【最新情報】
友だち追加

仮想通貨を始める|2018年おススメの取引所ランキングと口座開設【保存版】



取引所は以前からおススメしていますが、何故?「今更2018年おススメの取引所なのか?」。

実は、仮想通貨に対する国民の意識の高まり・CoincheckのNEM流出事件もあった事で、金融庁が断然厳しさを増しております。

その規制はICOにもおよび「海外のICOに日本人が参加できなくなる可能性」が高まっています。

では「日本人はICOに参加できなくなるのか?」って思いませんか?

実は今後ICOは日本でも行われるようになります(海外ICOでも可能)、金融庁の許可を得たICOなら購入可能ですし、日本の取引所に上場されることになるのです。

先日行われた「Blockchainコンベンション」で日本の取引所2社が重大なことを発表しました。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

日本で行われるICOとは?

日本でICOが行われると聞くと、テックビューロ「COMSA」を思い出す人が多いのではないでしょうか?

では、何故?「COMSA」がICOを行わないのか?

仮想通貨に関しては、仮想通貨交換業者の登録から始まりCoincheck問題による立ち入り調査など、日本政府自体の方針が定まっていません。

日本でICOを行おうとすると、簡単にはできないのが現状です。

ですが、取りあえずマネックスグループがCoincheck(仮想通貨取引所)を買収することで、流出事件は終息となります。

日本の取引所の中にもテックビューロ(Zaif・COMSA)のように、ICOを行うプラットホームを実装すると発表されている取引所があります。

海外の仮想通貨ICOに参加するよりはるかに安全に参加できる(高騰は海外のICOが望めるかも)ことになります。

ここでは、既にICOを行うプラットホームを実装が発表されている取引所を紹介し、BTCdreamのおススメ取引所ランキングを更新します。

口座を開設すべき取引所ランキング

1位:QUOINEX


ビットコイン

取り組みがずば抜けています、これまで初心者の方でも使いやすい取引所を上位にランキングすることを重視してきましたが、ICOが規制されるであろう現在においてICOの経験を持つQUOINEXはオンリーワンです。

QASHトークン(ICO)を取り扱う段階で「金融庁(関東財務局)に対して変更届出を提出し受理された」と言う実績は「ICOプラットホームを実装する」と言われる取引所3社の中でも「1歩先を言っている」と言えるでしょう。

代表取締役(CEO)の栢森加里矢氏は「今回のICOを通じ、資金調達が民主化されたことを改めて確信いたしました。」と言っており「日本発のICOが可能であると実証した」と言われています。

そして金融庁上がりの役員を向かい入れた(優遇されるのではありません)とされています。

今後仮想通貨を始める・仮想通貨を始めている方は必須の取引所となります。

2位:Zaif


Coincheck・Zaif以外では主要仮想通貨の1部を取引できるのが精一杯です。

Coincheckが暫く復帰にかかること、体制が変わり取り扱い仮想通貨が減少することは明らかで、現段階ではランキングに入れる事はできないでしょう。

となると、残るはZaif以外なくなります。

3位:GMOコイン


アルトコイン訴求

一番取り扱い仮想通貨が多かったCoincheckが暫く復帰にかかるとなると、上位2取引所で取り扱っていない仮想通貨を補う必要があります。

となると、手数料や安全面・初めての方でも操作方法が簡単という面を考えて次に来る取引所がGMOコインとなります。

BTCdreamとしては、上位2取引所でRippleを購入できないことからも、本来は1位にランキングすべき取引所です。

最低でも、ここまで3取引所は必須」と言う事です。

4位:BitFlyer


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

上位3取引所で取り扱われていない仮想通貨(イーサリアムクラシック・リスク)を補うなら、BitFlyerしかありません。

ここまでで金融庁が許可した仮想通貨をすべて購入可能(FCT・REPを取り扱う取引所はありません)です。

初めての方に必要か?」と言われると疑問ですが、余裕があれば口座開設しておくことをおススメします。

5位:BitTrade


ビットトレード

GMOコイン(Ripple)・BitFlyer(MONAコイン)を取引できるので、必要ないかもしれませんが「イーサリアムクラシック・リスクは取引できなくても良い」と言うなら、BitFlyerよりBitTradeをおススメします。

BTCdreamは、基本的にリップル・イーサリアムが重要と考えておりますので、GMOコインだけより、もう1つRippleを購入できる取引所を持っておいてもらいたいですね。

番外:DMMBitcoin

DMMBitcoinも「ICOプラットホームを実装する」と言われており、現段階で必要と言うのではなく今後必須になる可能性がある取引所と言う事で紹介しておきます。

何故?ICOにこだわるのか?

日本における取引所は、NEM流出事件が起こるまではCoincheckが1番人気で、当ブログでもCoincheckをおススメしていました。

ICOにこだわる理由は、仮想通貨を始めてある程度慣れてくると様々な仮想通貨を学び、ICOに参加し上場後の高騰を目標にする方が表れます。

ICOが終了した仮想通貨は、これまで殆ど海外の取引所にしか上場されませんでした。

このままでは、将来有望なプロジェクトが未公開仮想通貨(ICO)を行っても、日本人は購入できなくなります。

現在日本の取引所(仮想通貨交換業者の登録済み)で、ICOが終了した仮想通貨が上場される可能性があるのは、当面QUOINEX・Zaif取引所となります。

仮想通貨をいろいろなことを学びだすと、短期間で資産を増やす方法(トレードやICO)が耳に入ってきます。

確実なのは長期保有(ガチホ)ですが、変化が無く思わぬ下落があったり面白みに欠けるところがあり、仮想通貨取引をさらに楽しくできる環境に進もうとします。

仮想通貨は2018年が始まり|チャートの読み方で長期保有が有効な理由⇒こちらから

となるとトレード・ICOになるわけですが、BTCdreamはトレードはおススメできません。

と言う事で、2018年以降は日本の取引所がICOを行い日本人の参加が簡単になることがICOにこだわる理由です。

何故このようなランキングになったのか?

まず「GMOコインとZaifで、ほぼ主要な仮想通貨を売買できる」ことが次の表でお分かり頂けます。

仮想通貨

トークン



となれば、仮想通貨を始めたばかりの方はGMOコインとZaifでほぼ必要な取引は可能ですね。

何故?ICOにこだわるのか?」で解説したように、慣れてくるとさらに資産を増やすスピードを求めます「そんな時にチョイスすべきはICO」と言いました。

これまでのように海外の企業が行うICOではなく、日本の取引所がプロデュースするICOなら安全に参加できるでしょう。

今後日本の取引所がICOを行う(QUOINEX・Zaif)ことはほぼ決まっており、日本で取り扱われている仮想通貨に新しく追加されていく事になるでしょう。

となれば、

・第1に、重要なことはICOを取り扱う取引所(将来的に多くの仮想通貨を取り扱う事になります。)

・第2に、BTCdreamがおススメするリップル・イーサリアム・ネム・ビットコインキャッシュ・ビットコインが取引できること。

・第3に、現在日本で取引可能な仮想通貨をカバー(取り扱っている)できる事。

になります。

・第1は、QUOINEX・Zaif

・第2は、Zaif・GMOコイン

・第3は、QUOINEX・Zaif・GMOコインで足りない分をBitFlyerで補えることになります。

また、セキュリティー面が重要だと思いますが、QUOINEXの公式Facebookやブログをご覧いただければ「群を抜いて優秀だ」と言う事がお分かり頂けます。

※今回は長くなってしまいますので割愛させて頂きます。

最後に

仮想通貨は、始まったばかりです。

2017年は思いもよらぬ高騰を見せ、2018年になってからの下落は多くの人たちを破産に追い込みました。

ですが、殆ど使われてもいない仮想通貨に不必要な価値が付いていただけで、これからは利用価値に対する真っ当な価値が付くことになるでしょう。

明日の価格・来月の価格を追いかけるのではなく、2年後・5年後の価格を追いかけることが重要です。

となれば、今から参入する初心者の方でも充分資産を増やすことを想像できるでしょう。

是非、当ページの取引所の口座を開設し、これから始まるICOを楽しみに待ちましょう。