【最新情報】
友だち追加

ICO初心者の質問|ICOでトークンを購入する方法|仮想通貨購入~送金



BTCdreamでは、ICO案件を紹介することが多くなりました、これは日本人が簡単に参加できる環境が整った(以下の記事で確認できます)ことが大きな理由です。

≪合わせてお読み頂けると理解が深まります≫

1.最新ICO情報!ICO専門CryptoClickAffiliate・COMSA上のICO⇒こちらから

2.最新ICO情報!おススメの現在参加可能ICOまとめ|実ビジネスをトークン化⇒こちらから

3.少額資金(お金が無い)で始める仮想通貨で資産を増やす方法・シミュレーション⇒こちらから

※特に3.の記事では、ICOがどの程度高騰しているのか確認できますね。

では、訪問者様からの質問で多かった「ICOに参加するにはどうすれば良いのでしょうか?」について解説します。

★ 目次 ★
1.仮想通貨(主にBTC・ETH)を保有する
2.ICO案件の探し方
3.ICO案件の参加方法
 3.-1.CryptoClick編(MOOVER)
 3.-2.e-Chat編
 3.-3.MyEthWallet編
4.取引所やウォレットから送金する方法
 4.-1.Coincheckの場合
 4.-2.Zaif取引所の場合
 4.-3.MyEthWalletの場合
5.最後に

仮想通貨(主にBTC・ETH)を保有する

まず、ICOに参加するにはビットコインかイーサリアムを保有していることが前提となります。

ICOによっては、Bitcoin Cash(BCC/BCH)・ Ethereum Classic(ETC)・Ripple (XRP)・ Litecoin (LTC)・Waves (WAVES)などのコインで参加できるものもありますが、基本的にビットコインとイーサリアムがあれば参加できます。

ビットコインとイーサリアムを購入するには、取引所(Exchange)の口座を開設する必要がありますが、日本円を仮想通貨に交換するなら、やっぱり日本の取引所ですね。

その中でも一番簡単に使える取引所は、Coincheckになります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



ですが、BTCdreamが紹介するICOは必然的にCOMSA上で行われるICOが多くなります、そうなるとZaif取引所の口座開設が有利ですね。


※注意!Coincheckは仮想通貨同士の交換手数料がZaifやBitFlyerに比べ高くなっています、仮想通貨を購入しICOに参加するだけなら有効ですが、売買をするならあまりおススメしません。

Coincheck・Zaif・BitFlyerなどの取引所を開設することで、仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム)を保有出来ます、次はICO案件を探します

ICO案件の探し方

3.の記事で、ICO案件のほとんどが高騰していることを記載しました、ですが現在のICO案件は数百もあるとされており、この中から優良ICOを選択することは困難です。

ここで、BTCdreamが紹介するICO案件があなたのお役に立てます。

1.の記事で記載させて頂いている通り、CryptoClickAffiliate・COMSA上のICOなら日本語対応ができており、初めての方にも関わりやすくなっています。

BTCdreamが、今後発信するICO案件は、CryptoClickAffiliate・COMSA上のICOがメインとなりますので、安心して参加できると思います。

※「優良ICOを探す方法|おススメICOは取引所に上場されるか?で分かる」として解説している通り、ICO案件を探す方法として「取引所の選び方」は重要です、ここでは解説すると長くなりますので⇒こちらから

3.ICO案件の参加方法

3.-1.CryptoClick編(MOOVER)


CryptoClick編としていますが、COMSA上のICOに関しても同じとお考え下さい。

ICO案件の参加方法は実に簡単です、ICO案件に事前登録するとあなた専用の「Dashbord」にログインできます。

例えば、現在行われているMOOVERのICOに参加するには「Dashbord」にログインします。

MOOVERのICOに参加する⇒こちらから

サイドバーに「トークン購入」とありますのでクリックします。

トークン計算機」が表示されます。

緑の枠の所に、あなたが購入予定の「ビットコイン数」を入力しますと「MOVE」の数量・「USD」が自動で表示されます。

・「MOVE」の数量を入力しますと「ビットコイン数」・「USD

・「USD」を入力しますと「ビットコイン数」・「MOVE」の数量がそれぞれ自動で表示されます。

赤い枠で囲んだ「送金先アドレスを取得する」をクリックすると「ビットコイン数」「送金先アドレス」が表示されていますので、あなたが保有しているウォレットか取引所に貼り付け送金するだけです。

MOOVERCryptoClickAffiliateからの案件ですので、日本語表記で分かりやすくなっていますが、CryptoClickAffiliateCOMSA上のICO以外のICOに参加する場合英語表記しかない場合が多く、日本人には難易度が高くなっています

3.-2.e-Chat編


例えば、e-ChatのICOに参加するには「Dashbord」にログインします。

e-ChatのICOに登録する⇒こちらから

Dashbord」にある以下の画面に、あなたが購入予定の「ビットコイン数」を入力しますと「ECHT」の数量・「ECHT」の数を入力しますと「ビットコイン数」が自動で表示されます。

実質は、同じように「送金先アドレス」と「仮想通貨の数量」を入力し送金するだけですが、英語表記と言うだけでもかなり困難と考えてしまいますし、中には分かりにくいサイトもあるので注意が必要です。

3.-3.MyEthWallet編

昨今のICOは「ERC20」が取り扱えるウォレット「MyEthWallet」などからしか参加できない案件も多くなっています。



例えば、人気案件となっている「IndaHash」の場合はその例です。

IndaHashのICOに参加する⇒こちらから

MyEthWalletからIndaHashのICOに参加する方法を分かりやすく解説⇒こちらから



今後ICOに参加するなら「MyEthWalletを作成するのは必須だ」と言う事はお分かり頂けたと思います。

MyEthWallet」を作成する方法を記載していますので、作っておきましょう⇒こちらから

4.取引所やウォレットから送金する方法

4.-1.Coincheckの場合


送金先リストの編集」をクリックします。

画像のように「新規ラベル→MOOVER」・「新規宛先→アドレス」を入力し「追加」をクリックします。

緑の枠で囲んだところに、先ほど設定した「ラベルとアドレス」が表示されますのでクリックし「送金ビットコイン数」を入力し「送金する」をクリックします。

4.-2.Zaif取引所の場合


Zaif取引所にログインしましたら「アカウント」→「ビットコイン」→「出金」と進みます。

画像のように、緑の枠の所に「送信先のアドレス」赤い枠の所に「送金ビットコイン数」を入力し、必要に応じて「出金手数料」と「2段階認証トークン」入力し「出金」をクリックします。

※Zaifの出金手数料は、設定をしないと一律0.0005BTCとなります。

※2段階認証トークンが設定されている場合は、入力が必要です。

4.-3.MyEthWalletの場合


前項の記事で詳しく解説しています。

MyEthWalletからIndaHashのICOに参加する方法を分かりやすく解説⇒こちらから

「MyEthWallet」を作成

MyEthWallet」を作成する方法を記載していますので、作っておきましょう⇒こちらから

5.最後に


ここでは、ICOに参加する為に仮想通貨(ビットコイン・イーサリアムなど)を保有することから取引所やウォレットから送金する方法を解説しました。

ICOには魅力がありますがICOを謳ったポンジスキームプロジェクトが存在しないICOもありますので十分注意してください、BTCdreamが紹介するCryptoClickAffiliate・COMSA上のICOに参加し、資産を増やすことにチャレンジしてみませんか?

次回は、優良ICOを探す方法|おススメICOは取引所に上場されるか?で分かる取引所の選び方」を解説します。