【最新情報】
友だち追加

分散投資



HYIP(高配当投資)をこなうにあたり、絶対守らなければならないこと。

その1つに「分散投資」があります。


分散投資」は、HYIP(高配当投資)を運用することだけではなく、株売買・FX取引・不動産購入など資産運用を行う場合は全てにおいて必要とされています。

分散投資を行う理由は?


例えば、株を購入する場合:


あなたは、ライブドア事件を覚えていますか?

BTCdreamはライブドア事件の時、ライブドアの株式を保有していましたが、この事件を発端に上場株式が抹消され、紙切れとなってしまいました。


BTCdreamは、株式を学習している最中で、まだそれほど大きなお金を投資していたわけではありませんでしたが、分散投資の概念がない中保有していましたので、運用資金を全て無くしてしまいました。


この時、分散投資を行っていれば、一部の資金を無くすだけで済んでいたはずです。


HYIP(高配当投資)運用の場合:


HYIP(高配当投資)運用を始めるにあたり注意しなければならないのが「案件が何時まで続くのか?」と言う事になります。


2017年現在は「悪質な詐欺案件の数は減少していますが、まだまだ存在する」と言うのが現状です。


ですが、BTCdreamを利用して頂ければ、最悪の案件を運用することはないと思われます。


ここで、長期運用可能な案件を運用したとして、1つの案件だけを運用するにはリスクが高まります。


こちらの記事を参考にどうぞ⇒ビットコインHYIP(高配当投資)で破綻を経験|もし分散投資していたら


※1つの案件で運用していた為、全てを失ってしまった失敗例です。


HYIP(高配当投資)運用の場合、一般の投資案件と比べると配当が良い(日利息1.5%前後)ので、短期運用を繰り返すだけで、嘘のような資金運用(稼げます)が可能となります。

分散投資まとめ


もしあなたが、これからHYIP(高配当投資)運用をは始めるなら、必ず分散投資を行うようにしてください。


BTCdreamがおススメする案件を運用する場合、どうしても日利息が高い案件に目が行ってしまうようです。


例えば:

・palmills(パーミルズ):日利息1.8%

RichmondBerks(リッチモンドバークス):日利息1.5%

SportArb(スポートアーブ):日利息1.5%

apex(エイペックス):日利息1.3%

と4件の案件がある場合、どうしてもpalmills(パーミルズ)を運用しがちです(日利息が高いため稼ぎやすいと考える為)。


ですが、この中でpalmills(パーミルズ)が一番最初に「飛んだ~」のです。


もしここで分散投資を行なっていなければ、全てを失ってしまいますよね。


もし10万円の運用資金があるのなら「4案件に分けて運用する」と言うのが理想的ですね。


そもそも、HYIP(高配当投資)と言うものは、いつ「飛んだ~」となるか分かりません。


ですが、それはHYIP(高配当投資)だけじゃなく「ライブドア事件」でもお分かりのように、株式やFXにおいても同じことなのです。


ただ、HYIP(高配当投資)と言うものは、最終的にはほとんどが「飛んだ~」となることを前提として考える必要があります。


それを踏まえて、高配当で莫大な資産を築こうとするのです。


その稼ぎ方で重要なのは、複利運用となります。


複利運用に関する記事は以下に示しますので、参考にどうぞ。

日利息3%~4%を複利で1年間運用するシミュレーション

HYIP(高配当投資)日利息1%~2%を複利で1年間運用するシミュレーション