【最新情報】
友だち追加

BitMonster・D9Club出金停止で詐欺騒動!着金報告は?訴訟問題に発展?



今回は、「BitMonsterの着金は何時になりますか?」という問い合わせについて解説します。

回答は「何時になるか?なんて運営側しか分かりません。

未確認の着金情報があるのは確かですし、ネット上では、7月2日申請分が支払われるとされているところもありました。

ただ、これは8月16・17日に支払われると言う情報でしたが、着金したと言う情報はありません。

現在の状況としては「運営側の腹1つ」返す気が「有るか?無いか?は誰にも分からない」と言う事です。

CoincheckNEM流出問題で、コールドウォレットの必要性が問われています。

※当ブログでLedger NanoS 設定方法・使い方を解説しています、まずは購入を!

そもそも、BitMonsterは投資ですよね!

日利息1.0%」と言うHYIP(高配当投資)案件でなくても、株や投信・FXなども同じで保証など最初から一切ありません。

BTCdreamから登録された方は、何度も言われておりますので理解され、余剰資金(無くなっても良いお金)で運用されているはずです。

また、他のサイトから登録された方も多くはこのことを理解したうえで運用されていますね。

しかし、中には理解せずに運用されていた方もいるようです。

BANDと言うチャットアプリで「着金情報や・Bitellerからの情報」などを有志の間で配信されていました。

しかし、今回の着金問題が発端で、騒ぎ出した方達がいます。

せっかく「着金を待つしかないので、信じて待ちましょう」と配信されていましたが、一部の方々が不安をあおるコメントをされ、逆に「不安を巻き起こすことになる」と判断した管理者が、BANDを閉鎖する事態になりました。

あなたはご存知でしょうか?

D9Club・Senerが訴訟問題になっていることを。

D9Club・Senerが訴訟問題の記事⇒こちらから

D9Club出金停止で騒いだ結末は?

このD9Clubも出金停止になった際、日本にD9Clubを持ち込んだとされる藤山カルロスと言う人物(日系ブラジル人と言われていました:BTCdreamは参加していなかったので定かではありません)。

この藤山カルロスが「直接D9Clubの本社に乗り込んだ」と言われています。

で、いったい何が起こったのでしょうか?

運営側も人間です、藤山カルロスの主張は「全額返金せよ」と言うもの、当然ですね。

ですが、運営側はこの時点で「全額返済などできない状況だった」とのことです。

で、何が起こったかと思いますか?

藤山カルロスからの組織には一切返金しない」と叩きつけられたと言う事です。

結果、日本人のほとんどが藤山カルロスからの組織であったため、返金されませんでした。

※「他組織には返金された?」とも言われています。

以上のように「騒いだところでなにも良いことは無い」と言う事は明らかです。

確かに「着金するのか?」不安があるでしょう。

しかし、BitMonsterが時間がかかっているとはいえ出金作業を着々と進めているとして、騒げば早く着金しますか?

先程のD9Clubのように「運営側が切れてもう出金しない」と言われたら如何ですか?

待てば貰えるはずだった資金が完全に凍結されますね。

実際、着金情報もありますが、BTCdream自身着金していおりませんので定かではありません。

一応画像添付しておきますね。


次の画像は、LINEでのやり取りで「2.1BTCが着金した」とされています。



次の画像は「8月12日に1.224BTCが入金された」と言う事実を証明するメールの画像として投稿されたものです。

これらが事実だったとして「騒ぐことが残りの着金を無くすことに繋がる恐れがある」と言う事です。

どんな投資にもリスクがある

また、最初に申したように、投資を行うにあたって資金を無くすリスクは、BitMonsterでなくても同様にあります。

日本航空の株が紙切れになった事は記憶に新しいですね。

この時、お金を返せと騒いで返ってきたと思いますか?

BTCdreamは、堀江貴文さんが社長として運営していたLiveDoorの株を保有していましたが、見事に紙切れになりました。

ですが、これらも同じように投資リスクです、騒いでも何も起こりません。

逆に、騒ぐこと自体私には不思議に感じますが如何ですか?

当サイトでも、BitMonster が「長期運営されるなら投資すべき案件」として推奨してきましたが、同時に判断は「ご自身がすることを強くお願いしています」し、「強要するようなことは一切ありません」でした。

もし他サイトから登録された場合でも、強要はされていないと思います。

最後に

BitMonsterは、10日間で「出金リスト86,423件の内1,800件が終了した」とされています。

私達出資者は、待つ以外ありません。

また、このまま着金しないなら諦める以外ありません。

それが投資だ!」と思う以外ないのです。

また「訴訟を起こす」などと言われている記事もありますが、如何なもんでしょうか?

あなたがお幾ら出資したか分かりませんが、裁判費用・Biteller社にも弁護士が付きます。

あなたは、BitMonsterに登録す得る際「規約に同意」と言う欄に✔を入れていますね。

はたして出資に対する訴訟で勝ち目などあるのでしょうか?

はたして何%返金できるでしょうか?


D9Club・Senerが訴訟問題の記事⇒こちらから


上記事で、D9Club・Senerで首謀者となっている方達の中には、既に新しい(詐欺?)案件を紹介している方も見えます。

記事でも解説していますが、首謀者達は年間数億も稼ぐ猛者たちです、それなりの弁護士が付きD9Club・Senerの問題などなかったかのように、次の案件に取り掛かっているいるのです。

D9Club・Senerで首謀者達のNEW案件紹介⇒こちらから

結局、余剰資金を「宝くじやパチンコ・公営ギャンブルに掛けた感覚で運用する以外ない」と言う事です。

ですが、まだ着金しないと決まったわけではありません、最後の最後まで期待を持って待ちましょう。

※ちなみに、BTCdreamは5BTCほど出金依頼していますし、BTCdreamの紹介者は60BTCほど出金依頼しています。