【最新情報】
友だち追加

BitcoinやRippleなど仮想通貨の不正引き出しを補償する2取引所


安全に仮想通貨(アルトコイン)を購入する方法

BitcoinやRippleなど仮想通貨(アルトコイン)を購入するには、取引所にアカウントを開設します。

日本にある取引所で安心して取引ができるのは、1.Coincheck・2.Zaif・BitFlyerでしょう。

日本における主要3取引所を紹介

1.Coincheckは、次の画像のように12の仮想通貨を買える日本で唯一のマルチ仮想通貨取引所です。


Coincheck:約2分で開設(日本で一番簡単にビットコインを買える取引所)

登録は無料!Coincheckの公式サイトからどうぞ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2.BitFlyerは、ビットコインの取引高は他の取引所と比べても群を抜いて高いのですが、ビットコインとイーサリアムしか取り扱っていません。

ビットコインの購入なら⇒ビットフライヤー






3.Zaifは、 BTC・XEM・MONAの3種類の仮想通貨を扱っております。

BTC・XEM・MONAの購入なら⇒Zaif



仮想通貨を使わなければならない時代



仮想通貨は、麻生副総理が「金融はフィンテック時代へ」と言うように、銀行を始め様々な企業で取り入れられます。

あなたが知らなくても、仮想通貨を使わなければならない時代へと変貌し始めました。

と言っても、実際は日本人のほとんどが仮想通貨を使っていますね。

例えば、suica・Edy・nanaco・ponta・T-point・薬局のポイントカードなど、これらもすべて仮想通貨で、この仮想通貨が現金(紙幣)の代わりになるのです。

となると、誰でも仮想通貨を持つことになりますね。

ところが、上記仮想通貨は一方通行の通貨で、現金に戻すことができません(現金と同じ扱いはできる)。

昨今騒がれ始めた仮想通貨は、文字通りの「仮想でありながら通貨であるものが誕生した」と言う事になります。

これまでの仮想通貨と違い、現金に戻すことができると言う事です。

日銀黒田総裁が「紙幣は無くなる」

日銀の黒田総裁が「紙幣は無くなる」と言い、日本国内の銀行が92行もRippleネットワークを使った仮想通貨取引と提携を結びました。

となると、仮想通貨の需要はどんどん増えていきます。

お金をたくさんお持ちの方なら当然行っていると思いますが、いくつかの銀行に分散して預けているのではないでしょうか?

仮想通貨も同じです「銀行と同じく問題は起こらない」とは言えません。

そんな中、6月1日に「仮想通貨の不正引き出しに補償、国内初、大手2取引所が導入」と言うニュースが入ってきました。

大手2取引所とは、ここで紹介しているCoincheckとBitFlyerです。

日本経済新聞の記事⇒こちらから

※日経IDを取得する必要があります。

日経IDを取得⇒こちらから

国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(東京・港)とコインチェック(東京・渋谷)は個人のIDやパスワードなどを第三者に悪用され、利用者が取引所に保有する口座から通貨を盗まれた場合の被害を補償するサービスを始める。
同サービスは国内初。国内では4月に法規制が始まり仮想通貨の取引所が増える見通し。
利用者保護を手厚くし、安心して利用できる環境を先駆けて整えていく。


となっています。


あなたも、いち早くBitcoinやRippleに現金を交換しておきませんか?

必ず訪れる仮想通貨時代に出遅れると、思わぬ金額での交換が必要になります。

BTCdreamが仮想通貨に関わったのが、2016年12月その時のBitcoinは8万円前後(現在は28万円前後)でした、Rippleを知った時の相場は0.7円前後(現在は40円前後)となっています。

仮想通貨は、相場での交換をしなければなりません。

当然安全に保有・取引できるよう法改正も進みます。

ですが、安全になるにつれ相場も高騰するのが世の常

仮想通貨の不正引き出しに補償となった今、BitcoinやRippleを保有する方が増加することは、安易に考えられますね。

この機会に、BitcoinやRippleに現金を交換しておくことをおススメします。

大手2取引所とXEM・MONAを扱うZaif

1.Coincheckは、銀行が提携するRippleを扱っている取引所

2.BitFlyerは、ビットコインの取引高No1の取引所

3.Zaifは、 BTC・XEM・MONAを扱っています

3.Zaifは「仮想通貨の不正引き出しに補償」に参加していませんが、追随するのに時間はかからないでしょう。

また、先ほど申し上げたように分散保有しておくためにも、アカウントを開設しておくことをおススメします。