【最新情報】
友だち追加

フェイスブック広告禁止~仮想通貨グローバルコイン発行ICO&Coinbase上場


Facebook:グローバルコインは、日本上陸が確実とされるCoinbaseに上場される可能性が高く、日本でも人気が集中するものと思われます!


ファイスブックが仮想通貨をICO(IEO)で販売するとなると、TelegramのICOよりさらに購入希望者が集まるでしょう。


1年前には、仮想通貨の広告を禁止したFacebookが、仮想通貨の重要性を理解し独自コインを発行するに至ったのは、ブロックチェーンが将来の企業に欠かせないことを物語っています。


ここでは、Facebook関連の記事から仮想通貨:グローバルコイン発行に至るまでの経緯を解説します。 

★ 目次 ★
1.Facebook仮想通貨関連広告を禁止
・1.-1.禁止の目的は詐欺等を回避する事
・1.-2.ポリシーや禁止広告例&適用範囲?
2.ブロックチェーン関連事業を立ち上げ
3.仮想通貨関連広告を条件付きで一部解禁
4.ブロックチェーン関連会社をスイスに設立
5.2020年:独自仮想通貨グローバルコイン発行
6.フェイスブックGemini&Coinbaseと手を組む?
7.GlobalcoinICOを経て:Coinbaseに上場か?
8.最後に


関連記事はこちら

最新!配当型ウォレットBLOCK ECO TOKENどう化ける?


スマホで操作できるコールドウォレットが誕生!

※カードと同じサイズで持ち運び便利・Rippleも対応されます。

1.Facebook仮想通貨関連広告を禁止

2018年1月

Facebookは現地時間の2018年1月31日、金融商品やサービスの広告についての新しいポリシーを追加。


※Facebook本体・オーディエンスネットワーク・instagramにも適用。 

1.-1.禁止の目的は詐欺等を回避する事

2018年年頭は、2017年の仮想通貨全体の高騰で新規参入者が流入、伴い悪質(詐欺など)な資金集めを行う輩も世界的に増え、被害を受けることとなりました。


そんな中、消費者保護の為「詐欺やまぎわらしい仮想通貨広告を回避するための処置」として広告を禁止することになりました。 

1.-2.ポリシーや禁止広告例&適用範囲?

公開されたポリシーや禁止される広告例&適用範囲は、以下のように記載されています。

29. Prohibited Financial Products and Services (禁止された金融商品およびサービス)
広告では、しばしば誤解を招いたり欺瞞的な宣伝活動に関連するバイナリーオプション、ICO、仮想通貨といった金融商品およびサービスを宣伝してはいけません。
Ads must not promote financial products and services that are frequently associated with misleading or deceptive promotional practices, such as binary options, initial coin offerings, or cryptocurrency.
例:
“Start binary options trading now and receive a 10-risk free trades bonus!”
バイナリーオプション取引を今すぐ始めて、10リスクの無料トレードボーナスを獲得してください!
“Click here to learn more about our no-risk cryptocurrency that enables instant payments to anyone in the world.”
世界中の人への即時支払いを可能にするリスクのない暗号通貨の詳細については、ここをクリックしてください。
“New ICO! Buy tokens at a 15% discount NOW!”
新しいICO! 15%割引で今すぐトークンを購入しよう!
“Use your retirement funds to buy Bitcoin!”
ビットコインを買うためにあなたの退職金を使ってください!


2.ブロックチェーン関連事業を立ち上げ

Facebookは2018年05月、ブロックチェーン関連事業を立ち上げ、独自の暗号通貨(グローバルコイン)を作成する計画を発表。


1年近く前に自社の開発チームであるMorgan Bellerの一員がソーシャルプラットフォームで新しいテクノロジを使用できる方法を検討し始めたときに、ブロックチェーンの研究を始めました。


Facebookの独自暗号通貨(グローバルコイン)、つまり世界中の何十億ものユーザーが電子決済を行えるようにするための仮想トークンの作成を開発。


制作関係者は身元を明らかにしないことを条件に、独自暗号通貨(グローバルコイン)について「非常に真剣です」と、発表されていない計画について発言しています。 

参照元
Facebook is developing a virtual token that would allow users around the world to make electronic payments. The news comes after the company announced its bigge...


3.仮想通貨関連広告を条件付きで一部解禁

2018年6月26日、1月に発表したFacebookは禁止していた仮想通貨関連広告を条件付きで一部解禁したと発表した。


1月の段階では、仮想通貨、バイナリオプション、ICO(Initial Coin Offering:新規コイン発行)などの金融商品やサービスは「誤解を招いたり、欺瞞的な宣伝活動に頻繁に関連する」こととして全面的に禁止していた。


特にICOやバイナリオプションは、誠実に運営されていないことが多いと指摘した。


今回の緩和では、Facebookから事前に書面による許可を受ければ暗号通貨や関連する商品・サービスを宣伝できるようになった、ただし、バイナリオプションとICOについては今後も禁止のままです。 

広告ポリシーが変更:関連広告を出したい広告主は専用ページからオンボーディングリクエストを送信する必要がある。これが認められれば通常の広告同様に広告を出せるようになる。https://www.ccn.com/facebook-backpedals-reverses-ban-on-cryptocurrency-ads


4.ブロックチェーン関連会社をスイスに設立

2019年5月:仮想通貨広告を禁止している中、Facebookはブロックチェーン関連会社「Libra Networks」をスイスに設立しました。 

Facebook(フェイスブック)は、以前から「“独自仮想通貨”の開発を進めている」として注目を集めており、今月3日にはこの開発プロジェクトが「Libra(リブラ)」という名前で進められていることや、同社が「Libra」の商標登録の権利を獲得したことなどが報告されていました。
More details emerge about Facebook's secretive crypto firm, Libra.


5.2020年:独自仮想通貨グローバルコイン発行

フェイスブックは、BBCNewsで「2020年に独自の仮想通貨:グローバルコイン予定!」と発表しました。 

ローンチ時期は2020年のQ1(1〜3月)で、「今後12ヶ国以上で、GlobalCoinの決済システムを展開予定」としており、年内にトライアルを行う予定だという。
The social media giant is planning to set up a crypto-currency in around 12 countries by early 2020.


6.フェイスブックGemini&Coinbaseと手を組む?

Facebookが暗号通貨とCoinbaseウォレットの大規模な交換で、イニシアチブについて議論したと書いています。
この記事はまた、Facebookが、FacebookのCEOであるMark ZuckerbergのライバルであるWinklevossの双子によって設立されたGemini交換と話をしたことも記している。
匿名の情報筋によると、Facebookは暗号通貨に関連する主要企業と交渉して、
その噂の安定したコインが米ドルの価値と結びつき、流動性があり、交渉が可能で安全であることを確認しています。
Fuentes anónimas dicen que el próximo proyecto Globalcoin de Facebook es "más grande y más abierto" que solo un método de pago



Globalcoinは、Facebookで購入のための単なる支払い方法だけでなく「より大きくそしてよりオープン」になることを明らかにした。


以前に報告されたように、Facebookは3つの独自のアプリケーション – WhatsApp、Messenger、およびInstagram – を統合して大規模な公開暗号通貨プロジェクトを提供することを計画しているとされている。 

7.GlobalcoinICOを経て:Coinbaseに上場か?

Globalcoinの販売方法が気になるところですが、まず間違いなくCoinbaseに上場されると思われます。


IEOとして販売される可能性もあり、Coinbaseに登録しておき、プラットフォームの使いかたを経験しておくのも良いかもしれませんね。 

Coinbase登録
You can invite your friends by sharing the provided link. Earn of bitcoin for every friend you refer who buys or sells 0 of bitcoin or more.
CoinBase登録方法
CoinBase(コインベース)に登録|分stellar:XLMを貰う
コインベースに登録しCoinbaseEarnで分のstellar:XLMを貰う方法を解説。CoinbasEarnはコインベース取引所が行う仮想通貨学習サイトで、報酬を受け取るにはコインベースのウォレットを作成する必要があります。日本に進出・MUFGとの提携が発表されており、早期参入メリットは多大です。



Coinbase(コインベース)が日本に上陸することで「仮想通貨(取引所)業界に異変が起こる」とも言われています。


参考記事:日経新聞⇒こちらから


この時、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)との提携も発表されています。 

8.最後に

Facebookだけでなく、米Google、米Twitter、米Snapchatなども後に続くと思われ、仮想通貨が事業に欠かせない技術であることが表面化するにおは時間の問題です。


また、SNS関連企業だけでなく、大手企業は軒並みブロックチェーンの研究チームを作り、実用に向け開発を進めています。


Facebookの動きは、詐欺や消費者保護のための広告禁止であり、ブローックチェーンは将来の重要課題だと言う事を証明したことになり、2020年に向け仮想通貨全体の高騰が目に見えてきたと言う事です、楽しみにしましょう。