【最新情報】
友だち追加

HYIP(高配当投資)を分散投資して、リスクを最小限に抑える必要性

今回は、HYIP(高配当投資)を実践するにあたり、最も重要とされるリスク回避。

BTCdreamが行っている分散投資を、解説します。

BTCdreamが実際に体験した事例から、分散投資の重要性を解説しています。⇒ビットコインHYIP(高配当投資)で破綻を経験|もし分散投資していたら

BTCdreamが実際に行っている分散投資

下の表をご覧ください。



※1ドル=100円・1BTC=100,000円で計算しています。


BTCdreamでは、画像のように分散投資を行っています。


このように分散投資をしておくことで「まさか!」の時に、資金を全て無くすことを回避できます。


HYIP(高配当投資)と聞くと、日利息4%や7%なんて思われる方もいるかと思いますが。


BTCdreamも実際、マイナービズ3.6%・クリプトニウム4%を経験しました、しかしどちらも短期運営で終わってしまいました。


BTCdreamが運用している案件は、HYIP(高配当投資)としては1.5%~2%程の低利息ですが、長期運営が見込まれます。

30,000円から始めて運用が137,000円に


RightRiseは1月11日から運用しているが、マイナービズで全てを無くしたBTCdreamは、慎重に調査して運用を開始するようになりました。


その結果、他の6案件は全て2月に入ってからのスタートとなります。


で、すでに137,000円となっているのを見て、あなたは如何ですか?


「Referrals」ボーナスも含まれていますが、全く凄いと思いませんか?


たった2ヶ月ですよ。


このまま、7案件が長期運営したら、どんなことになるのでしょうか?


HYIP(高配当投資)日利息1%~2%を複利で1年間運用するシミュレーション


誰でも、日利息の高い案件に多くの資金を投資したくなると思います。


しかし「飛んだ~」なんて心配をしながらの運用は好ましくありません。


BTCdreamのように、信頼のおける2・3案件に重点を置き、他にも何件か運用をするのが分散投資をする基本です。

追加投資で、さらに利益増大を狙う


HYIP(高配当投資)は、追加投資は危険と考えるのが通常です。


ですが、RichmondBerks(リッチモンドバークス)は、すでに300%以上達成しています。


apex(エイペックス)</a>においては、400%以上を達成しています。


また、全体を通しても450%以上を達成していますすので、これから受け取る配当は積極的に追加投資をしていきます。


BTCdreamのように、元本さえ回収してしまえば、利益を貰い続けるだけとなります。


これって不労所得ですよね。


BTCdreamは、Plofileをお読み頂いた方ならお分かりと思いますが、決して特別な人間ではありません。


おそらくあなたより条件も悪く、資金も希薄だったと思います。

表の6案件をチョイスした理由

表の中でも、一番信頼を置いているのが、

1.RichmondBerks(リッチモンドバークス)


3月6日(東京)・3月8日(大阪)で公式説明会が開催されることで、に日本人の登録が急増すると考えられることと、日々進化するホームおページを見る限り、1年や2年で終わってしまうとは考えにくい。

2.SportArb(スポートアーブ)も、手堅い案件と言える。


こちらも、HYIP(高配当投資)とは思えないホームページの作りで、配当も利益の中から分配されるシステムなので、運営者側に負担がかからずサイト閉鎖(破綻)の必要が無いつくりと言える。

3.RightRise(ライトライズ)も固い案件だが、


日本人が多く参加していることからもこれからの伸びは緩やかになるだろうと判断している。が、まだまだ続くと考えられることからも、登録しておきたい案件だ。

4.X-Binary(エックスバイナリー)は、


130ドルのスタートで複利運用の為サイトを眺めるだけですが、自動でついたダウンのおかげで330ドルと膨れ上がっています。

自動でダウンが付くXB-100解説⇒X-binary(エックスバイナリー)XB-100予想外の展開の為シェアします

その他の3案件については、満期が近づいてきているので、払い戻しを体験してから、追加投資額を決めようと考えています。

5.palmills(パーミルズ))

6.apex(エイペックス)

7.Razzleton(ラズレトン)


直近の目標は、RichmondBerks(リッチモンドバークス)・SportArb(スポートアーブ)の2案件に、100,000円を投資することです。