【最新情報】
友だち追加

ETC保有者にハードフォーク3月1日1:1の割合でCLOのエアドロップ



CLOのエアドロップを受け取る為のClassicEtherWalletの作成方法解説

Callisto (カリスト)ネットワークプロジェクトが発表した内容は「イーサリアムクラシック保有者に対し、1ETC対1CLOの割合で付与する」とのことです。

現在エアドロップされるウォレットは「ClassicEtherWallet」「ClassicMask」とされています。

※現在の所、他のウォレットで対応できるかは不明です。

ETCをお持ちの方・または2月28日までに購入された方は、ClassicEtherWalletを作成し移動させておくと思わぬ資産が転がり込むかもしれませんね。

と言う事で、ClassicEtherWalletの作成方法を解説します。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

ClassicEtherWalletの作成方法

ClassicEtherWallet公式ページ⇒こちらから

日本語になっていない場合は、赤い丸の所をクリックし「日本語」を選択してください。

9文字以上のパスワードを入力(大小英文字・数字・記号などを合わせ分かりにくいパスワードを設定してください)し「お財布の作成」をクリック。

ダウンロードKeystoreファイル(UTC/JSON)」をクリックしファイルをダウンロードします。

保存する場所に移動し「保存」をクリックします。

※ファイルをダウンロードする際、必ずパソコン以外の場所(USBなど)に保存するようにしてください。

保存しましたら「理解できました。続けます。」をクリックします。

自分の秘密鍵を保存する。」と言うページが表示されます、青い枠で囲んだ「秘密鍵」をパソコン以外の場所に保存してください。

保存しましたら「お財布紙情報を印刷」をクリックし、ウォレット情報を印刷しましょう。

印刷して保管しておきましょう。

アドレスを保存してください。→」をクリックすると、ログイン画面が表示されます。

ここでは「Keystoreファイル(UTC/JSON)」と「秘密鍵」でログインする方法を解説します。

Keystoreファイル(UTC/JSON)でログイン

Keystoreファイル(UTC/JSON)」にチェックを入れると「お財布ファイルを選択」が表示されますので、クリックして下さい。

先程保存した「Keystoreファイル(UTC/JSON)」を選択し「開く」をクリックして下さい。

Keystoreファイル(UTC/JSON)」に間違いがなければ「パスワード」を入力する窓が表示されます。

パスワード」を入力すると「アンロック」が表示されますので、クリックして下さい。

これで、ログインは完了です。

「秘密鍵」でログイン

秘密鍵」にチェックを入れると「秘密鍵をペーストする窓」が表示されますますので、先程保存した「秘密鍵」を貼り付けてください。

アンロック」が表示されますので、クリックして下さい。

これで、ログインは完了です。

ログイン画面の右上の赤い枠の所が、あなたの「ClassicEtherWalletのアドレス」です。

あなたがお持ちのETC・購入したETCをこのアドレスに送信してください。

3月1日前後にCLOがエアドロップで届きます。

最後に

BTCdreamでは、無料で貰えるエアドロップを紹介していますが、今回のCLOエアドロップも無料で貰えますし「お持ちのETCをClassicEtherWalletアドレスに移動するだけ」です。

CLOが高騰するかは今後のプロジェクトの進行で決まりますので、分かりませんが、貰えるものは貰っておいて損はありません。

また、仮想通貨に携わると、様々なウォレットや取引所を開設することになると思います。

是非作成方法に慣れて頂き、仮想通貨ライフをお楽しみください。