【最新情報】
友だち追加

クローバーコイン2018年2月上場?Wallet作成方法を詳しく解説



クローバーコインは、平成29年10月28日から平成30年1月27日までの3か月間、業務停止処分となっておりますが解約・返金をご希望される会員様には「快くお受けします」とされているので安心してください。

※銀行口座が凍結している為返金に時間がかかる場合がありますとのことです。

ですが、クローバーコインは「取引所の許可が下り上場される」と言うではありませんか、それでもあなたは解約されますか?

※上場予定は2017年12月でしたが、取引所の条件で業身停止期間(平成29年10月28日から平成30年1月27日まで)を終えてからの上場となりましたので、2018年2月まで延期されました。

今回は、解約されずに保有されている方に、Walletの作成方法を解説します。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

48ホールディングスからのメールを確認

48ホールディングスから「48HoldingsからWalletアプリとTokenアプリのアカウント情報のお知らせ」と言う件名のメールが届いていると思います。

見つからない場合は、お問い合わせ専用メール⇒48holdings.4848@gmail.com

こちらには、あなたのアカウントの情報が記載されています。

・Walletアプリのログイン情報
IDとパスワード

・Tokenアプリのログイン情報
IDとパスワード

・Walletアドレス

になります。

Wallet(ウェブ版)

Wallet(ウェブ版)へのログインページ⇒こちらから

ID」と「パスワード」を入力し「ログイン」しますと「Token」を入力するように促されますので「Token」を入力し「実行」をクリックするとWalletが表示されます。

※「Token」の獲得方法は、以下の「Tokenアプリの作成方法」で確認してください。

Walletアプリの作成方法

・Walletアプリ(iOS版)インストール⇒こちらから

・Walletアプリ(Android版)⇒こちらから

BTCdreamはAndroidですのでAndroidで解説しますが、パソコンからインストールする場合の解説となります。

インストール」をクリックします。

Googleの本人確認の為「パスワード」を入力し「次へ」をクリックしてください。

端末名が表示されますので、間違いが無いか確認の上「インストール」をクリックしてください。

OK」をクリック。

ID」と「パスワード」を入力し「サインイン」しますと「Token」を入力するように促されます。

Token」を入力し「実行」をクリックするとWalletが表示されます。

※「Token」の獲得方法は、以下の「Tokenアプリの作成方法」で確認してください。

Tokenアプリの作成方法

・Tokenアプリ(iOS版)インストール⇒こちらから

・Tokenアプリ(Android版)インストール⇒こちらから

インストール」をクリックします。

※Googleの本人確認の為「パスワード」の入力が表示される場合「Walletアプリの作成方法」と同じ要領で行ってください。

端末名が表示されますので、間違いが無いか確認の上「インストール」をクリックしてください。

OK」をクリック。

ID」と「パスワード」を入力し「ログイン」します。

ログインしますと、赤い枠の所に「Token」が表示されます。

※Wallet(ウェブ版)・Walletアプリに「Token」を入力しても拒否される場合「更新」をクリックして新たに「Token」を獲得してください。

クローバーコインやリップルを保有されている方は、間違いなく表示されるか確認しましょう。

お疲れさまでした。

最後に

クローバーコインは、2018年2月に香港の取引所からの上場許可が下りています、Walletからは簡単に送受信できますので、上場を楽しみに待ちましょう。

BTCdreamは、BinanceKuCoinに上場されると考えています。



2月まで時間がありますが、BinanceかKuCoinにはICO案件の仮想通貨(アルトコイン)が数多く上場されています

出来れば、取引所の扱い方を学習するためにも、早めに口座開設しておくことをおススメします。

≪KuCoinの口座開設方法≫

KuCoin公式ページで口座を開設⇒こちらから

KuCoinの口座開設を詳しく解説⇒こちらから

≪Binanceの口座開設方法≫

Binance公式ページで口座を開設⇒こちらから

Binanceの口座開設を詳しく解説⇒こちらから