【最新情報】
友だち追加

優良ICOを探す方法|おススメICOは取引所に上場されるか?で分かる



※この記事は、2017年12月4日に投稿した記事ですが、ICOの様相も変わり最新の情報に書き換えさせて頂きました。

2018年6月版優良ICOを探す方法-2|上場が決定?おススメプロモートICO→IEO


前回は、ICO初心者の「ICOに参加するにはどうすれば良いのでしょうか?」と言う質問で、仮想通貨(ビットコイン・イーサリアムなど)購入~送金方法を解説しました。



ICO初心者の質問|ICOでトークンを購入する方法|仮想通貨購入~送金 ⇒こちら‎から



今回は、優良ICO案件を探す方法として「取引所に上場されるか?」と言う事について解説します。

ICOに参加する楽しみは、ICO終了後に上場される事ですが、ICOが無かったビットコインICOで最初に成功したイーサリアムも上場後すぐに高騰したわけではありません、現在の状況とは違うとは言え結果を急ぐことは無いでしょう。

ともあれ昨今のICOは、こちらの記事にもありますように上場後高騰が起きています。



まず考える必要があるのは、海外の取引所。


※現在は日本の取引所でICO終了後に上場されることは、COMSA上で行われるICO以外考えられません。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

ICO終了後上場されやすい取引所


■ Binance⇒こちらから

Binanceの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


■ KuCoin⇒こちらから

KuCoinの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


■ Bit-Z⇒こちらから

Bit-Zの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


■ YObit⇒こちらから

YObitの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから

■ Liqui(リクイ)⇒こちらから

Liqui(リクイ)の登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから

■ Bittrex⇒こちらから

Bittrexの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


■ HitBTC公式登録ページ⇒こちらから

HitBTCの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


■ Poloniex⇒こちらから

Poloniexの登録方法を画像付きで詳しく解説⇒こちらから


※前回上位表示させていたBittrexは現在新規登録を行わなくなっています、又最大手のPoloniexはICO案件をあまり上場されていないので、下位に下げさせて頂きました。

※変わってKuCoin・Bit-Z・YoBit当たりが勢力を増し、ICO案件を積極的に上場させています、とは言え大小合わせれば数百も取引所はありますので。


ICOを行う企業がどこの取引所に上場するのかは誰にもわかりません、ここで紹介している取引所を開設しておき、その都度開設していくことをおススメします。


取引所の登録は無料ですので、まずは主な上記7か所は登録しておきましょう

※いま勢いがあるのはBinanceKuCoin・Bit-Z当たりですが、ICOで購入したトークン(アルトコイン)が決まって上場されれば良いのですが、中々うまくはいきません。


ここで注目したいのが「CryptoClickAffiliate」と「COMSA」です。

ICO案件を絞れば決まった取引所だけでOK!


上記海外取引所を全て開設していたとしても、ICO後のアルトコインが4つの取引所のどこかに上場される訳ではありません。


ここで、BTCdreamがおススメする「CryptoClickAffiliate」と「COMSA上のICO」がカギとなってきます。


と言うのも「CryptoClickAffiliate(現在業務停止中)」と「COMSA上のICO」には既に取引所が同企業によって準備されており「本当に上場されるのか?」という心配が極めて低くなる利点があります。

COMSA上で行われるICOの場合

例えば、COMSA自体がテックビューロ株式会社が行ったICOで、Zaif取引所を運営していることはお分かりかと思います。


2017年10月2日~11月6日まで行われたトークンセールから、僅か1ヶ月でZaif取引所に上場されました。


もちろん、既にICOを実施する予定の

1:タイムバンクがテックビューロ社のCOMSAでのICOを実施

2:米国VR/ARプラットフォーマー大手『CYBERLAB 9』が2018年にCOMSAで、vCommerceエンジン『VERSES』のICOを実施

Zaif取引所に上場されるでしょう。


さらに、テックビューロ株式会社としても、自社取引所に上場される企業(ICO案件)が「粗悪な内容なら引き受けるはずもない」と考えられますね。


だとすれば、COMSA上で行われるICOは高騰を期待できる案件になる可能性が極めて高くなります。

CryptoClickAffiliate(CCA)の場合

CryptoClickAffiliate(現在業務停止中)は、ICO案件をアフィリエイターに紹介する広告代理店(ASP)で、CCM(クリプトクリックマーケット)と言う取引所を2018年秋にオープンさせます。

1:BTCのFX取引がレバレッジ50倍!
2:プラットホームはMT4を採用!
3:トレード可能な通貨ペアは15スタート!(今後、増えていきます)
4:デビットカード発行可能!(銀行口座に移動なしで決済として使える。)
5:日本国内銀行で送金代行が可能!(送金が簡単)


といった特徴を持つ、便利な仮想通貨取引所になります。


第1弾で始まったMOOVERのICOが終了する前に取引所がオープンしますので、MOOVERの上場に十分間に合いますし、既に12月7日に第2弾のリリースも発表されました。


CryptoClickAffiliate(現在業務停止中)も、テックビューロ株式会社と同じく「粗悪な内容なら引き受けるはずもない」と考えられます。


そうなると、ICO案件の情報を知るだけでも充分価値があるでしょう。


もちろん始まったばかりで「予定通りに計画が進むのか?」と言う不安はあるでしょうが「仮にうまくいったら?」と考えると少しでも早く登録しアフィリエイト(2ティア獲得)の権利を取っておいた方が良いのではと思われます。


ICOを中心とした仮想通貨関連ASP(CryptoClickAffiliate)登場!⇒こちらから

・MOOVERトークンセール⇒こちらから

最後に

今回「おススメICOは取引所に上場されるか?で分かる」としたのは「COMSA上で行われるICOとCryptoClickAffiliate(現在業務停止中)は、自社保護の為にも危険なICOを紹介することは無いだろう」と考えられるからです。


安全を考えるなら、自社取引所を持つ2社が紹介するICOに参加をしておくことをおススメします。


と言ってもBTCdreamは、2社以外のICO案件もこれぞと言うものに関しては積極的に紹介していきます。


仮想通貨バブルは始まったばかりです、ブロックチェーン技術はほとんどの分野で利用できる画期的な技術です。


2017年に行われたICOは、ほんの僅かな分野に限られています。


20年・30年と続くかは分かりませんが、来年・再来年に収束するような規模の小さな改革ではありません。


是非この機会に参加してみてください。




Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット
ビットコイン、イーサリアム等の多くの仮想通貨に対応。安心の正規代理店。送料無料

↓  ↓  ↓  ↓

ネットMLMは自動集客の時代





■ BitClub(ビットクラブ)は進化しました、ビットコイン高騰で紹介無しでも稼げる方法を教えます!

BitClubNetwork公式

■ 【ICO】REGAIN(リゲイン)ビットコイン(仮想通貨)のマイニングマシン大手が驚異的な報酬で参入必至!

【ICO】REGAIN(リゲイン)

サイト閉鎖(飛んだ~)とされる案件は、「閉鎖となった案件」と言うカテゴリーにまとめていますので確認ください。

分散投資は、投資の基本です是非いくつかの投資案件に分散するよう心がけてください。
また、当サイトの情報で購入されたリ運用を始められた案件の保証は一切行いません投資は自己責任」と言う事を念頭に置いて運用してください。

LINEグループ招待

LINEグループでは、最新の情報(新規案件情報・案件経過報告・重要事項・予言)が配信されます(不定期)。

友だち追加

LINE ID:@mjj8553z

iPhone・アンドロイドの方はこちらでも登録できます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponscred Links
Sponscred Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする