「 仮想通貨-エアドロップ 」一覧

CoTraderのICOに登録2500トークンをエアドロップで貰う申請方法

CoTraderのICOに登録2500トークンをエアドロップで貰う申請方法

CoTraderのICOに登録して2500トークンをエアドロップで貰う申請方法を仮想通貨初心者の方にも分かりやすく解説。CoTraderは評価サイトICOBenchで4.4/5.0の評価を受けているトークンセールも注目されるICOです。ICOプレセールは8月10日からエアドロップはROUND2も予定されています。

DADトークン$50分エアドロップで貰う方法|仮想通貨初心者・MLM参加者

DADトークン$50分エアドロップで貰う方法|仮想通貨初心者・MLM参加者

DADのICOに登録するだけで1,000DADトークン$50分をエアドロップで貰う方法を解説。仮想通貨を始めようとお考えの方におススメタダで貰えるエアドロップ。既にグループ(MLMや地域活動・学校など)をお持ちなら紹介コードからエアドロップの申請だけ。エアドロップは仮想通貨が無料で貰えるので喜ばれます。

EasyOption取引所トークンEOPT$200エアドロップで貰う方法

EasyOption取引所トークンEOPT$200エアドロップで貰う方法

EasyOption取引所のEOPTトークン$200分をエアドロップで貰う申請方法を分かりやすく解説。エアドロップの申請はTelegramだけで完了するので簡単です。取引所トークンなので上場は当たり前なのですが「60%の収益でEOPTを買い戻す」とされており、高騰する可能性は高いでしょう。

WEBUY1300WBYが貰えるエアドロップ|テレグラムBotだけで申請

WEBUY1300WBYが貰えるエアドロップ|テレグラムBotだけで申請

WEBUYのICOでテレグラムBotに申請だけで1300WBYトークンがエアドロップで貰えます。ERC20のイーサリアムアドレスの登録方法・友達・友人を紹介するコードの取得方法を詳しく解説。エアドロップは将来有望な優良ICOを見つけるのは困難で、高額エアドロップも良いが配布・上場されなければ意味がありません。

AVINOCのICOに登録・購入方法|$350分をエアドロップで貰う方法

AVINOCのICOに登録・購入方法|$350分をエアドロップで貰う方法

AVINOCのICOに登録する方法・購入方法・エアドロップ申請方法を分かりやすく解説。最大$350分のトークンが貰えるとしています、11のSNSアカウントが必要なため全てのタスクを完了するのは困難だと思われます。ですが、他のエアドロップと比べても高額配当ですので、出来るタスクだけでも申請することをおススメします。

BitFluXで5,000FLXトークン50ドル分をエアドロップで貰う方法

BitFluXで5,000FLXトークン50ドル分をエアドロップで貰う方法

BitFluXの公式テレグラムBotでSNSをフォローし5,000FLXトークン50ドル分をエアドロップで貰う申請方法を詳しく解説。エアドロップは無料で仮想通貨を貰う事が出来、仮想通貨初心者の方におススメです。取引所トークンが高騰しやすいと人気になっていますが、どの仮想通貨が高騰するかは誰にもわかりません。

SatoExchange登録・入金出金・売買方法|SATXエアドロップ貰い方

SatoExchange登録・入金出金・売買方法|SATXエアドロップ貰い方

SatoExchange取引所の登録方法・入金・出金・売買方法、エアドロップ貰い方を解説。取引所トークンSATX150→15ドル分を登録した方全員にエアドロップ。サトエクスチェンジのSATXトークンは今一番高騰が期待ができる取引所トークンでCoinEXは3か月で最高約24倍・Binanceは最大205倍まで高騰。

SportsLedgerのICOに登録|SPSLトークンエアドロップ申請方法

SportsLedgerのICOに登録|SPSLトークンエアドロップ申請方法

SportsLedgerのICOに登録しSPSLトークンエアドロップ申請する方法。無料アプリをダウンロード&レビューや公式SNSをフォローするだけの簡単作業でSPSLトークンが貰えます。仮想通貨は詐欺コインと言われていても将来どうなるかは分かりません、積極的にエアドロップに参加しておきましょう。

仮想通貨が貰えるICOに無料登録|リツイートで何度でもエアドロップまとめ

仮想通貨が貰えるICOに無料登録|リツイートで何度でもエアドロップまとめ

ICOメディアにAffiliate無料登録しバウンティに参加、リツイートやブログで紹介で何度でもエアドロップで仮想通貨が貰えます。1メディアで最高12,825円分エアドロップ、まだ継続中。ICOを行う機関はそれぞれですが、期間中何度でも申請できるので他のエアドロップより効率よく仮想通貨を増やすことができます。