【最新情報】
友だち追加

LISKがBitFlyerの上場?アルトコインの仕手戦Coincheck大丈夫?


仮想通貨のLINEグループでは、アルトコイン(草コイン)の値上がりをシグナル配信(仕手戦)良く見受けられますね。

BTCdreamトレード(短期売買)をおススメ・シグナル配信をしない理由は、誰でも同じ結果を出すことができない事です。

※長期保有の場合:運用資金の違いこそあれ、誰でも同じ割合で資産を増やすことは可能です。

LISKがBitFlyerへ上場?

先日から、いくつかのLINEグループでLISKをススメているのを確認しました。

その理由は「BitFlyerへ上場か?」と言う事のようです。

LISKは、プロジェクトもしっかりしており、時価総額も17位(2017年12月29日現在)と信頼される仮想通貨に位置付けされています。

※時価総額が高ければ信頼されるわけではありません。

ですが、BTCdreamがおススメしている「ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム・ビットコインキャッシュ」のように右肩上がりで高騰し続ける要因はまだ整備されていないと考えられます。

では、本当に「BitFlyerへ上場されるのか?」と言う事について解説します。

金融庁が認めた仮想通貨

現在、LISKは金融庁が認めた仮想通貨「ホワイトリスト」には含まれない可能性があります。

※実際に「ホワイトリスト」と言う取り扱い可能な仮想通貨を金融庁が定めているわけではありません。



含まれない可能性」と言うのは、LISKCoincheckのみ取り扱っており、Coincheckが仮想通貨交換業者登録できない原因がどこにあるのかが分からないからです。

Coincheckのみが取り扱っていいる仮想通貨(アルトコイン)は、

・リスク(LSK)

・オーガ(REP)

・ファクトム(FCT)

・モネロ(XMR)

・ジーキャッシュ(ZEC)

・ダッシュ(DASH)

巷では、この中の「モネロ・ジーキャッシュ・ダッシュ」が匿名通貨となり「Coincheckの仮想通貨交換業者登録されないのだ」と言われています。

となると、LISKは認可が下りる仮想通貨の可能性もあります。

以前投稿した記事にありますように、Coincheckがこれらの匿名通貨の取り扱いを辞めるか、仮想通貨交換業者登録がされないまま廃業になるのかという瀬戸際ですね。

Coincheckコインの対処法|金融庁は何故?ホワイトリストに載せない?

「ホワイトリスト」

現在「ホワイトリスト」とされている仮想通貨は、以下に示す19種類です。

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・ETC(イーサリアムクラシック)

・BCH・BCC(ビットコインキャッシュ)

・LTC(ライトコイン)

・MONA(モナコイン)

・XRP(リップル)

・Zen(ゼン)

・XEM(ゼム:ネム)

・XCP(カウンターパーティー)

・ZAIF(ザイフ)

・SJCX(ストレージコインエックス)

・PEPECASH(ぺぺキャッシュ)

・FSCC(フィスココイン)

・CICC(カイカコイン)

・NCXC(ネクスコイン)

・QASH(キャッシュ)

・BCY(ビットクリスタル)

・CMS(コムサ)

実際に仮想通貨交換業者登録される業者が取り扱っていないと判断できません。

ですので、LISKを金融庁が認めるには、Coincheck以外の仮想通貨交換業者(新規含む)がLISKの取り扱いの申請を出す必要があります。

となると、BitFlyerLISKを申請し新たに取り扱い可能な通貨として登録される可能性があるわけです。

最後に

今回のLISKに関しては「BitFlyerへ上場」されれば、思わぬ高騰の可能性もあります。

ですが、短期売買(トレード)はいつも同じ結果を得られるとは限りません。

BTCdreamがおススメしている「ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム・ビットコインキャッシュ」は昨年当初から持ち続けていた場合、以下のような結果となっています。

特にイーサリアム・リップル・ネム・ビットコインキャッシュは、まだ完成したわけではなく、これから非本格的に利用が開始されます。


損失リスクのある短期売買(トレード)をするくらいなら、ICOに参加して少額資産を増やすことに専念することの方が有効と考えます。

あなたも、いくつかのLINEグループに参加されているかもしれませんが、管理者の意図が「本当にあなたの利益を願うものなのか?」よくお考えの上売買してくださいね。

また、短期売買(トレード)の場合雑所得としての税金がかかります。

引用:No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

短期売買(トレード)で稼げたとしても、このような税金を支払う必要があり、長期保有のメリットは保有している限り税金がかからないと言う事です。

今回は、たまたまLISKと言うまだ金融庁が許可していない仮想通貨が目に留まり解説しましたが、他のLINEグループでは様々な時価総額の少ないアルトコイン(草コイン)が高騰する情報などと配信しているようですが、仕手戦に巻き込まれ損失を出さないようお気を付けくださいね。