【最新情報】
友だち追加

LedgerNanoSでRipple保管|アプリインストール・送受信方法を詳しく解説



まず、初期設定が終了していると前提してRippleを送受信する方法を解説します。



まだ、LedgerNanoSの初期設定をされていない方は、以下より設定してください。



LedgerNanoSコールドウォレット|誰でも分かる初期設定を詳しく解説⇒こちらから

また、「シリアル番号」をオーナー登録しておく必要があります。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

RippleをLedgerNanoSで送受信する方法

まず、LedgerNanoSは最初「Bitcoin」と「Ethreum」しかデバイス上にありません。



Ripple及び他のアルトコインを扱うには、デバイスにアルトコイン用のアプリをインストールしなければなりません。

Ripple用のアプリをインストール(本体)

Ledger社の公式サイト/ウォレットのページ⇒こちらから

赤い枠で囲んだ「LedgerNanoS」をクリックします。

赤い枠で囲んだ「Install App maneger」をクリックします。

Chromeの拡張機能に「Ledger maneger」を追加します。

アプリを追加」をクリックします。



Chromeの左上にあるアプリマークをクリックすると、インストールされた「Ledger maneger」を確認できます。

Ledger maneger」をクリックします。

Ripple」の「」をクリックするのですが、その前に「LedgerNanoS」の「PINコード」を入力しロックを解除しておきましょう。



Ripple」の「」をクリックすると、LedgerNanoS端末に「Allow Ledger maneger?」と表示されます。

画像のように、チェックマークがある方のボタンを押します。

画像のように「Ripple」が追加されました。

次に、アプリをインストールします。

Ripple用のアプリをインストール(PC)

Rippleを送受信するアプリインストール⇒こちらから

少し下にスクロールし、青い枠で囲んだ「Ledger Wallet Ripple」をクリックします。

GET THE APP」をクリックしアプリをダウンロード。

画面下にスクロールしますので「DOWNLOAD」をクリック。



パソコン画面左下にセットアップのダウンロードが開始されます。

インストールが終わりましたら、アプリを起動しましょう。

RippleをLedgerNanoSで送受信

RippleWalletアプリを起動

先程ダウンロードしたフォルダーに「ledger_wallet_ripple」がありますのでクリックします。

LedgerNanoS」に「PINコード」を入力し接続。

左右のボタンを操作し、リップルを選択します。

すると、RippleWalletアプリが開きます



Rippleを送信する方法

画像に示したように、必要事項を入力し「SEND」をクリックすればOKです。

Rippleを受信する方法



赤い枠で囲んだ「アドレス」をコピーして送信先に貼り付けるか、緑の枠で囲んだ「QRコード」をスキャンして送信してください。



青い枠で囲んだところは「メールアドレス」・「印刷して使う場合」にこの画面を送信することができます。

これで、Rippleを安全に保管することができます、お疲れさまでした。