【最新情報】
友だち追加

BitMonster解散した理由!21日~出金申請で参加者が100%利益を得る



BitMonster(ビットモンスター)解散(出金停止)しましたが、7月21日出金申請が始まっています。

初日に出金申請を行った方は、今日で5日目となり、着金を「今か?今か?」と待ち望んでいることでしょう。

今回は、BTCdreamが思う「BitMonster(ビットモンスター)の着金が滞りなくできた時の考え方」を解説します。

BitMonsterが解散(出金停止)した理由は?

1.少額をこまごま出金される方が多く、Bitteler社のトレードチームが運用に集中できなかった。

2.一部の悪質な業者が、代行登録を行い出資金を搾取及び効率の良い配当を得る配置をした。

上2つの理由が大きな解散理由となります。

※1.は再三の忠告をされていたのも関わらず、減少することがありませんでした。

※2.は、論外ですね(犯罪と変わりません)。

これでは、Bitteler社も愛想をつかしてもしょうがないですね、1部の方のおかげで、まじめに取り組んでいた人にも迷惑がかかりました。

HYIP案件の出金停止は致命的

これまでのHYIP案件なら、ここで解散・出金停止したことはサイト閉鎖(破綻)となり、間違いなく「飛んだ~」となります。

なぜなら、一度出金停止状態になると、多くの参加者は不安が募り、再開されたと同時に出金依頼が殺到し、新たに入金される方はほぼ無くなります。

これら多くのHYIP案件は、ポンジスキームで運営を行なっている為、新たに入金する参加者がいないと、配当を出すことができなくなるからです。

現代はネット社会です、出金停止中に様々な悪い情報が飛び交い、出金停止を超えたサイト閉鎖(破綻)へと意識が向かいます。

こうなると、いくら一時的な出金停止であっても、運用資金が激減し今後の業務を遂行することは不可能となります。

ですが、BitMonsterは出金できますね!

BitMonster(ビットモンスター)は、21日~出金申請が始まっています。

30日には、Depositペナルティ有 →ペナルティ無に移動(自動)が開始します。

※この時点(ペナルティ無に移動(自動)後)で、BitMonster(ビットモンスター)で得られた全ての利益を受けとることができます。

31日には、 6月23日から滞っていた出金申請分 (出金申請が完了している分)から順次出金されます。

あなたはこんな風に考えていませんか?⇒「言ってるだけで出金なんかできるもんか?」と。

確かに、これはBitteler社からのタイムスケジュールですので、実際に着金しない事には始まりません。

仮に、全て出金出来たら?参加者100%が利益を得る

Bitteler社が言う通り、BitMonster(ビットモンスター)に預けた資金が全て出金出来たら、凄いことだと思いませんか?

ご存知の通り、7月8日にBitMonster(ビットモンスター)解散(出金停止)しましたが、以下の通り、その後1週間にわたり配当がされています。

と言う事は「最終(解散間際)で登録・入金された方でも、利益を得っている」と言う事になります。

例えば、7月8日に最低の0.1BTCで運用を開始された方は、0.001BTC(日利息1%の配当)X7日間0.007BTCとなりますね。

出金に2%の手数料が必要ですので、0.1BTC+0.007BTC-0.002BTC=0.105BTCとなります。

このように、一番悪いタイミングで参加された方でも「5%の配当を受け取ることができます」と言う事です。

となると「BitMonster(ビットモンスター)運用された方全員が儲かった」と言う事になりますね。

※当然「全てBitteler社が言う通りに出金されたら」と言う事になりますが。

こんなに凄いならそのまま運営してほしかった

今回、BitMonster(ビットモンスター)は、RushRushRush(トリプルラッシュ)に生まれ変わります(Bitteler社とは全く関係の無い会社です)。

ですが、

・日利息が1.0%~0.7%へと激減

・アカウントアクティブは0.1BTC~0.3BTC

・出金申請日は、月初めの月・火・水の3日のみ

など、かなりBitMonster(ビットモンスター)の時よりハードルが高くなり、配当も抑えられてしまいます。

となると、出来るなら「BitMonster(ビットモンスター)のまま運営してほしかった」と思いますよね。

これらすべては、最初にお伝えした解散の理由から来るものです。

「自分が良ければ(元本をできるだけ早く回収したい・新規登録者をできるだけ配当が得れるハイチにしたい)良い」と言う考えの方が多く存在したことが、我々投資家全ての責任とされたわけです。

しかし、終わった事に一喜一憂しても始まりません、運用者すべてに利益を与えた
BitMonster(ビットモンスター)の生まれ変わり、RushRushRush(トリプルラッシュ)は、条件がきつくなった分、BitMonster(ビットモンスター)より運営側に余裕ができます。

後は、我々投資家がBitMonster(ビットモンスター)の時と同じ過ちを犯さないよう、新規登録者様を厳重に管理することが重要です。

ですのでBTCdreamでは、サイトから直接登録することができないようにしています。

LINE「RushRushRushグループ」に入って頂き、最悪の事態でも動じないメンバーのみで運用していきます。

日利息0.7%って侮れませんよ。

次回は、この配当についてのシミュレーションを行います⇒こちらから