【最新情報】
友だち追加

CounterParty(XCP)DEX分散型取引所の使い方|ウォレット作成


CounterParty(XCP)を使った詐欺?

と思われる販売が行われていました、皆さん大丈夫ですか?



何故詐欺と思われるのか?」実際にCounterParty(XCP)DEX分散型取引所の使い方を見ながら解説します。

★ 目次 ★
1.CounterParty(XCP)ウォレット作成手順
2.2通りの方法でログイン
 2.-1.12個のワードを入力
 2.-2.12個のワードを貼り付け
3.CounterParty(XCP)ウォレットに入金
4.トークンを注文する方法
5.価格調整をする方法
6.最後に

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

1.CounterParty(XCP)ウォレット作成手順

CounterPartyウォレットを作成

CounterParty(XCP)ウォレット⇒こちらから



画像をクリックして下さい。



Create New Wallet」をクリックして下さい。



青く塗りつぶしたところに「12個のワード」が表示されますので書き留めてください、絶対にスクリーンショットをパソコンに保存したりしないでください。

また、絶対に無くさないでください(あなた以外誰も12個のワードは知りません、忘れたら二度とこのウォレットを開くことはできません)。

書き留めましたら、赤い丸の所に「✔」を入れ「Contimue」をクリックして下さい。



Create a Quick Access URL」を選択してみましたが、使い方が良く分からず結局「Skip This Step」でアクセスしました、解る方いましたら教えてね!

Skip This Step」をクリックします。



OK」をクリックします。

2.2通りの方法でログイン

2.-1.12個のワードを入力



赤い枠で囲んだ「キーボードのマーク」をクリックしましょう。



先程書き留めた「12個のワード」を入力します。



Word1」をクリックするとキーボードが表示されますので、最初のワードを入力してください、これを12ワード行い最後に「Login」をクリックします。

2.-2.12個のワードを貼り付け



12個のワードをコピーしてここに貼り付けると「Open Wallet」が青色に変わりますのでクリックしてください。



規約が表示されますので、よくお読みになり「Accept Terms」をクリックして下さい。

これで、CounterParty(XCP)ウォレットログインできました。

3.CounterParty(XCP)ウォレットに入金



ログイン画面の赤い枠で囲んだところに「アドレス」が表示されています。

BTCdreanはXCPを保有していなかったので「BTCを0.001BTC」だけ送金してきました。

暫くすると着金が確認できましたので、問題の「MINDOL」を注文してみました。

4.Counterウォレットの注文方法



Exchange」→「Markets」→「Token1」を選択し「MINDOL」と入力。



Token2」→「Other」を選択し「BTC」と入力し「Enter」を押してください「MINDOL/BTC」のマーケットが表示されます。



・Price:0.00000094(約1円)

・Amount:1,000

・Total:0.00094BTCと自動で表示されます。

※Transaction fee: 0.00005419BTC ($0.47) 掛かりますので、その分を引いた注文をしました。

Buy(BTC→MINDOL」をクリックしましょう。



確認画面が表示されますので、間違いがなければ「Confirm Order」をクリックして下さい。



マーケット画面に戻りますと、画像のように注文が反映しています。

これで、買えるのを待つだけです(この金額では購入できないでしょうね)。

Counterウォレットでは、現在BTCでの売買はほとんど行われていません、BTCdreanXCPを購入し注文をし直します。

5.価格調整をする方法

CounterParty(XCP)DEX分散型取引所は、個人間取引です。

CounterParty(XCP)のウォレットはいくつでも作れます、私も初めてで情報が無かったのでこの記事を作るために4つのウォレットを作りました。

例えば、

1つ目のウォレットをメインウォレットとします。

ここで「MINDOL」を$3.0で「Sell」注文します。

サブアカウントで「MINDOL」を$3.0で購入すれば、現在相場は$3.0となります。



画像のように、実際に取引されていたのは、3月6日~5月15日まで587MINDOL(300円として176,100円)が取引されただけです。

6.最後に

今回「MINDOL」を使った詐欺のような販売がされていましたが、実際にどのくらい取引されるものかお調べになってご購入されることをおススメします。

募集されている方は「Zaifに上場し購入できるようになる」と言われていましたが、マーケットを確認してみると「7,729」の取引ペアがあります。



この内「99%程」がZaifなど通常の取引所で売買されていない取引ペアです。

はたして「MINDOL」が上場されるのでしょうか?

私は怖くて購入できませんが、上場されるのであればいつかは高騰を望めるかもしれませんね。

また、CounterParty(XCP)のハードォークと言われていましたが、CounterParty(XCP)のハードォークの話は聞きません。

おそらく、CounterParty(XCP)を使って簡単に作れるトークンの事を「ハードォーク」と情弱者に言っているような気がします。

ご購入される場合は、十分気を付けてくださいね。