【最新情報】
友だち追加

Bit-Z取引所のプラットフォームBZトークンをエアドロップで貰う方法



Bit-Z取引所は、2018年6月25日に「Trading Mining」が始まりました。



Trading Mining」とは?Bit-Z取引所のプラットフォームトークン(BZトークン)をエアドロップで配布することで「特別マイニングを行う」と言うのではなく、取引することでマイニング(新規発行)されるようです。



※独自トークン=プラットフォームトークン。

★ 目次 ★
1.プラットフォームトークン
2.代表的な海外取引所のトークンチャート
3.マイニングでエアドロップ?
4.「取引マイニング」通貨は?
5.最後に

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

1.プラットフォームトークン

Bit-Zには既にVTCと言う独自トークンがありましたが、他の海外取引所の独自トークンとは違い投票用として利用されており、取引手数料などを削減仕組みはありませんでした。



今回、他の海外取引所の多くが利用している独自トークン(BZ)を発行することで、手数料の削減・新規上場通貨のエアドロップ等が行われるようになります。



プラットフォームトークンの殆どは、取引所が四半期ごとに利益の一部を使いトークンを購入しバーンするよう設定されており、総トークン量が徐々に減少する為通常のコインより高騰しやすくなっています。



Bit-Z公式登録ページ⇒こちらから

2.代表的な海外取引所のトークンチャート

Binance:



Huobi:



CoinEx:



ここで、注目してほしいのは2018年年頭からの推移です。



ビットコインを始めとするほとんどの仮想通貨が下落している中、プラットフォームトークンは高騰を続けています。



もちろん定期的にバーンされること・取引所の規模が大きくなるほど利用されることになりますので高騰しやすくなりますね。

3.マイニングでエアドロップ?

今回のエアドロップは「取引マイニング」と言う形で配布されます。



「取引マイニング」の進行状況は、マイニングページからリアルタイムで表示できます。



「取引マイニング」の進行状況⇒こちらから



マイニングでエアドロップと言いますが、実際は次の項でお伝えするMarketで指定の通貨を売買するだけです。



※「取引マイニング」と言う言葉を独自で作っていると考えられます。

4.「取引マイニング」通貨は?

ログインし「Exchange」をクリックします。





BTC・USDT・DKKTの3つの通貨での取引でBZトークンを貰う事が出来ます。

・BTCMarket:ETH



・USDTMarket:BTC・ETH



・DKKTMarket:BTC・ETH・VTC



※各Marketで「BZ」マークが入っている通貨の売買を行うとマイニングでBZトークンが貰えます。

5.BTCMarketでETHを購入

BTCMarketでETHを購入してみます。





・赤い枠:ETH/BTCペアの価格

・緑の枠:購入するETH数

・青い枠:トレードパスワード

・黄の枠:購入ボタン



購入が確定し暫くすると「Funds」に反映しました。



Funds」の確認は⇒こちらから

6.最後に

通常なら、プラットフォームトークンを発行するのは取引所がオープンする時期となり、顧客の獲得が問題となりますが、Bit-Zは既に顧客を獲得し稼働している取引所です。



昨今は、新規上場されるコインも多く注目されている中でのBZトークン発行ですので、期待できます。



また、トレードを行う方ならどちらの取引所を使っても同じだと思います、せっかくなのでエアドロップでBZトークンが貰えるBit-Zを利用されるのがおススメですね。



Bit-Z公式登録ページ⇒こちらから