【最新情報】
友だち追加

BLOCK ECO TOKEN登録&運用方法|月利8%〜20%危険?詐欺?


 配当型ウォレットBlock Ecoが解禁されました。


このようなウォレットがオープンすると、ポンジスキームだ!・危険だ!・詐欺だ!と騒ぎ立てる方が多く見えます。


ですが、プラストークンが1年を過ぎても順調に配当・引き出しできていますし、実際夢のような報酬を受け取っている方も見えます。


いつも言うように、パチンコ・公営ギャンブルや宝くじを買ったり、趣味を少し我慢してやってみては如何ですか?


たった1年我慢しただけで、2年後からは趣味に使う資金が倍増するかもしれませんよ。 

★ 目次 ★
1.BLOCK ECO TOKENとは?
・1.-1.配当型ウォレット案件について
・1.-2.BLOCK ECO TOKENの詳細
2.BLOCK ECO TOKENの特徴
3.BLOCK ECO TOKEN登録方法
・3.-1.アプリダウンロード
・3.-2.ユーザー登録
4.入金〜運用までの流れ
5.友達を紹介される方へ
6.最後に


関連記事はこちら

Global Payウォレット登録から運用方法を解説!


1.BLOCK ECO TOKENとは?

1.-2.配当型ウォレット案件について

これまで配当型ウォレット系の案件は、殆どが韓国・中国からのスタートが多かったのですが、Block Ecoは世界同時オープンとなります。


しかもこのBLOCK ECO TOKENはすでに「カジノでも使える」ようです!


ネット上では「カジノで使えるのは嘘だ!」と批判している記事もあるようですが、運営から次のようなコメントがあったようです。

「Block Ecoについて実際はカジノと提携していないなど発表している方がいます。
実際日本から数名、現地に行き使えるのを確認済みです。安心ください。
現在カジノジャンケットから、公式の発表を出せないかと協議している段階です。
以上です。」

と言う事で、公式発表されたらとんでもないことになりそうですね。


実際に使える通貨であれば、今までの配当型ウォレットより実用価値が高く、かなり話題となると思います。


このような案件を批判される方は、何か他の物を進めていると思われますが、暗号通貨関連であれば、例えメジャー通貨のBTCやETHでも「危険じゃないのか?」と言えば「危険だ!」と思いますが、莫大な稼ぎにもなりうることもお分かり頂けるでしょう。


また、プラストークンの出だしの際にも「ポンジスキームだ!・危険だ!・詐欺だ!」と騒ぎ立てている方がみえましたが、現在の状況をどうとらえているのでしょうか?


私は、とにかく関わらないと、後で「やっとけばよかった」と思いたくないので、出来るだけ吟味した上で運用することにしています。


もちろん保証などできませんので、自己責任で運用して下さいね。 

1.-2.BLOCK ECO TOKENの詳細

BLOCK ECOグループは、以下の4社で構成されています。


・Hantes Finance社

・Ignescent社

・Block Charter社

・Solaire Resort & Casino社

Hantes Finance社は、FINMA(スイス金融市場監督庁)の金融ライセンスを持っており、3年連続でアワードを受賞している優秀なフィナンシャルカンパニーの1つ。


このような企業が関わるのは、他の配当系ウォレットには例がありません。


Ignescent社は、AIでのFXでロウリスクトレーディングを確立、1日に1%〜30%の運用益をあげており、BLOCK ECOでは運用実績を公開にしながら進めて行くそうです。


Block Charter社は2011年に設立された会社で、アビトラージのAI運用、マシンラーニング を得意とする会社で、こちらも日々の実績を可視化して進めています。


Solaire Resort & Casino社はフィリピンにある、最大級のカジノであり、BLOCK ECOのオンラインカジノの提携先でもあります。


すでに世界最大級のVIPカジノジャンケット企業である、サンシティグループと提携しておりサンシティグループでVIPルームのあるマカオや韓国、オーストラリア、フィリピンなど、複数のカジノでBLOCK ECO TOKENが使用ができるようです。


オンラインカジノ Bitpunterでも使用可能となっており、ここからの収益も配当&還元されるとされています (日本語が使えます )。 

2.BLOCK ECO TOKENの特徴

最低運用額:500USドル以上のBTC・ETH・USDT

運用益:月利8%〜20%

配当:block eco token

引出し手数料:28日以内で5パーセント&28日以降は1パーセント(元本、配当共) 

ロックアップ:

3か月:デポジットの25%ボーナス還元 

12か月:デポジットの100%ボーナス還元


※ロックアップのレートで固定計算。 

アフィリエイトはMLM型

90日スタートダッシュ限定特別配当!


・レベル1:収益の110%
・レベル2:収益の50%
・レベル3:収益の30%
・レベル4:収益の20%
・レベル5~10:収益の10%
・レベル11~20:収益の5%


かなりの勢いで運用される方が増えると予想されます、まだほんのわずかな方達しか登録さえしておりませんし、ウォレットもプレ登録用のウォレットです、ぜひ是非早期参加して下さい。! 

3.BLOCK ECO TOKEN登録方法

3.-1.アプリダウンロード

ダウンロードURL:

http://www.blockecolive.com

注意!:androidはChromeを開いて貼り付けてダウンロードして下さい。

紹介コード:5304stpHe




画像のように「Iphone」「Android」の各バナーをタップしダウンロードします。 

iPhoneの信頼設定

注意!:iPhoneの方のみ信頼設定を行ってください。





インストール」→「設定」とお進みください。





一般」→「プロファイルとデバイス管理





Guangzhou ・・・」→「信頼



Androidの場合:







以上で「iPhone」「Android」ともインストールが完了しますので、引き続き登録にお進みく゚ださい。 

3.-2.ユーザー登録

アプリを立ち上げると、次の画面が表示されます。





Languege」をタップし「日本語」を選択してください(必須ではありません)。








登録」をタップ→画像のように入力→「登録


・ユーザー名はログインIDとなります(英数字)。

・メールアドレス

・パスワード

・パスワード確認用

・紹介コード:5304stpHe


分からない事などありましたら、LINE@に登録し質問して下さい! 

4.入金〜運用までの流れ

BLOCK ECOの運用設定は非常に簡単にできています。


注意!:運用は500ドル以上($500を割ると運用が停止するので、$700ドルほど送金することをおススメします)のBTC・ETH・USDTとなります。


まず、暗号通貨をお持ちの方は運用する価格分の暗号通貨を送金、お持ちでない方は(BTC・ETH・USDT)取引所などで購入して下さい。


参考!:GMOコイン公式登録ページ⇒こちらから


入手されましたら、BLOCK ECOウォレットへ送る→自動で運用開始。


※ちなみに、私はETHをおススメします、理由は「6.最後に」で解説します。





財布」→「入金する」とお進み下さい。





ETHを送る場合は「ETHを入金」をタップ→アドレスをコピー→各取引所&ウォレットから送金してください。 

CoinBaseからの送金例:




送金ETH数(73,375円)を入力→アドレスをコピー→確認画面→「Confirm」をタップし送金してください。


これで、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)への入金は完了し、着金がされると自動で運用が開始されます。


注意!:日本時間AM1:00~AM10:00は、入金作業がストップし、AM1:00~AM10:00に入金した資産は、AM10:00以降の反映となります。 

5.友達を紹介される方へ

配当型ウォレットを運用される方が増え、友達を紹介して紹介益を得る方も増えてきましたので、紹介方法もお伝えすることにしました。





お友達に教える際は上記のコードをお伝えくださいね、緑の枠の所をタップするとコピーできます。 

6.最後に

暗号通貨の運用は、保有しているだけで価格高騰を狙う方が多いのですが、昨今の価格推移を見て頂ければお分かりのように、中々思うように高騰してくれません。


配当型ウォレットが人気になるのは運用益が高いのもありますが、Wotokenやプラストークンのように、運用時の通貨より価格が高騰すると、運用額が自然に高騰するので配当も多くなります。


例えば、2018年11月にプラストークンを始めた方のETH価格は$110程(5ETH=約60,000円)でしたが、毎日の配当を複利運用し約2倍(10ETH)になりました。


現在10ETHですと、$243.97x10ETH=$2,439になり、この価格に対する0.3%(約$7.3/日:複利で$253/月)が配当されているのです。


もちろん、ETH価格が高騰したことで恩恵を受けてはいますので、下落すれば反対の結果になりますが、今後の価格をどう予想するかによっては、思わぬ配当になる可能性があります。


私がETHをおススメするのは、BTCより価格高騰率が良いと考えているからです、是非参考に運用してください。