【最新情報】
友だち追加

COMSA(CMS)をMyEthWalletで受け取る準備-カスタムトークン設定方法



COMSAのICOに参加された方は、CMSトークンを以下の3つの方法で受け取ることが可能です。

・Zaif取引所口座で受け取る

・Nano Wallet(XEM : mosaic)で受取

・MyEtherWallet(ETH : ERC20)で受取

※他にも、ERC20対応のウォレットで受取可能です。

今回は、MyEtherWallet(ETH : ERC20)で受け取る場合の準備方法ログイン~カスタムトークンを設定方法)を解説します。

正直、MyEthWalletを扱うのは少し面倒です、しかし大事な資産を守るためにはセキュリティー面で優秀なMyEthWalletを活用するのは有効ですし、ICOでトークンセールに参加されるなら必須のWalletと認識し、使い方を覚えておきましょう。


MyEtherWallet(ETH : ERC20)で受取

まず、MyEtherWalletのダッシュボードを表示させます。

赤い枠で囲んだ「Ether/トークンの送出」をクリックします。

画像のように、赤い丸の所( Keystore / JSON File ?)に「✔」を入れると、次のように「お財布ファイルの選択」と表示されますので、赤い枠で囲んだ「お財布ファイルを選択」をクリックします。

ファイル選択画面が表示されます、UTCから始まるファイルを選択すると、次の画像のように「パスワードを入力」するところが表示されます。

MyEthWalletを作成(作成方法解説)した際に「UTC–2017-06-XXXXX-18-43・・・・・」と言うファイルをダウンロードしているはずです。

「パスワードを入力」すると「アンロック」と表示されますので、クリックしましょう。

これで、ウォレットに入りました。

MyEthWalletの受信アドレスを登録

COMSAのダッシュボードに、MyEthWalletの受信アドレスを登録します。

右上の「アカウントアドレス」が「受取用アドレス」です、これをCOMSAのダッシュボードに登録します。

※11月中旬ころから受け取りが始まります、まだ受信アドレスの登録は始まっていません。

カスタムトークンを設定方法

COMSAよりMyEthWalletで受け取る為の情報が送られてきます。

・アドレス:例:0x・・・・・・・・・・・・・・・・・・F212

・シンボル:CMS

・ケタ数:8(未確定)

この情報をもとに、カスタムトークンを設定します。

と入力して「保存する」をクリックしてください。

画像のように「0」「CMS」と表示されれば、受取準備はOKです。

MobileGoをカスタムトークン設定した時の解説をしています⇒こちらから

MobileGoの時は次の画像のようなメールが届きました。

最後に


MyEthWalletは、様々なイーサリアムを使ったICOトークンを受け取る(カスタムトークンを設定する)ことができます。

この機会に、ログイン方法や受信設定を学習しておきましょう。

・Nano Wallet(XEM : mosaic)作成方法⇒こちらから

・MyEtherWallet(ETH : ERC20)で受取⇒こちらから