【最新情報】
友だち追加

Curanetworkに登録SNSエアドロップ申請方法|エアドロップまとめ



簡単な申請で仮想通貨が無料で貰えます。


Curanetworkの登録からエアドロップの申請まで解説!

★ 目次 ★
1.Curanetworkは医療システム
2.Curanetworkに登録
3.エアドロップ申請方法
4.最後に


関連記事はこちら

随時更新!最新版!仮想通貨を無料で貰えるエアドロップをまとめて紹介


スマホで操作できるコールドウォレットが誕生!

※カードと同じサイズで持ち運び便利・Rippleも対応されます。

1.Curanetworkは医療システム

Curanetworkのグローバル分散型医療システムは、データ処理をBlockchainを使い安全&透明性高い優れた保管&共有を行い、データにすぐにアクセスできるようにします。


先進国の多く(日本も含む)では、過去の治療歴(カルテの未共有)が公開されていないことで、多くの医療ミスが起きています。


また、発展途上&貧困国では、記録が無い所さえ多くあり問題となっています。


Curanetwork分散医療システムを利用することで、どこにいても過去の医療データを利用でき、早急に治療に取り掛かれるようになります。


ICOBenchで4.2/5.0の評価を受けています。


ICO価格は1 CUR = 0.45 USD

2.Curanetworkに登録

Curanetwork公式サイト登録⇒こちらから





・名前(例:ICHIROU)

・名字(例:SUZUKI)

・メールアドレス

・パスワード

・パスワード(確認用)


全て入力しましたら「SIGN UP」をクリック→認証用のメールが送られていますので「URL」をクリックしましょう、登録はこれで完了です。

3.エアドロップ申請方法

Curanetwork公式サイトに登録しましたら、ログインし画面上部にある「Airdrop」をクリックして下さい。





左側の赤い枠で囲んだ所にSNSの各タスクが表示されています。


・TelegramにJOIN GROUP→ユーザー名

・Facebookにいいね!&シェア(ハッシュタグを入力:#CuraNetwork #CurToken)→シェアした投稿のURL

・Twitterをフォロー&ツイート(ハッシュタグを入力:#CuraNetwork #CurToken)→ツイートした投稿のURL

・Youtube動画を視聴(1分45秒)し、いいね!&フォロー&シェア→ユーザー名


Curanetworkのエアドロップは、これだけのシンプル申請です、振るって参加して下さいね。


申請が完了しましたら「Airdrop」画面の右側(緑枠:Submit Report)に必要事項を入力します。


・Facebook→シェアした投稿のURL

・Twitter→ツイートした投稿のURL

・Youtube→ユーザー名

・Telegram→ユーザー名


全て入力されましたら「Submit」をクリックして下さい。

4.最後に

2019年は、出来るだけシンプルにエアドロップの申請方法を解説します。


エアドロップまとめサイトでは、1月12日の時点で53種類のエアドロップを紹介していますが、ブログで申請方法を解説したのは僅か3エアドロップだけです。


申請方法が分からないと言う方は、エアドロップ申請方法まとめを参考に申請して下さい。


2019年は、2018年のエアドロップ紹介数の5~10倍紹介することを目標に頑張ります、是非多くののエアドロップに申請し仮想通貨を無料で集めましょう。


エアドロップの申請方法をまとめて紹介、各SNSの申請方法を画像付きで解説しています。


・フォローやシェア
・シェアした投稿のURL取得
・プロフィールのURL取得
・コメントの方法


など、当サイトで紹介するエアドロップの申請の参考にしてください、

エアドロップ申請方法まとめ

仮想通貨を無料で貰うエアドロップで必要なURL取得など申請方法まとめ



2019年半ばころから仮想通貨の実利用が始まり、応じて価格も高騰すると思われます。


低迷している今が仮想通貨を集める絶好のチャンスと捉えていますので、是非申請しておいてください。