【最新情報】
友だち追加

BitMonsterってハイリスクハイリターン?高額資金ならソーシャルレンディング



今回は「少額資金で始める資産を増やす方法」について解説します。



まず、投資を行う際に考えるのが、ハイリスクローリスクですよね。

世の中には、大富豪と呼ばれる方々が多くおられ、彼等の元に来る投資案件は、いわゆる「ローリスク・ハイリターン」と呼ばれる夢のような投資案件です。

この「ローリスク・ハイリターン」なんですが、我々一般の所にはまずきませんし、たとえ来たとしても投資すらできないでしょう。

と言うのも、これらの案件に投資する金額は「数億とかではなく数十億・数百億」と言う一般人にとってはバカげた資金を要します

以前、BTCdreamが商売を行っていた時に、お付き合いがあったホテルのオーナーの所には、数億円の投資案件が来ていました。

BTCdreamも乗りますか?」と言葉をおかけいただいた事がありますが、とても出資できる金額ではありませんでした。

ですが、このホテルのオーナーは大富豪なんかではありません。

成功者ではありますが、まだまだ大富豪のレベルではありませんでした、にも拘らず高額出資の案件話が舞い込んでいました。

と言う事で、我々一般人は「ローリスク・ハイリターン」の案件には出資できないことになります。

となると、

ローリスク・ローリターン」「ハイリスク・ハイリターン」「ハイリスク・ローリターンの3つが残ることになります。

ちなみに、大富豪はこの3つには絶対投資しません。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

少額で資金を増やすパターンは?

この中で「ハイリスク・ローリターン」にはいくらなんでも投資しませんよね。

となると、

ローリスク・ローリターン」「ハイリスク・ハイリターン

の2つの選択肢が残ります。

ここで考えてほしいのは「どのくらい資産を増やすことが可能か?」と言う事です。

例えば「ローリスク・ローリターン」を選択した場合、年間~10%位の配当が精一杯でしょう。

比較的安全と呼ばれる投資信託でも、楽天証券のNo1に輝くグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)」でさえ次の画像の通りです。

1年で、22.12%となっていますが、20%を超える投信なんてまれで、なかなかお目にかかれないのが実際のところです。

また「たまたま1年間だけ20%を達成したが、2年目以降は数%しかできなかった」と言う事はよくある話です。

こんな中、安定して配当を受け取ることができる「ソーシャルレンディング」と言う投資案件が、今日本でも注目されています。

ソーシャルレンディングは、元本保証はないものの高い金利が魅力的な、新しいハイイールド投資案件です。







BTCdreamも2014年ころに、ブラジルがらみの投信を保有しましたが、オリンピックでお分かりの通り不安定なブラジル経済に巻き込まれ、50%以上の値下げをこうむりました。

チョットお考え下さいね、20%と言ったら1,000万円を投資しても、年間200万円にしかなりません、ところが楽天証券のNo1でさえこんなもので、他の案件は10%以下でもプラスになれば良い方なのです。

今新しい投資先として考えるのでしたら、投資信託よりソーシャルレンディングが良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンって危険なの?

我々が投資する先として残ったのが「ハイリスク・ハイリターン」ですね。

値動きの変動幅が大きく「ハイリスク・ハイリターン」の代表的なのが株・先物などです、これらにしても、数十万円の投資で大きく稼ぐことは困難でしょう。

BitMonsterならどうでしょうか?

どうせ「ハイリスク・ハイリターン」に投資するなら、夢があった方が良いではありませんか?

BitMonster(ビットモンスター)は、6月中は日利息1%で年間365%で運用できます。

株・先物なども、資金を失う可能性は0ではありません。

13年ほど前の事ですが、BTCdreamLiveDoorの株を保有していました、ホリエモン事(堀江貴文)さんが起こした事件で、ものの見事に紙切れとなりました。

また、 2010年1月に会社更生法適用を申請、JALこと日本航空が倒産しましたね。

こんな株式になけなしの資金を投じてしまっては、資産を増やすも何もありません。

ここまでお読みになられた方は何か感じることはありませんか?

そうなんです「少額資金ならハイリスク・ハイリターンに資金を投じても良いんじゃないか?」と言う事なんです。

株・先物や比較的安全とされる投資信託でさえ、数十万円の運用ではほとんど資産を増やすことはできません。

どうせ資金を投じるなら、少額資金でハイリターンを狙ってみましょう、と提案するのがBitMonster(ビットモンスター)なのです。

BTCdreamが初期投資した資金は、0.4BTC(当時約135,000円の相場:54,000円)でした。

このくらいの金額なら、パチンコや公営ギャンブル・宝くじを購入するくらいの気持ちで、気軽に始められるのではないでしょうか?

BTCdreamの場合、紹介もたくさんしていることもあり、現在3.0BTCを超えています。

これだけ稼げば充分だろう」と言う声も聞こえそうですが、BitMonster(ビットモンスター)に関しては絶大の信頼をしています。

≪BitMonsterを信頼する理由≫


莫大な資産を構築するシミュレーション⇒こちらから

日利息1.0%→0.95%へ人気の優良HYIP案件⇒こちらから

資金集めを続けるために多くのポンジスキームは、時間が経つにつれ魅力的なキャンペーンを行い、資金が途絶えないよう運営してきました。

しかし、BitMonster(ビットモンスター)真逆で、資金が集まるにつれ、日利息を下げていくシステムです。

このシステムを見た時、ポンジスキームではなく、本当に運営しているんだと直感で感じました。

ですので、まずは21.1BTCまで突っ走ります。

もしBitMonster(ビットモンスター)が「1年も続いたら莫大な資産を構築できる」と言う夢を追いかけることができますね、これたった54,000円で楽しめるのです、面白いじゃありませんか?

株・先物や比較的安全とされる投資信託で、ひやひやしながら数百万も投じるよりずっと気楽に運用できると思いませんか?

よく見かけるHYIP案件批判サイト

BitMonster(ビットモンスター)の事を、6月か7月までだろうとしているサイトもありました、批判されているサイトは何を販売しているのでしょうか?

・クリック広告で収入を得ているの?

・アフィリエイトで稼いでいるの?

・はたまた、コンサルやSEO対策で稼ぐの?

あなたは、以上のような集客に誘われていませんか?

BTCdreamでも「危険な仮想通貨に気をつけてください」と注意勧告していますので、同じようなものですね。

ここまでお読みになられた方なら、BitMonster(ビットモンスター)の面白さがお分かり頂けたのではないでしょうか?

要は、あなたが無くなっても良いお金を、パチンコや公営ギャンブル・宝くじを購入するのか?

はたまた、お酒を飲みに行くのか?可愛い彼女とデートするのも同じですね。

現在ビットコインが高騰し、0.3BTCBitMonster(ビットモンスター)に投入すると、90,000円近くかかってしまいますので、BTCdreamの時と比べると参加しずらいかもしれませんね。

興味がありましたら、登録してみてください、きっと楽しく配当を受け取ることができますよ。

BitMonster(ビットモンスター)に登録するなら⇒こちらから

BitMonster(ビットモンスター)の登録方法は⇒こちらから

BitMonster(ビットモンスター)も投資案件には違いありません、運用は自己責任でお願いいたします、BTCdreamは一切の責任を負いかねます。