

GlobalNewsAsiaさんが投稿した記事だったんですね⇒http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4397&country=12&p=2

海外取引所に上場」に関する記事は⇒こちらから

「NIPPON PAY」について調査

今回は、上記事の中で取り上げられた「NIPPON PAY」について調査してみました。

NIPPON PAY」で利用できると言う事は「タダNOAHコインが使える」と言う事だけで、前回の「海外取引所に上場」で解説したのと同じで、NOAHコインの価値が無ければ高騰はあり得ない。

先日6月10日に行われた「【フィリピン】日比経済協力60周年イベントに、国内外から豪華ゲストが参加」と言うイベントも「NOAHコインの戦略や技術的な発表など、高騰する要因は知らされなかった」と言われています。

BTCdreamは「これまで以上に怪しさが増した」と感じていますが、世間様は反対のようですね。

「NIPPON PAY」は単なる決済手段

まず、必要なことは「NOAHコインがシステム的に世の中に受け入れられるか?」と言うことです。

NOAHコインを購入された方が望むのは、価格高騰、泉忠司氏も絶賛することでもお分かりかと思いますが、全ての購入者が「億万長者になれる」と信じているはずです。

ところが「NIPPON PAY」で利用可能になることだけで、億万長者になることはあり得ません。

NOAHコインが使える」と言う事で、信頼性がますと思われるかもしれませんが「NIPPON PAY」は単なる決済手段です。

例えば、あなたが買ったNOAHコインが海外取引所で取引開始されたとして、なんの戦略もないまま上場しても、前回の記事のように買い手が現れません。

ズルズル下落し、1NOAHコインが0.001円になるなんてこともあり得ます。

となると「あなたがお持ちのNOAHコインは幾らになりますか?」購入時に130%のNOAHコインを貰っても何の意味もありませんね。

でも「NIPPON PAY」で使えるんです、100円の缶コーヒーを買うのに10万NOAHコインを支払えば支払う店舗があればの話ですが。

泉忠司氏も「NOAHコインは充分な資金を集めた」と言っています、最初は力ずく(お金をまいてでも)支払いができる店舗っを取ってくるでしょうな。

まだまだ販売しなければなりませんからね。

残りのプレセールスケジュール

第3期プレセール予定:2017年7月24日~10月1日

アジア全体でプレセール販売

第4期プレセール予定:2017年12月11日~2018年4月3日

世界全体でプレセール販売

一般公開:2018年6月12日

ところで、NOAHコインって「技術的な面の公開はしていないのではないのでしょうか?

ビットコイン・イーサリアム・リップルと言ったメジャーコインでさえ、取引が開始されて1年以内に高騰することはありませんでした。

どのような技術で世の中に出回るのかもわからないのに、何故初めから決まった率の利息で配当が約束できるのでしょうか?集まったお金があるからできるのでしょうか?危険ではないのでしょうか?

泉忠司氏のLINEでは、以下のように書かれていた。

とどんな壮大なビジョンやミッションがあっても、お金が無ければ全くビジネスが動き出しません。
何故ならばお金が無いと人が集まらないからです。
その点ではこのNOAHプロジェクトは沢山の人を動かすだけの資金が、もう十分集まっているのです。



この言葉を、NOAHコイン購入者はおそらく、今回のイベントのような「豪華ゲストを呼び、NOAHコインを信用させることに使われていると考えるだろうか?

このようなニュースが入るとさらに購入者が増え、思うつぼなのだが?

とにかく分かって頂きたいのは、仮想通貨(暗号通貨)と言うものは、世の中に必要なものであれば高騰するし、必要のないものは消えてなくなるのです。

先程の「NIPPON PAY」で利用可能になったとして「海外取引所で取引が開始」されても、欲しい人がいなければ投げ売りするしかありません。

また、本当に泉忠司氏が言っているように高騰するのであれば、海外取引所で取引が開始されてからでも間に合うと思います。

ですが、考えてもくださいね、NOAHコインの話は政府にも入っているはずですね、フィリピン大使館が騒動になったのですから。

本当に泉忠司氏が言う事が本当なら「日本国政府に購入してもらうのが一番良いのではないでしょうか?」そうすれば、1,000兆円の借金を返すことができるはずですね。

何故、我々一般国民に救いの手を差し伸べるのでしょうか?

NOAHコインが流通しないことが分かっているからではないでしょうか?

政府に流通しないNOAHコインを購入させるわけにはいきませんね。

NIPPON PAYを調べてみました

受付窓口が「株式会社IT経営ワークス」となっているので、アクセスしてみた。

株式会社IT経営ワークスの【本社】【大阪支社】を調べた結果が以下の通り。

【本社】

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942

バーチャルオフィス 南青山. 青山一丁目駅5番出口徒歩1分のバーチャルオフィス。

月額会費2,835円より。

住 所, 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山ビル9F. アクセス, 「青山一丁目」駅 5番出口 徒歩1分. 営業時間. 定休日, 年中無休.
月額3,150円~(法人登記可)
バーチャルオフィス南青山 ブログ⇒こちらから


【大阪支社】

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-10-5 南船場SOHOビル702

住所を調べてみたら「ワンストップビジネスセンター大阪心斎橋の格安レンタル会議室のご紹介」と出ました。

そして「ワンストップビジネスセンター」の会社概要は、以下の画像の通り。

共に、レンタルオフィスで、月数千円で利用できるようでした。

最後に

この記事は、BTCdreamが個人的に書いた健忘禄です。

BTCdreamは、最初からずっとNOAHコインが高騰するとは決して思えませんでした、今回の「NIPPON PAY」との提携は、本来なら大きなニュースでしょう。

ですが、NOAHコインが使える前の段階(どのように優れたコインなのか?)が明確でない為、到底流通するとは考えられません。

そして「NOAHコインに関わった全ての方達が、全て億万長者になるなんてことはあり得ない」と考えられます。

第3期プレセール予定(アジア全体)・第4期プレセール予定(世界全体)と言っていますが「全て日本でセールされるのでは」と考えています。

あなたのNOAHコイン購入の妨げになっても当サイトは何の責任も負えません、あなたの将来に間違いの無い判断をされることを祈ります。