【最新情報】
友だち追加

Ripple(ビットコイン)購入をおススメする理由|たった10万円が莫大な資産に

ビットコインが日本でも認知され始め、2016年末には40,000店舗以上がビットコインでの支払いが可能になりました。

★ 目次 ★
1. ビットコインが世界で認知-日本でも
2. ビットコインで、億万長者続出
3. 新しいビットコインが、詐欺となる理由は?
4. 以下の銀行が、Ripple(リップル)を利用開始
5. Ripple(リップル)所有をススメる理由
6. 全く新しいシステムが始まることで起こる現象
7. Ripple(リップル)を購入できる取り取引所紹介


ビットコインが世界で認知-日本でも

日本でも、NTT・楽天・リクルートなど、名だたる企業がビットコイン導入を行っています。

さらに、2017年には26万店舗がビットコインでの支払いが可能となることが発表されています。

3月7日には、ビッグカメラが「ビットコインで支払い」が出来るサービスを始め、いよいよ大手産業の参入となりましたね。

NEWS24より⇒NEWS動画はこちらから

※ビットコインは世界で約2,000万人が利用し取引の8割が中国人ということで、ビックカメラは海外の観光客を取り込む狙い。

当サイトが、今回の記事を作成した理由は、ビットコインを所有することをおススメする為です。

最初に言っておきますが、ビットコインとは、以下の画像に示されたコイン他多数全てをビットコインと言います。

その中でも、今回の記事では「大御所ビットコイン」とされる画像の一番左のコインが「ビットコイン」と呼ばれるコインです。

しかし、仮想通貨(暗号通貨)は、昨今詐欺が横行しており、誰もが危ないとお考えでしょう(これらの記事は後日記載させて頂きます)。

ですが、今回お伝えするビットコインの情報は、たった1万円~できる資産構築ですので、身構える必要はありません。

ビットコインと言われると「実際どんなものなのか?」と思われるかもしれませんが。

簡単に言うと、ほとんどの方が現在利用しているのです。

ビットコインを購入すると言っても、実際にコインを買うわけではなく「利用できる数字を買う」と言った方が良いかもしれません。

例えば:suicaやnanacoにチャージする。

suicananacoにチャージした数字(お金)、これのことを「ビットコイン」と言うのです。

ですので、ほとんどの方が利用していると言う事になりますね。

ここで、suicananacoにチャージした数字(お金)が公共料金の支払いや、送金・お買い物の支払い(実際にできる店舗もある)ができたらどうですか

便利(手数料がほとんどかからない)ですし、わざわざ銀行に行ったりする必要さえなくなります。

この様々な支払を「ビットコインを所有することで、全てできるようにしましょう」と言う取り組みがビットコインが注目される理由なのです。

ビットコインで、億万長者続出

で、2009年に発行が始まった「大御所のビットコイン」と言う名のビットコイン(ビッグカメラで利用できるのがこれ)は2012年に初めて0.1円と言う値段を付けました。

そのビットコインが、今年2017年年頭に150,000円と言う値を付け、150万倍になり億万長者を続出させたのです。

この億万長者を続出させたことを利用し、あたかも「新しいビットコインも同じ高騰が期待できる」と言い、ビットコイン:仮想通貨(暗号通貨)詐欺が横行しているのです。

で、その「大御所のビットコイン」なのですが、これからの高騰を狙うと思われるかもしれませんが、それも1つの投資として考えられると思います。

しかし、詐欺を行う新しいビットコインではなく、既存のビットコインの中に、ビットコイン長者の再来を期待できるビットコインがあるのです。

それが、今回案内する「Ripple(リップル)」と言うビットコイン:仮想通貨(暗号通貨)なのです。

では「何故今更Ripple(リップル)なのか?」と言う事ですよね。

新しいビットコインが、詐欺となる理由は?

まず、まだ認知度の無い「新しいビットコインを利用する人・機関が無い」と言う事が挙げられます。

国家プロジェクトなどをうたい詐欺を働くのですが、そもそも国家プロジェクトなら国が大々的に発表をするはずですし「プレオープンなどと言う期間を持つ必要はない」と思いませんか?

既に存在するビットコインなら、システムも分かりますし、実際に動かしてみることもできます。

今回の「Ripple(リップル)」の場合、ブリッジ通貨と呼ばれ、送金を容易にするために作られた通貨でありました。

例えば:日本円をアメリカに送金する場合、日本円をドルに交換する必要がありますね。

※ここで、相当の手数料Ýが発生します。

Ripple(リップル)」を使うと、日本円を「Ripple(リップル)」に交換、受け取った側がドルに交換すると言う仕組みです。

※交換手数料はバカ安でできます。

ところが、ビットコインはこの交換作業をビットコイン「大御所ビットコイン」のみで行うようシステム化されているのです。

となると、銀行が一切必要ありません。

手数料が安くなる・資産を隠すことが可能(匿名性が高いため)、ビットコインへの注目が集まった」と言うのがこれまでの流れでした。

※送金は自己責任となる為、送金ミスに十分注意する必要がある。

ここで、黙っていられないのが、銀行・国家です。

ビットコインに「手数料を持って行かれるわけにはいかない」と動き出したのです。

そもそも「Ripple(リップル)」はブリッジ通貨と言いましたよね。

ブリッジ通貨は、日本円を「Ripple(リップル)」に「Ripple(リップル)」をドルに交換するわけで、いわば橋渡しするだけの効果なので、高騰はしないとされていました。

ところが「Ripple(リップル)」と「大御所ビットコイン」には、大きな違いが1つあるのです。

大御所ビットコイン」は、ビットコインが全て発行されておらず(採掘)2030年まで発行され続けます。

※採掘のスピードにより多少の前後はあります。

しかし「Ripple(リップル)」はすでに全数量発行されており、これ以上発行されることはありません。

となると、銀行で利用される数が増えると「Ripple(リップル)」の数量が足りなくなると思いませんか?

そうなんです、例えば:現在1円(2017年3月までは1円以下で推移していた)としますね。

これが、1,000億円の需要でリミットだとします。

ところが利用する銀行が増え、この数が増えたらどうしますか?

10倍(1兆円)の重要ができたら、1円だった「Ripple(リップル)」の単価を10円にする以外ありません。

この現象が4月に入り起こったのが「Ripple(リップル)」が注目されるようになった理由です。

ところが、実際にはまだ「Ripple(リップル)」が利用されているわけではないのです。

まだ始まっていない」と言う事でここまで高騰したことに意義があるのです。

なぜなら「Ripple(リップル)」が想定していた銀行数をはるかに上回ってしまったことが要因なのです。

以下の銀行が、Ripple(リップル)を利用開始

以下の銀行が「Ripple(リップル)」を利用開始すると発表された銀行です。

海外メガバンク6行


バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ
カナダロイヤル銀行
サンタンデール銀行
スタンダードチャータード銀行
ウニクレーディト・イタリアーノ
ウエストパック銀行

国内メガバンク42行


青森銀行
足利銀行
阿波銀行
イオン銀行
池田泉州銀行
伊予銀行
オリックス銀行
群馬銀行
京葉銀行
山陰合同銀行
四国銀行
七十七銀行
清水銀行
十六銀行
信金中央金庫
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
第四銀行
大和ネクスト銀行
千葉銀行
中国銀行
筑波銀行
東邦銀行
栃木銀行
西日本シティ銀行
野村信託銀行
八十二銀行
広島銀行
北洋銀行
北陸銀行
みずほフィナンシャルグループ
みちのく銀行
三井住友信託銀行
武蔵野銀行
八千代銀行
山形銀行
横浜銀行
りそな銀行
琉球銀行

未公開1行

これらは、まだまだ増えていきます。

それよりなにより「Ripple(リップル)」の利用はまだ始まっていません。

Ripple(リップル)所有をススメる理由

今回のおススメするのは「利用が始まる前に所有しておきませんか?」と言うお話です。

今回この記事を作成したのは、BTCdreamの個人的にやり取りがある利用者様108名・管理者個人の友人14名に2月より「Ripple(リップル)」を所有することをおススメしており、その全てが少なくとも10,000円以上の「Ripple(リップル)」を所有し、すでに10倍となる現実があったからなのです。

その方たちは、もしこのRipple(リップル)が1,000円となったなら「たった10,000円が1,000万円となってしまう」と言う事ですよね。

※実際に初期投資100万円された方は、僅か1ヶ月で1,000万円となり500万円は出金されたそうです(まだ500万円残っています)。

当サイトの訪問者の方にも、この恩恵をお分けできればと思い作成したわけです。

ですが「間違いなく高騰する」と言う保証などありません。

もし「面白そうと」とお思いなら、是非10,000円だけでも投資してみることをおススメします。

ですが、高騰までの期間はある程度必要と思いますので、余裕資金で購入することをおススメします。

全く新しいシステムが始まることで起こる現象

過去にヤフージャパンの株価が588倍になった⇒こちらで確認できます。

このようなことは、全く新しいことが起きない限りあり得ません。

今回のビットコインNEWSは、画期的な金融業界を揺るがす、全く新しい出来事になります。

あなたが、この話に乗らなくても確実にビットコインの需要は伸びていきます。

これまで、お読み頂いてお気付きかも知れませんが、あなたが「Ripple(リップル)」を購入することで、BTCdreamに何の利益もありません。

この記事は、せっかく足を運んでくれたあなたに対するプレゼントのつもりで作成しております。

是非、少額(低所得者)でも始められるビットコイン投資をお楽しみください。

Ripple(リップル)を購入できる取り取引所紹介

Coincheck

Coincheck:約2分で開設(日本で一番簡単にビットコインを買える取引所)

登録は無料!Coincheckの公式サイトからどうぞ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin