【最新情報】
友だち追加

BitMonster【出金申請可能日変更】詐欺の兆候?着金に不安を持たれている方へ


【出金申請可能日変更のお知らせ】



この度、BTCdreamは本気で運用しているBitMonster(ビットモンスター)から、出金申請可能日を変更とする通達がありました。

この変更で多くの方が不信感を持ったようで「詐欺の兆候だ!」と言う声が届いています。

ここでは、この【出金申請可能日変更】となった経緯を解説します。

BTCdreamでは、この【出金申請可能日変更】は、詐欺の兆候どころか確信を深める内容となっています。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。
※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

これまでに無いHYIP案件

BitMonster(ビットモンスター)は、4月15日にプレオープンし、5月1日にグランドオープンしたHYIP案件です。

これまでのHYIP案件は、実際に運用していないポンジスキーム(自転車操業)が殆どで、紹介を出さないとほとんどが元本回収する前に出金停止・サイト閉鎖(破綻)すると言う内容のものでした。

また、これらのHYIP案件は資金調達するために、時間が経つにつれ魅力的なキャンペーン(配当率アップ・日利息アップ)などを行っていました。

ところが、このBitMonster(ビットモンスター)は、認知度が上がる(投資しやすくなる)につれ配当率・日利息がダウンしていくと言う、本気の案件と取れるシステムで運用されています。

≪合わせてお読み頂くと理解が深まります≫


配当率・日利息がダウンしていく記事⇒BitMonster【最新情報】7月1日タイトルボーナス追加|日利息1.0%終了0.95%に

そんな本気のBitMonster(ビットモンスター)問題が発生しました。

出金依頼殺到で業務に支障

ビッテラー社は、アービトラージとFXトレード運用のハイブリッドとその運用資金をBitMonster(ビットモンスター)で集める業務を行っています。

実際に、アービトラージとFXトレードで運用しながら、BitMonster(ビットモンスター)の出金手続きも行っています。

ビッテラー社では、出金手続きについて「トレード利益の最大化」と「セキュリティ確保」などを始め、様々なバランスを考慮しながら1つ1つ丁寧に進めておられます。

ところが、最低出金額0.105BTCが貯まるとすぐに出金申請する方が多発し、アービトラージとFXトレードでの運用に集中できない事態となっています。

私たちがBitMonster(ビットモンスター)へ投資を行っているのは、アービトラージとFXトレードでの運用でビッテラー社に利益を出して頂き、その利益から配当を貰うことが目的です。

出金申請が多発することで、ビッテラー社の運用に支障をきたしては、私たちの利益が無くなることにもつながりますし、運営自体廃止されることにもなりかねません。

こんな事態を重く見た、ビッテラー社が【出金申請可能日変更】と言う案を提供されたのです。

では、今一度私たちが運用しているビッテラー社の利益獲得の流れを確認してみましょう

資金の運用方法と出金依頼の対応

1.FX取引口座に入金をし、レバジッジなどかけポジションを入れる。

2.利確もしくは損切り時にポジションを外す。

簡単に言えば、この2つの工程で利益を上げていきますが、運用は長期・中期・短期と様々な運用方法で行っています。

そもそも、定期的に出金という概念は少ないのですが、BitMonster(ビットモンスター)で運用されている方(出金依頼)の支払いの為、少なからず願ってもいないタイミングで決済しなければならなくなることがあります。

当然集まった資金のほとんどを運用するわけですから(出金依頼)の支払いの為だけに決裁する必要があるわけですが、この行為がトレードの利幅を減少させてしまいます。

本来これは行わない方が、ビッテラー社は安定した利益を獲得していくことができます。

となると、我々1人1人ができるだけ少なく出金依頼することが重要になってきます。

私たち投資家が行う事

これまでの内容をお読みになられた方には、

「そんなこと言ったって元本は早く回収したいです」

「私は、ビッテラー社を信頼しているわけではない」

「最低出金額が、0.105BTCだったから投資したんだ」

などと思われる方も見えるかもしれませんね。

ですが、前項で解説しているように、ビッテラー社の運用に支障をきたすようでは、運用をする意味がありません。

ただしシステムにしてる以上、ビッテラー社も努力されています。

ですので、できるだけ出金回数を減らすことにご尽力する方針で、運用されることをお願いしておきます。

今後も0.105BTCで出金申請を行う程信頼がおけないのであれば、BitMonster(ビットモンスター)の運用から撤退することもお考えになられればと思います。

出金申請可能日が変更となりました

私たちへの利益を確保するためには、ビッテラー社の利益を最大にして頂く必要があります。

そこでビッテラー社は、皆さまのライフスタイルを考慮し、出金を週末にまとめることにして頂くことをシステム側から提案することにしました。(金・土・日)

これまで毎日可能であった出金依頼日を(金・土・日)にすることで、月曜日から木曜日までの期間をトレードに集中することが可能となります。

ビッテラー社のトレード集団は優秀で、月利50%の利益に対して40%が皆さんへのボーナス、10%がビッテラー社の取り分という形で設計されております。

ビッテラー社の運用に影響がなくスムーズに回れば、アービトラージを行うにあたり、取引所が国家管轄下に置かれない限りは、かなり面白い世の中の状況なのです。

この月利を維持するにあたり、ビッテラー社も最大限にトレードに集中されておられ、私たちがこの恩恵を受けるためには、ビッテラー社を信じて騒がず・焦らずにお待ちいただくのが賢明かと思われます。

高額運用をされている方へ

BTCdreamBitMonster(ビットモンスター)グループには、100ビット以上入れられている方々もおられます。

これまでの内容を加味し多少予定と異なっても、最終的にはきちんと対応されるから大丈夫と信じて皆さん待たれています。

ちなみに、最近の着金が伸びている理由はいくつかあるのですが、その1つとして、0.1ビットたまったら即時出金を繰り返されている方が相当数おられる話も伺いました。

最近の他の案件の事情もあり「まずは元本確保」という風潮が強く、気持ちは理解できなくもない点もあります。

しかし、この「ちょこちょこ出金作業」は、完全にビットモンスターの運用に関して、成長するどころか逆に自ら首を絞めている行動を理解して下さい。

特に着金に関して不安を持たれている方へ

ビッテラー社では「4~7日はあくまでも目安であり、遅れる場合もありますのでご理解下さい。」とされています。

これまでの解説の通り、出金依頼が殺到している中4日~8日で着金されています、決して出金が滞っているわけではありません。

我々が参加しているビットモンスターのボーナス源となっている「アービトラージやFXの運用」については「順調に利益を重ねている」と言う報告を頂いております。

現時点では、少額での出金依頼が多発している状況です。

にも拘らず、最大8日で着金確認できるのは、多大な努力をして頂いていると察します。

今週から始まる(金・土・日)出金依頼で「4~7日」での支払いが可能となるかもしれませんね。

最後に

とにかく、ビッテラー社を信頼できる方の参加をお待ちしております。

BTCdreamは21.1BTCまでは、すべて再投資(自動複利運用設定)で突っ走ります。

何故21.1BTCなのか⇒こちらから

BitMonster(ビットモンスター)に登録するなら⇒こちらから

BitMonster(ビットモンスター)の登録方法は⇒こちらから