【最新情報】
友だち追加

HEROのICO最新情報を受け取る方法!2月1日スタート上場取引所に登録

HEROのICOが巷で人気が沸騰しています!



2018年2月1日、DAY2トークンセールがスタートしますが、最新情報を取っておくと忘れないで済みます。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

HEROのICOの最新情報を入手する方法

HERO公式登録ページ⇒こちらから

事前登録をし「DashBoad」にログインすると、右下に「Don’t miss anything important」というNews Letterを受け取る設定をするとことがあります。

ここにメールアドレスを登録しておくと、最新情報が配信されます。

HEROをおススメする理由

HEROのホワイトペーパーをご覧いただくとお分かり頂けると思いますが、HERO(Web質屋「PawnHero」)は、フィリピンを始めとする東南アジアの発展途上国には欠かせない金融問題を解決するための事業です。

ホワイトペーパー⇒こちらから

既に、2014年からこの事業は始まっており、昨今のICOのように「プロジェクトが行われるのか?」と言う心配はありません。

前回記事に、以下の内容を記載しております。

・フィリピンの金融事情

・孫正義さんが出資するHERO

などを確認してください⇒こちらから

HEROのICOが終了したらどこに上場?

トークンが上場されるのは、間違いなく海外取引所です。

あなたはおそらく、PoloniexBittrexなど大手の取引所を思い浮かべるでしょう。

しかし、Poloniexは現在ICO案件は殆ど上場されておらず、セキュリティー強化で「KYCの登録をされない方は強制削除する」とされていました、ですので今から登録する必要はないと思われます。

Bittrexは多くのICO案件を取り扱っておりますが、現在新規登録を制限しており登録できません。

となると他の取引所となるのですが、急速に伸びてきたBinanceも、急速すぎて新規会員登録を制限し登録できなくなっていましたが再開されました。


ですが、1日に登録できる人数が制限されておりますので、今登録できなくても明日登録できるなんて事があります。

Binance公式登録ページ⇒こちらから


ここで、一躍注目されてきたのが、日本語対応がされており売買画面も見やすいKuCoin取引所です。

BittrexBinanceに登録できない以上、KuCoinに登録するのは必須です。

KuCoin公式登録ページ⇒こちらから

KuCoinの登録と2段階認証設定方法を解説⇒こちらから


他にも、

HitBTC公式登録ページ⇒こちらから

YObit公式登録ページ⇒こちらから

などにも上場される可能性があります、どちらも登録は簡単(約2分ほど)ですのでこの機会に登録しておきましょう。

最後に

HEROのICOは、日本でも数回にわたりミートアップが行われており、多くの人々や企業が注目しています。

Day2が始まると、アクセスが集中する可能性が高いでしょう。

購入可能な通貨⇒ETH、ETC、BTC、XRP、LTC、Waves

Waves以外は、Coincheckですべて購入することができますし、初めての方はCoincheckが一番簡単に使えますので、口座を開設しておきましょう。

Coincheck公式登録ページ⇒こちらから

Coincheck登録方法解説⇒こちらから

※プレセールは10ETHから投資でしたが、Day2以降の本ICOは少額からでも参加できます。

※トークンセールでは1トークン=0.005ETHの価格で、最大250,000ETHまで発行されます。

HEROのICOに参加する⇒こちらから

HERO【ICO】登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから