【最新情報】
友だち追加

FountainConnectのICO|寄付活動の不正を健全化|CryptoClick第3弾



CryptoClickが行うICOの紹介(第3弾)が、いよいよ1月12日より事前登録が始まります。

今回のFountainConnectは、公式ページを開いただけで参加を決定しました。

FountainConnect公式ページ⇒こちらから

FountainConnect事前登録公式ページ⇒こちらから

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

寄付活動への不信感

BTCdreamは、Profileをご覧頂いた方はお分かりかと思いますが、決して裕福ではありません。

しかし、フィリピンに8年間生活したこともあり、恵まれない人々を支援すること関しては、皆様より敏感になったと思います。

ですが、寄付活動の現状は日本にとどまらず、世界各国で様々な問題が発生しています。

ホワイトペーパーにもありますが、高額搾取事件を取り上げてもきりがないほどです。

元国連総会議長らが収賄で逮捕、米当局「常態化の有無を捜査」

ユニセフ職員 ケニア事務所で1,000万ドル超の不正利用が発覚

1億8,700万ドルを集めた慈善団体、支援に使わず

アーティストのワイ・クリフ 自身の慈善団体から900万ドルの不適切使用疑惑

挙げればきりがなく、善良な人々の好意が無碍にされ続けています。

こんな状況で、誰が寄付を行うと言うのでしょうか?

分かっているが助けたい

現在でも、ボランティア団体が駅周辺や各家庭を回って寄付活動を行っているのをよく見かけます。

ですが、このような活動をしている方でさえも、お金の使い道を理解されていません。

せっかく集まったお金が、病気で苦しむ幼い子供や住む家もない人々の為に使われることもなく、ただ私利私欲のために浪費されていることがほとんどです。

BTCdreamも分かってはいますが、毎月「国境なき医師団」に寄付をしています。

また、多くの募金者様も「本当に役に立つ使われ方をしているのだろうか?」と言う疑問を持ちながら寄付をしているのが現状です。

ブロックチェーンが変える世界観

ビットコインが世の中に出てから、ブロックチェーン技術により大改革が行われてきました。

ブロックチェーンは、一度記載された記録を改ざんすることがほぼ不可能な優れた技術です。

今回のFountainConnectのICOは、このブロックチェーンの特性を生かした「寄付活動の不正を健全化」を計る画期的な取り組みです。

例えば、

1日の募金を集計し台帳に記載・集まった資金の使い道を台帳に記載すると、後で書き換えができなくなります。



そして重要なのは、この資金の流れが誰でも観覧できてしまう事(透明性が高い)です。

ですので、使途不明金があった場合即座に対応でき、繰り返し不正を行うことができなくなります。

こうなると、寄付活動に協力する方自体がもともと健全な方達によって運営されるようになります。

結果、目標である末端の資金援助を待つ方達の元へ届くことになります。

如何ですか?このように改革されれば、寄付を行う方も増えると思いませんか?

最後に

FountainConnectのICOは、1月12日より事前登録が開始されます。

是非、FountainConnectのICOに参加して頂き、世界で助けを待つ人々の元へあなたの好意を届けてみませんか?

今回のFountainConnectのICOは、最低購入価格0.00025BTC(現在価格185万=462円)から始められます。

是非一緒にFountainConnectのICOを盛り上げていきましょう。

事前登録が開始されましたら、案内させて頂きます。

FountainConnect事前登録公式ページ⇒こちらから