【最新情報】
友だち追加

NOAH・ASECコインなどの危険コインとICOでプレセールされる新興仮想通貨の違い



現在、NOAHコインが第2期・ASECコインも販売を開始していることから、訪問客様から多くの質問が届いています。

ここでは、前回解説していなかった購入方法を、ICOでプレセールされる新興仮想通貨MobileGoINTcoinを取り上げて解説します。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

ICOとは?

まだ上場されていない企業が、株式を証券取引所に上場し株式を販売するときに使われるIPOと言う言葉はご存知でしょうか?

この新規株の上場(IPO)にちなんで「新規仮想通貨がこの世に出回ることをICO」と言います。

本日6月4日こちらの記事⇒Ripple高騰「予言」が何故当たるのか?Rippleより高騰する仮想通貨とは?で記載させて頂いているセミナーに参加してきました。

当サイトからもお約束の3名のみ参加し「本当にこんなことが起こるのだったら早く行動を起こさないとやばいですね、ありがとうございました」とお礼を頂きました。

次回の13日のセミナーの予約はまだ頂いておりませんので、気になる方は、是非LINEに友達申請しお申し出ください。

さて、このセミナーで新興コイン(仮想通貨)がプレセールされるときの注意点を話されていました。

それは、販売方法です。

MobileGoとINTcoinの販売方法の共通点

まず、以下の2つの画像をご覧ください。

MobileGo



MobileGoの販売に対する画像ですが、赤い枠で囲んだところ「以下のコインでの購入が可能」でありました。

・Total BTC Raised:9,933.7501

・Total Ether Raised:34,611.9654

・Total GameCredits Raised:6,692,539.0738

・Total Waves Raised:1,578,729.2264

・Total Antshares Raised:136,487.0000

上記コイン数は、MobileGo購入に送金された結果です。

INTcoin



INTcoinの販売に対する画像ですが、赤い枠で囲んだところ「ビットコインでの購入」が可能です。

どちらも、仮想通貨だけでしか購入できません。

新興コイン(仮想通貨)はプレセールされるときは、このように「仮想通貨で販売されなければならない」と言うわけです。

法定通貨で購入できる新興仮想通貨は詐欺?

どう言う事かと言うと、BTCdreamでは日銀の黒田総裁が「紙幣がなくなる日も見据える」としている。



※この記事は、日経新聞電子版で観覧できます(無料・有料)登録が必要です。

また、麻生副総理は「金融はフィンテック時代へ」と申していました。

これは画像の記事からもお分かりの通り、日本だけではなく世界各国が動きを見せている事実です、実際世界の金融を引っ張るオランダでは2018年に紙幣が無くなりeークローネ」と言う電子貨幣に変わります。

このことは、新規仮想通貨を発行する運営側は熟知しており「貨幣価値の無くなる通貨で販売することはあり得ないと」と言われていました。

では、NOAHコインASECコインはどうでしょうか?

NOAHコイン・ASECコインの販売は?

NOAHコイン

ASECコイン



NOAHコイン・ASECコイン共に円で購入することになっていますね。

フィリピン・タイと言う東南アジアの国を救う」と言うコンセプトの両コインが、何故か円で購入できますね。

せめてドルでの購入ならわかりますが「日本人用に作られたものだ」と思うのはBTCdreamだけなのでしょうか?

ASECコイン:「タイ国内の事業コストを削減する通貨として、普及・流通が予定されています」・「日本は金融サービスが充実しているので仮想通貨はあまり必要とされておりません」と記載されていますね。

予定されています」と言う事は、決定ではありません。

仮想通貨はあまり必要とされておりません」とされていますが、今日本ではメガ銀行・政府とも法定通貨を仮想通貨に変更する準備を行っております「必要でないのに準備しているのでしょうか?」。

NOAHコイン・ASECコインなど新興仮想通貨で詐欺を行おうとする運営者は、あなたに購入して頂くために様々な言葉を駆使しています、分からないことがあればお気軽にお問合せ下さい。

最後に

あなたは、現在流通している仮想通貨が「世界で通用する仮想通貨でなければならない」と言う事がお分かりですか?

NOAHコインの場合、BTCdream8年間フィリピンで生活していたこともあり、友人知人に聞いてみたところ、ノアシティーのことは誰も知りませんでした。

仮に、ノアシティーができたとしてノアシティーでの利用と送金で使うだけで、世界に浸透するのでしょうか?

例えば、NOAHコインがフィリピンの「e-通貨」となったとして、そんなに高騰するのでしょうか?

BTCdreamでは、このような新興仮想通貨の質問に対し、当サイトで解説しているようにBTCdreamの見解を伝えております。

しかし、もしこれらの新興仮想通貨がこの世に出回ることがあれば、質問された方々の利益を損なう事になります。

最後の決定は自己責任で行う必要がありますが、当サイト訪問者様が詐欺の被害に遭わないことを願っております。

現在、当サイトを訪問されている方は仮想通貨に興味がある方だと思います、この機会に仮想通貨を学習しておくことは、あなたのこれからの人生に大きな影響を与えてくれます。

あなたの人生を変えるセミナー⇒こちらから

※以下の画像のようなページが表示されるので「きな臭い」「詐欺だ!」なんて思うかもしれませんが、セミナー費用初回5,000円・2回目以降1,000円が必要なだけですし、2部構成となっており1部が終わった時点で気に入らなければ5,000円(返金保証)を返してくれます。



※セミナーには、バックエンドとして30,000円の会員登録Ripple20%が含まれます)がありますが、この場でサインすることもできませんし、後日登録しようとしてもあなたから申し出ないと登録さえできません。

ちなみに、この情報で当サイトの訪問客様に大変喜んでいただいているBTCdream30,000円の会員登録Ripple20%が含まれます)をしようとしましたが、登録方法さえ告げられないので、登録するために大変苦労しました。

セミナーを聞いてみたいなら「何の心配もなく参加できる」と言う事です。

もし仮に、強制されるようなことがあれば、当サイトに連絡頂ければ対処させて頂きます。

あなたの人生を変えるセミナー⇒こちらから