【最新情報】
友だち追加

ADAコインがBittrexに上場でも詐欺?プレセールの特典より既存通貨



新興仮想通貨は、大がかりな販売を行ってきたADA・NOAH・ASEC・QUANTA・WorldPeaceCoinなどを初め、大小数え切れないほどの通貨があります。

そんな中、この度ADAコインが「Bittrex取引所に上場される」と言う事で、BTCdreamの意見を公開したいと思います。

そもそも、これらの新興仮想通貨は「購入した誰もが1億円」と言うような触れ込みで販売されています。

BTCdreamが危険と考える事象

本当に役に立つ通貨なのか?


NOAH・ASECコイン【新たな疑惑】上場されたら詐欺じゃない?⇒こちらから

※上記事でも解説していますので、一度お読み頂ければと思います。

まず、大事なことは、新規仮想通貨が「本当に役に立つ(世の中に必要な通貨)のか?」と言う事です。

BTCdreamは、決してADAコインを初めとする新規仮想通貨を「危険だ・詐欺だ!」と言っているわけではありません。

昨今の中国の規制を見て頂ければお分かりかと思いますが、中国はICOに対して物凄く敏感になっています。

と言うのも、あまりにも質の悪いICOが多く、国民が人民元を投げかけていることに懸念を示しているのです。

ICOで多額の資金を調達しても「上場したが高騰しない」と言う現象も多々見られます。

BittrexやPloniexなどの取引所で買われている通貨を見て頂ければ一目瞭然で、1日10万円の取引もない通貨さえあるのです。

また、上場に関しては、お金を払えば「どんな通貨でも上場できる」とも言われています。

となると「本当に市場が必要なのか?」と疑問になるのはBTCdreamだけでしょうか?

何故?日本で販売?


2015年9月から始まり2016年の11月には公開されているはずですね。

※途中で計画が変わっているのかは分かりません。

そんな中「第1期・第2期が何故?日本でのみ販売されているのか?」意味が分かりません。

日本人に稼がせる?」じゃなく「日本人が一番お金を投げやすいから」と考えているのではないでしょうか?

この販売方式は、NOAHコインもほとんど同じですね。

また、販売用資料には「アメリカおよび EU に対する資料ではありません。」となっているのは何故でしょうか?

この期間ビットコインを保有していたら


もう1つの疑問は、当初2015年9月から始まり、第4期が2016年の11月~2017年1月31日、第4期の時点で0.22¢が0.26セント(1.3倍)になっているとのことですが、公開されてから今まで何も起こらず、価格は据え置きと言う事でしょうね。

それでも10月2日にBittrexに上場公開となりますが、この期間ビットコインを始めとするアルトコインを保有していたらどうでしょうか?

ビットコイン:2015年9月のチャート


※Bitbankさんの資料より

これを見てみると、21,000円から30,000円弱の当たり(24,000円付近)だったようで、最高の30,000円だったとして、現在価格は483,218円となっており、16.1倍ですね。

イーサリアム


正式なデータはないのですが、2015年8月(正式リリース時):1ETH=約120円だったことから、1ヶ月ですので良く見ても300~400円あたりではなかったのかと思われます。

最高の400円だったとして、現在価格は33,525円となっており、83.8倍ですね。

仮に、ADAコインを100万円購入していた人が、ビットコインを保有していたら1,610万円、イーサリアムなら8,380万円になっていると言う事ですね。

如何ですか?上場されて様子を見てからでは遅いですか?

最後に


ADAコインは、オンラインカジノとゲームで使うとされていますが、GameCredits(ゲームクレジット)MobileGoと言った人気のゲーム関連の仮想通貨より優れているのでしょうか?

また、資料には「公開後1年足らずでイーサリアムの60倍超えを、はるかに凌駕する期待」とされていましたが、はたして。

BTCdreamの見解は「下落はあっても、高騰は難しい」と考えます。

一時的には新興通貨なので高騰も考えられますが、実際に利用価値を生み出しているとは到底思えませんし、高騰する価値があるならそれから購入しても十分だと思います。

プレセールでとてつもない資金を調達しているのでプロジェクトに使う資金は豊富なはずです、これは、ADAコインに限らず、NOAH・ASEC・QUANTA・WorldPeaceなども同じです。

このような新興コインを買うくらいなら、同じ10月2日にICOが始まる「COMSAに投資する方が資産を増やすことが可能」と考えます。

COMSAの解説をしています⇒こちらから

また、先日案内した10月31日に開始のWCX取引所(ICO)は登録するだけで50WCXトークンが貰えるのでお得です。

※10月10日に取引所がオープンする予定ですので、登録(50WCXを貰う)だけしておいて様子を見てICOに参加するかの判断をすればよいと考えます。

WCXの解説をしています⇒こちらから

BTCdreamでは、既存の仮想通貨の長期保有・ICOへの参加・ネット集客システムの利用をおススメしています。

最新情報をお送りしますので、LINEに友達申請(無料)して頂ければと思います。