【最新情報】
友だち追加

HYIP(高配当投資)って危険・詐欺じゃないの?理解しておく注意点?

HYIP(High Yield Investment Program)とは?


日本では「高配当投資」又は「高収益プログラム」と呼ばれています。

通常では考えられない、日利3%~10%などという案件や1時間1%30日で8,000%など「何が何だか分からないようなバカげた案件」まであります。



BTCdreamと紹介者で調査している段階で「90%以上が危険・詐欺サイト」と位置づけされるのが殆どでした。


このような危険・詐欺サイトは、先ほど上記載した高配当で出資をあおり、資金を集めます。


ネットに不慣れな方や危険・詐欺サイトとしての認識が足りない方たちが、高配当につられ出資してしまいます。


冷静に考えれば、こんな配当を出し続けることは不可能。


ですので、サイトが立ち上がったと思ったら、数日で「飛んだ~」なんてことが頻繁に起こっています。


運営者側の意図は分かりませんが「長期運営されることはない」と言えるでしょう。


それは意図的でなかったにしろ、このようなバカげた配当では資金が滞ってしまうのは明らかで「サイト閉鎖を余儀なくされることもある」と言う事です。


ですので、ネット上では「危険・詐欺サイト」として騒がれることとなるのです。

BTCdreamが何故HYIP(高配当投資)を運用するのか?


まず、前述したように「90%以上が危険・詐欺サイト」であるにもかかわらず「1年~6年と言う長期運営されているサイトがある」と言う事を伝えておきます。


ここで重要なことは「HYIP(高配当投資)は詐欺だ」と認識しておくことです。


HYIP(高配当投資)は詐欺だ」と認識した上で運用を行うのです。


あなたは何故「詐欺なのに運用するのか?」と思われますよね。


ですが、よくよくお考え下さいね。


当然、運営側はお金を集める為、配当を出金させ出資者を安心させなければなりません。


そうなると「日利3%~10%や1時間1%・30日で8,000%」などと言う案件でも、1ヶ月や2か月運営する必要があります。


また日利息3%以下の案件となると、さらに長期間運営を行わないと資金が集まらなくなります。


BTCdreamは、ここを狙って運用します。

HYIP(高配当投資)に変化が出始めた今がねらい目?


HYIP(高配当投資)がネット上に出始めたころは、全くの詐欺サイトであっても資金を集めることは可能でした。


ですが、ダマされた有志たちが立ち上げた、コミュニティーやSCAM(詐欺)監視サイトが出来上がり、資金集めだけを行うサイトはどんどんなくなってきています。


BTCdreamが行う「HYIP(高配当投資)運用」は、そんな中でも資金を集めるだけのサイトではなく、実際に事業を行っていると思われる、HYIP(高配当投資)では比較的低金利の案件のみを調査したうえで運用しています。


このような、HYIP(高配当投資)では比較的低金利の案件となると、実際に資金を集めようとしてもすぐには集まらずある程度長期運営されることとなります。

BTCdreamが運用する案件なら大丈夫?


HYIP(高配当投資)は詐欺だ」と言う事には変わりありません。


しかし、HYIP(高配当投資)で日利息2%以下となると、HYIP(高配当投資)だけでなく、通常の投資先として実際に存在します。


BTCdreamが運用する案件なら大丈夫?」と考えるのではなく、分散投資・リスク管理を行う事で、あなたが投資した資金をできるだけ安全にすることが必要です。


BTCdreamが運用するHYIP(高配当投資)案件は、500円~3,000円程から始めることが可能です。


BTCdreamが運用する案件が「全て安全」なんてことは言えません。


投資は自己責任です。


しかし、何も知らないままHYIP(高配当投資)を行う行為は、あまりにも危険すぎます。


BTCdreamが運用する案件で、最低限のリスクを回避することは可能ですので、ぜひ活用してください。


本来は最低資金での運用はおススメできませんが「本当に稼げるのか?」を確認する手段としては有効です。

低所得者(BTCdream含む)でもできる投資案件


投資と言われると株式・不動産などが頭に浮かぶでしょう。


これらの投資には、それなりの資金が必要なことはお分かり頂けますね。


また、株式・不動産にしても「安全か?」と言われると「安全」とは言えません。


詐欺」とは言えないまでも「危険な投資である」ことは間違いありません。


株式・不動産なども同じで「投資を行う際は全財産を投資する」と言う行為は、絶対に行ってはいけません。


全財産を投資してしまうと、委縮してしまい冷静な判断ができなくなります。


最悪の場合はすべてなくなる」という認識を持てない資金なら投資してはなりません。


要は「あなたの余剰資金で取り組む必要がある」と言う事です。


となると、HYIP(高配当投資)は「500円~3,000円程から始めることが可能」でしたよね。


株式・不動産などと比べると、比較にならないくらいハードルが低いのです。


後は、いかにして安全に運用するかにかかってきます。

HYIP(高配当投資)案件は、稼げるのでしょうか?


あなたも「HYIP(高配当投資)案件は稼げるの?」と思われるでしょう。


ですが、BTCdreamの紹介者が毎月数百万を稼いでいる通り「HYIP(高配当投資)案件は稼げる」と言う回答が真実です。


信じるも信じないもあなた次第です。


また、BTCdreamが実際に、HYIP(高配当投資)で稼ぐ様は、随時こちらで報告していますので、いつでも確認いただけます。


BTCdreamが比較的安全と考える案件でさえ、日利息1%~2%なんですよ。


稼げるのは明らかですよね。


HYIP(高配当投資)日利息1%~2%を複利で1年間運用するシミュレーション


このへんの感覚は「パチンコ・公営ギャンブルと同じような依存症と言えるでしょう?


・朝起きたら、サイトが閉鎖された。

・配当が引き出しできなくなった。

などとの境目にいる緊張感が、このHYIP(高配当投資)の楽しみでもあります。


それでも、パチンコ・公営ギャンブルとは違い、上シミュレーションでもお分かりのように、莫大な資産を構築する可能性は充分あります。

HYIP(高配当投資)案件は、タイミングが命


BTCdreamが運用する案件なら大丈夫?」と言うタイトルの記事に「本来は最低資金での運用はおススメできません」とありましたね。


HYIP(高配当投資)案件は、タイミングが命」と言うように、運用を開始した時点で稼ぎが決定されます。


例えば、

1.初期資金1,000円を投入し2ヶ月運用したら(日利息2%=20円X60日)の場合:

2,200円があなたの手元に戻ります。

そして2回目の投資を、安全確認できたからと言って10,000円を投資。

1週間でサイトが閉鎖された。

となると、最初の1,200円+2回目の1週間分10,000円X2%X7=1,400円=2,600円。

あなたの自己資金10,000がマイナスになり2,600円が残ります(-7,400円)。

2.初期資金10,000円を投資していた場合:

22,000円があなたの手元に戻ります。

そして2回目:同じ10,000円を投資。

1週間でサイトが閉鎖された。

となると、最初の12,000円+2回目の1週間分10,000円X2%X7=1,400円=13,400円。

あなたの自己資金10,000がマイナスになり13,400円が残ります(3,400円)。

このようにプラスマイナスの逆転が起こることもあります。


ですので、理想は初期投資を十分に行い、最初の投資で元本の元を取ることを重要視します。


2回目以降は、すでに自己資金ではなく利益を投資しての勝負となりますので、案件運営が行われる間利益を貰い続けることとなります。


要は、できるだけ早く参入して、できるだけ早く元本回数できるプランで勝負と言う事です。


やってみると分かると思いますが、結構楽しくはまってしまいますよ。


何といっても稼げる金額がヤバすぎる!


稼ぎもできない、パチンコや公営ギャンブルとは大違いです。

最後に


最後にもう一度言いますが、HYIP(高配当投資)は稼げます、しかし、無くなっても良い資金で行った場合のみです。


遊ぶお金がないなら、HYIP(高配当投資)を始めてはいけません。


HYIP(高配当投資)は自己責任で初めててください、BTCdreamの情報はあくまで実際に運用している報告です。


HYIP(高配当投資)案件の保証をするものではありません。